医療・医薬・福祉

GEヘルスケアファーマ、環状型MRI用造影剤のガドテル酸メグルミン静注38%シリンジ10mL/11mL/13mL/15mL/20mL「GE」を新発売

GEヘルスケア・ジャパン株式会社
GEヘルスケアファーマ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若林 正基、以下 GEヘルスケアファーマ)は、環状型MRI用造影剤 『ガドテル酸メグルミン静注38%シリンジ10mL/11mL/13mL/15mL/20mL「GE」(一般名:ガドテル酸メグルミン)』 について、販売を開始したことをお知らせいたします。




ガドテル酸メグルミン静注38%シリンジ10mL/11mL/13mL/15mL/20mL「GE」は、キレート安定性が高いマクロ環構造を有する環状型MRI用造影剤の後発医薬品であり、2017年2月にノルウェーで承認されて以来、欧州をはじめとして55か国以上(2019年12月現在)で承認を取得しております。

規格は「10mL」、「11mL」、「13mL」、「15mL」、「20mL」の5規格をラインアップし、患者体重に合わせた製剤選択が可能です。また耐衝撃性・視認性に優れたプラスチック製シリンジと、環境に配慮したエコパッケージを採用しております。

本剤により、医療機関への新たな選択肢の提供と、患者様の経済的な負担軽減に貢献してまいります。

【製品概要】




GEヘルスケアファーマ株式会社について
GEヘルスケアファーマは、「プレシジョン・ヘルス」の実現に向けた診断技術のリーディングイノベーターというGEヘルスケアのグローバル戦略に基づき、造影剤を通してより質の高い正確な診断技術を日本国内の患者様にお届けするため、活動を開始いたしました。当社は、第一三共株式会社からの事業移管にあたり、両社による緊密な連携のもと、造影剤領域担当者による医薬情報担当者のチームを発足いたしました。国内におけるオムニパーク(R)販売開始以来、第一三共株式会社により培われてきたノウハウを承継し、画像診断領域に貢献してまいります。
詳細はホームページ www.gehealthcare.co.jp/products/pharma をご覧ください。

GEヘルスケア・ジャパン株式会社について
GEヘルスケア・ジャパン株式会社は、GEヘルスケアの中核拠点の1つとして1982年に創設されました。予防から診断、治療、経過観察・予後管理までをカバーする「プレシジョン・ヘルス」の実現を目指し、インテリジェント機器やデータ分析、ソフトウェア、サービス等を提供しています。国内に研究・開発、製造から販売、サービス部門までを持ち、日本のお客様のニーズにお応えしつつ、日本が直面する医療課題の解決に取り組んでいます。日本における社員数は約2,000名、本社および約60カ所の事業拠点があります。
詳細はホームページ www.gehealthcare.co.jp をご覧ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)