美容・健康

いつでも私らしさを発揮できる。飲みやすく続けやすいCBDを手軽なカプセルに。「ヘンプオイルカプセル150リトリート」新発売

株式会社ヘンプフーズジャパン
9月17日よりBiople by CosmeKitchenにて販売開始

株式会社ヘンプフーズジャパンは(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:松丸誠)は、日本オリジナルブランド『HEMPS(TM)️』より、CBD(カンナビジオール)入りのカプセル「ヘンプオイルカプセル150 リトリート」を、2020年9月17日よりBiople by CosmeKitchen(ビープルバイコスメキッチン)にて先行販売を開始します。




CBD(カンナビジオール)と必須脂肪酸が含まれるヘンプシードオイルを配合したカプセルです。
カプセルで摂取することで、CBDが体内へ届きやすくなります。そして、ヴィーガンの方へも配慮し、タピオカ由来のプルラン製カプセルを採用しました。
多忙な日々を送る現代人をサポートするアイテムです。


“おなかケア“が大切な時代へ


2020年は変化の多い年。また、現代社会はおなかへのストレスも増えていると言われています。昨年だけでも、男性の約4割、女性の約5割が何らかの悩みやストレスを抱えており、特に30~50歳代でその割合が高くなっていました(※1)。おなか=腸は第2の脳とも言われており、おなか周りを元気にする行いを習慣付けることが正しく機能させることにつながっていきます。

(※1)出典:2019年度国民生活基礎調査



CBDは、ポリフェノールやテルペノイドなど数あるファイトケミカル(植物栄養素)のなかで、もっとも注目されている「カンナビノイド」の一種です。そのCBDを、必須脂肪酸であるオメガ3やオメガ6などが含まれるヘンプシードオイルと組み合わせてカプセルに閉じ込めました。ヘンプの恵みを効率よく摂取することができ、おなか周りの働きや、体内の調整機能の向上をサポート。
※1粒あたり10mgのCBD含有


【商品情報】 
ヘンプオイルカプセル150 リトリート
原材料: 食用麻の実油、麻の実油、ブルラン  
内容量: 3.75g(250mg×15粒)   
価格:  2100円(税抜)


HEMPS™️【快適をつくるHEMP CBDシリーズ】

優れた栄養価から“飲むマインドフルネス”と、注目されているCBDオイル。現代人は、心身のバランスが揺らぎやすい毎日だからこそ、CBDオイルを日常に取り入れましょう。


CBDのロールオンタイプは、特定の天然香気成分(テルペン)を植物から抽出し、CBDオイルとブレンドしました。静(Calm)と動(Uplift)をイメージした香りのアロマオイルなので、スキンケアとマインドチェンジの両方を叶えてくれます。ポケットやバッグにすっぽり入るサイズ感で、持ち運びに便利です。

左から:ヘンプオイルカプセル150 リトリート

グリーン:HEMPS CBD RESCUE ROLL ON カーム ¥2,100
休息シーンをイメージした香り。香気成分としてβ-カリオフィレン、フムレン、ネロリドール配合。

オレンジ:HEMPS CBD RESCUE ROLL ON アップリフト ¥2,100
活動のスイッチをイメージした香り。香気成分としてミルセン、リナロール、シトロネロール配合。


■新発売する製品のお取り扱い店舗
Biople by CosmeKitchen https://store.biople.jp/Page/ShopList.aspx
HEMPS™オンラインストア
※各店舗の最新情報については、各商業施設のホームページ、または公式サイトをご確認ください。

■HEMPSについて


HEMPSは、ヘンプのモダンな魅力を日本のライフスタイルに提案していくブランドです。サスティナブル&ウェルネスな視点が求められる現代において、栽培がたやすく、衣食住すべてのジャンルで活用できるヘンプには、非常に大きな可能性が眠っています。気軽に取り入れることのできる、スマートなヘンプ製品をオリジナルで展開し、多忙な現代人のQOLを向上することを目指します。

・HEMPS公式サイト https://hemps.jp
・HEMPS公式インスタグラム https://www.instagram.com/hemps_from_japan/
・ヘンプフーズジャパン公式サイト https://shop.hempfoods.jp/
・ヘンプフーズジャパン公式インスタグラム https://www.instagram.com/hemp_foods_japan/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)