美容・健康 ネットサービス・アプリ

コロナ下における健康状態調査を発表 一定のストレスが溜まるも約7割が「変化なし」 新しい生活様式に適用のサインか

株式会社サーティフィット
オンラインフィットネス「30.f」サーティフィットが調査結果を発表

 オンラインフィットネスを提供する株式会社サーティフィット(本社:東京都品川区、代表取締役:廣瀬諭司)は2020年8月、深刻化する新型コロナウイルス問題を受け新しい生活様式浸透の一助となることを目指し「新しい生活様式下における健康状態調査」を行いました。


オンラインフィットネス 30.f(サーティフィット)
 調査は全国に住む20歳から60歳の男女200名を対象を対象として行いました。その結果、「新しい生活様式下(緊急事態宣言の解除後)において身体や体調に変化はありましたか?」という問いに対し、「はい」と答えた人が26.5%、「いいえ」と答えた人が73.5%という結果となりました。一方で「新しい生活様式下において以前よりもストレスが溜まったと感じますか?」という質問に対して、半数以上の52.5%の人が「はい」と答えました。(詳細は以下をご参照ください)

主な調査トピックス


新しい生活様式下において身体や体調に変化なし「73.5%」
体調の変化トップは「疲労感や倦怠感」(58.5%)、2位は「目の疲れ」(47.2%)、3位は「体重の増加」(43.5%)
以前と比較しストレスを感じている人は約5割超え
運動時間が「減った」人は28%、「変化なし」が63%
食生活の変化は「不規則または不摂生になった」が19.5%、「変化なし」が65%

Q1

コロナ下における健康状態調査
Q2


Q3


Q4


Q5




調査概要

調査内容:新しい生活様式下における健康状態調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年08月27日(木) ~ 2020年08月27日(木)
調査対象:[居住地]全国、[年齢]20歳以上 60歳以下、[性別]男女
サンプル:200名

オンラインフィットネス 30.f (サーティフィット)

30.f はスマホまたはPCなどのビデオ通話機能を活用し、スマホやPC越しにトレーナーの指導を受けられるオンラインフィットネスサービスです。1名のトレーナーに対し最大で5名のユーザーが同時に参加でき、トレーナーやユーザー同士で会話を楽しみながらオンラインフィットネスを行えます。ヨガマット1枚程のスペースがあればどこでも受けることができ、1回のトレーニングは30分、ジムに行く時間の無いビジネスマン、ビジネスウーマン、家事や育児で忙しい主婦など様々なニーズに応えています。会員登録やトレーニングの予約はLINEで行うことができ、誰でも簡単に利用できます。
※ビデオ接続の際は別途専用アプリをダウンロードいただきます。
(https://30-f.tokyo)

株式会社サーティフィット

「世界的なウェルネス環境の発展、並びにウェルネス文化形成に貢献する」というミッションのもとオンラインフィットネス「30.f」を運営。スマホまたはPCなどのビデオ通話機能を活用し、デバイス越しに指導を受けられるフィットネスサービスで、日本全国どこにいても本格的なフィットネスが体験できる環境を提供。2020年2月にサービスを開始し、現在ではフィットネスに関するD2Cビジネスなど様々な事業を展開予定。
https://30-f.tokyo
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)