出版・アート・カルチャー 医療・医薬・福祉

動かない生活はこんなに怖い!筋力低下と血流リスクに備える、医師考案「1分免疫エクササイズ」とは?

株式会社世界文化ホールディングス
2020年9月17日(木)書籍『医師が教える!1分免疫エクササイズ』発売

株式会社世界文化社は、整形外科専門医が考えた最強のスクワット術をまとめた『医師が教える!1分免疫エクササイズ』(https://www.amazon.co.jp/dp/4418204172/)を9月17日(木)に発売します。



外出自粛、巣ごもり生活、在宅勤務などで座りっぱなしの生活が多くなっていませんか?運動不足の“新しい生活様式”は気をつけないと、免疫力ダウンに直結する危ない習慣なのです。実は、免疫力を支えているのは筋力と血流。体を使わない生活は筋力をどんどん劣化させ、血液の流れが悪くなりさまざまなデメリットをもたらします。手術なしで多くの整形外科疾患を改善させている、専門医が考案した本当に効く「1分免疫エクササイズ」を、解説する1冊です。



免疫力を高めるためには3つのパーツ「背中」「太もも」「足裏」を鍛えることが大切!



「背中」「太もも」「足裏」の筋肉は、いずれも加齢や運動不足で衰えやすく、とくに背中と太ももの筋肉量が少ないほど死亡率が高いというデータがあります。また、体重を受け止めている足裏の筋肉は、普段忘れられがちですが、衰えると転倒のリスクが高まり、やはりQOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)を著しく下げてしまいます。「1分免疫エクササイズ」は、1つのエクササイズで3方向・4つの大きな筋肉(大腿四頭筋・ハムストリングス・広背筋・脊柱起立筋)と足底筋をバランスよく鍛えることができます。



“おトク〞に健康効果&若返り効果「1分免疫エクササイズ」



「1分免疫エクササイズ」は4つの簡単な動きで構成されています。たった1分だからラクラク続けることができます。また、骨や関節にもアプローチし、加齢による慢性痛を予防・改善し、骨粗しょう症のリスクを低減できるように工夫しています。大腿四頭筋、ハムストリングス、大臀筋、広背筋、脊柱起立筋など全身の大きな筋肉をたった1種目でコンプリート! 一般的なスクワットをなんとなく続けるよりも、何倍も“おトク〞に健康効果&若返り効果が得られます。

【1分免疫エクササイズはいいことがいっぱい!】


呼吸が深くなる
全身の血流がよくなる
免疫力がアップする
代謝が上がる
疲れにくい体になる
背筋が伸びる
体形がすっきりする
外見が若々しくなる


本書ではその他、下半身に効くエクササイズ、腰痛しらずのエクササイズ、肩こり・首の痛みに効くエクササイズ他も紹介しています。

<Contents>
Part1 運動習慣を身につけて一生健康!
Part2 全身に効く!1分免疫エクササイズ
Part3 どんどん歩ける!弱った下半身に効く3つのエクササイズ
Part4 腰痛知らずに!体幹に効く3つのエクササイズ
Part5 肩こり・首の痛みを撃退!筋肉をほぐしゆるめる3つのエクササイズ
Part6 免疫力を高めて病気に強くなる!7つの習慣


著者プロフィール 陣 彦善(じん ひこよし)
福岡大学医学部卒業。1995年、東京女子医科大学病院整形外科入局。約10年間在籍後、漢方、鍼、サプリメント、アンチエイジング、ホメオパシー、ハーブなど、先端医療から伝統医療まで、国内外のさまざまな施設研修を行う。2008年、東京女子医科大学附属青山病院自然医療科非常勤講師として勤務。2010年、東京・南麻布に有栖川整形外科を開設。腰痛、肩こり、膝痛などの整形外科疾患における保存的療法と予防医学の研究・実践に取り組むスポーツマン医師。統合医療をコンセプトに、先端医療だけでなく伝統医療も取り入れたきめ細かい診療に定評があり、多くの著名人や文化人からの信頼も厚い。https://www.arisugawaseikeigeka.com/



<刊行概要>
『医師が教える!1分免疫エクササイズ』
著者:陣 彦善(有栖川整形外科院長)
■発売:2020年9月17日
■定価:1,300円+税
■発行:株式会社世界文化社
https://www.amazon.co.jp/dp/4418204172/
※一部書店により発売日が異なります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)