ビジネス・コンサルティング 医療・医薬・福祉

フォースタートアップス、東北大学発の医療スタートアップ「Blue Practice」起業支援

フォースタートアップス株式会社
産学連携型起業支援としては当社初。高い研究開発レベルを活かしてグローバル事業展開を目指す。

成長産業支援事業を推進するフォースタートアップス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:志水雄一郎 以下、フォースタートアップス)は、Blue Practice株式会社(東京都港区、代表取締役社長: 鈴木 宏治 以下、Blue Practice)の起業を支援いたしました。



当社の起業支援サービスは、当社ヒューマンキャピタリストがベンチャーキャピタルと連携して、挑戦する勇気とリーダーシップを兼ね備えた優れた人材を発掘し、ベンチャーキャピタリストとの壁打ちを通じて事業プランのブラッシュアップを経て、数億円規模の出資と共に、スタートアップ企業および起業家を創出する取り組みです。これまでに、ユアマイスター株式会社(代表取締役 星野貴之)、株式会社グラファー(代表取締役CEO 石井大地)、株式会社TERASS(代表取締役CEO 江口亮介)の3社の起業支援を実施。今回で4社目となります。

今回の起業支援の経緯
当社は、世界に通用するスタートアップ企業を創出するための取り組みとして、大学研究機関における研究技術の社会実装にむけてリサーチを進めてまいりました。その過程で、一般企業と同様に大学研究機関においても、研究技術を事業化させる経営人材の重要性に改めて気がつきました。

そこで、経営幹部層のヘッドハンティングに豊富な実績をもつ当社が、東北大学内の数ある研究の中から、特に今後の社会課題の解決に寄与すると思われる、東北大学流体科学研究所/太田研究室、ならびに東北大学大学院医工学研究科/芳賀研究室による長年の研究実績と内閣府革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)「バイオニックヒューマノイドが拓く新産業革命」の支援による研究成果を事業化させるための経営人材をリサーチしておりました。

その結果、大手外資IT企業のグローバルオペレーションや、技術とビジネスに精通している鈴木宏治氏に、Blue Practiceの代表取締役社長としてご参画いただくこととなり、2019年2月に創業されました。


Blue Practiceについて
Blue Practice社は東北大学流体科学研究所/太田研究室、ならびに東北大学大学院医工学研究科/芳賀研究室による長年の研究実績と内閣府革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)「バイオニックヒューマノイドが拓く新産業革命」の支援による研究成果に基づき、2019年2月にスタートアップ企業として設立されました。その高い研究開発レベルを活かして、今後ますますその重要性が高まる医療とヘルスケア領域における医師の技術レベルの向上と医療デバイスの品質向上に貢献すべくグローバルな事業展開を進めていきます。

Blue Practice株式会社 代表取締役社長 鈴木宏治 氏 プロフィール
1989年立命館大学大学院理工学研究科(物理)博士前期課程修了。 日本IBM、米国オラクル、アジャイルソフトウェアなど外資系IT企業を経て、2006年にF5ネットワークス・ジャパンのグローバルサービスビジネスの責任者に就任。2012年同社執行役員、2017年に副社長。その間、東京大学エグゼクティブマネージメントプログラムで医療システムを学んだことをきっかけに、医療ビジネスに興味をもち、2019年2月にBlue Practice株式会社を設立し、代表取締役社長に就任(現職)。

当社は、今後も日本の成長に重要なスタートアップエコシステム発展のために、起業家・スタートアップ企業の成長支援に取り組んでまいります。

Blue Practice株式会社 概要
社名:Blue Practice株式会社
代表者:代表取締役社長 鈴木宏冶
設立:2019年2月15日
事業内容:医療技術の向上ならびに医療機器の品質向上に貢献する、革新的な医療用生体モデルに基づく医療シミュレータの開発・製造・販売。
所在地 : 東京都港区北青山2-7-13 青山プラセオビル3階(本社)
https://bluepractice.co.jp/

フォースタートアップス株式会社 概要
社名 : フォースタートアップス株式会社
代表者 : 代表取締役社長 兼 CEO 志水 雄一郎
設立 : 2016年9月1日
事業内容:成長産業支援事業
所在地 : 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー36F
https://forstartups.com/

フォースタートアップスは、「世界で勝負できる産業、企業、サービス、人を創出し、日本の成長を支えていく」 ために、「for Startups」というビジョンのもと、インターネット/IoTセクターをはじめ、ディープテック等リアルビジネス領域も含めた起業支援と転職支援を中核とした成長産業支援事業を推進。国内有力ベンチャーキャピタルと連携したスタートアップ・ベンチャー企業への戦略的資金支援や、成長産業領域に特化した情報プラットフォーム「STARTUP DB(スタートアップデータベース)」の運用、及び、大企業とのビジネス共創モデルによる産業エコシステム強化にも取り組む。今後もビジョンとともに、日本の成長・発展に貢献してまいります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)