美容・健康

これを食べれば間違いない!高タンパク・低脂質・低糖質の激ウマ冷凍弁当「びるめし」がBoot homeの提携パートナーに参画

株式会社Boot home
Boot homeの会員になると、食事サポートとして「びるめし」のお得なクーポンコードが貰えます

1コマ25分ライブレッスン・フィットネス動画見放題・食事サポートの3つのプログラムを一気通貫して提供するオンラインフィットネスクラブ「Boot home」( https://www.boot-home.com/ )の運営会社、株式会社Boot home(本社:東京都渋谷区、代表取締役:宮地 俊充)は、食事サポートの提携パートナーに高タンパク・低脂質・低糖質冷凍弁当『びるめし』が参画したことを発表します。


■パーソナルトレーニングという革命
2010年代前半から日本で始まったパーソナルトレーニングが革命的だったところは、「運動」だけではなく「食事指導」もサービスとして提供したことだと考えています。

フィットネスを始める多くのきっかけは「ダイエット」ですが、痩せるためには運動が3割・食事が7割重要、と言われており、運動だけで痩せるのはかなり難しいです。そこで、タンパク質・脂質・炭水化物の三大栄養素のうち、炭水化物(糖質)を思い切ってカットすることで「痩せる」という結果を短期間で出す手法が流行ったこともありました。

現在は、糖質だけをカットするというより、タンパク質・脂質・炭水化物のバランスをどうとるか、という指導が主流となっています。

■食事指導の限界
パーソナルジムに通うと、3食の写真をLINEで送ればタンパク質・脂質・炭水化物それぞれの摂取カロリーと、目安と比べてどうだったか、例えば何を食べたら良いかなどを返信してくれます。

グラムとカロリーの変換も、食材ごとの三大栄養素の含有量の計算もトレーナーがしてくれますので便利ではありますが、毎日LINEで報告するのが数週間続くとこういう気持ちになります。

「それを食べろって言われても自炊する時間がないんだけどな、、」
「毎日同じようなアドバイスになるな、、」

そうなのです。食事でやるべきことは糖質を押さえて三大栄養素をバランス良く食べるにつきますので、食事指導は同じ話になりがちです。

■"高タンパク・低脂質・低糖質"冷凍弁当というソリューション
となると、What(何をすべきか)は自明でも、How(どうやって実現すべきか)かがポイントで、そこがダイエットしたい・ボディメイクをしたい多くの会員様が悩まれる点だと思います。

そこで、Boot homeでは食事サポートの提携パートナーとして、この度高タンパク・低脂質・低糖質冷凍弁当「びるめし」に参画いただくことになりました。



自炊の難しいところは、料理の時間を取れないこともありますが、食材を買っても時間が経ってしまうと捨てることになってしまうことです。その点、冷凍弁当であれば保存が効くため、自分が食べたいときに食べることができます。

また、高タンパク・低脂質・低糖質のヘルシー弁当のため、とりあえず毎日昼か夜どちらかは「びるめし」を食べておけば間違いないという状態を作ることができます。面倒な三大栄養素の計算をする必要はありません。

また、ヘルシー弁当はたいていそれほどおいしくない、となりがちですが「びるめし」はかなり美味しいと評判です。

■今後も健康=運動×食事×睡眠を一貫して提供します
Boot homeは、健康=運動×食事×睡眠、というコンセプトのフィットネスクラブであり、プログラムを一気通貫で提供しております。

Boot homeの有料会員になると、「食事サポート」提携パートナーのクーポンコードがもらえるようになります。Boot homeのライブレッスンを受けて運動して、提携パートナーの食事を食生活に取り入れることで、健康的な毎日を送っていきましょう!

■びるめし
URL:https://birumeshi-mealdelivery.myshopify.com/
びるめしは、カラダ作りを知り尽くした、“超筋肉系管理栄養士”が、カラダを変えたい全ての人のために、0から作った唯一無二のお弁当です。高タンパク・低脂質・低糖質コントロール弁当であり、糖質はおにぎり約1個分にコントロールし、玄米を使用することでGI値を下げています。

■Boot home公式サイト
URL:https://www.boot-home.com/
※現在、リリースキャンペーンで「25分間ライブレッスン」の体験レッスンが無料で受講できます

株式会社Boot home
本社:東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス17F
設立:2020年5月1日
代表者:代表取締役 宮地俊充
サービスURL:https://www.boot-home.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)