医療・医薬・福祉 教育・資格・人材

生活習慣病重症化予防支援を展開するPREVENTと名古屋大学が慢性腎臓病の重症化予防に向けた共同研究を開始

株式会社PREVENT
慢性腎臓病の発症や重症化予防に向けたエビデンスの確立を目指す

国立大学法人東海国立大学機構名古屋大学(所在地:名古屋市千種区、以下、名古屋大学)と株式会社PREVENT(所在地:名古屋市東区、代表取締役:萩原 悠太、以下、PREVENT)は慢性腎臓病の重症化予防に関わる共同研究を開始いたします。




慢性腎臓病(chronic kidney disease; 以下CKD)は、末期腎不全および心血管疾患発症に対する重要な危険因子です。現在わが国のCKDの患者数は約1,300万人と推計されており、また 透析患者においては34万人まで増加しています。この透析患者の増加は本人の生活負担のみでなく、医療経済的にも大きな問題であり、 高額な医療費適正化を目指したCKDの重症化予防はわが国の喫緊の課題です。 その一方で、CKDの発症や重症化に関わる大規模データをもとにしたエビデンスは確立されていないことが現状です。




この度PREVENTでは、名古屋大学大学院医学系研究科病態内科学講座(腎臓内科学 丸山彰一 教授)、名古屋大学予防早期医療創成センター(吉田安子 特任教授)、名古屋大学医学部附属病院先端医療開発部データセンター(安藤昌彦 病院教授)らと共同研究契約を締結しました。 この共同研究では、PREVENTの有する診療明細・健診データ並びにPREVENT独自の取り組みである重症化予防支援事業で蓄積された情報をもとに、CKD重症化の予測や予防の効果判定にむけた仕組みづくりを目指します。

本研究成果によって、CKD既往者に対しては、重症化リスクに応じた保健指導を実施できるようになり、また、CKD重症化リスクに対する予防効果の客観的で効率的な判定を行うことを目指します。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)