医療・医薬・福祉

年間5万人が来院する「薬に頼らないうつ病治療」の『新宿ストレスクリニック』が品川駅前へ本院移転

医療法人社団翔友会 新宿ストレスクリニック品川本院
~移転に伴い、名称を『新宿ストレスクリニック 品川本院』に変更~

医療法人社団翔友会新宿ストレスクリニック(旧:新宿メンタルクリニック)では、これまで新宿にあった本院を2020年9月18日(金)より品川に本院移転致します。



URL:https://www.shinjuku-stress.com/

新宿ストレスクリニックは、開院以来7年間薬に頼らないうつ病治療を行い、現在では年間5万人が来院する(2019年実績52,101人)までになりました。このたび全国のお客様のご来院の利便性を考慮し、拠点を新宿からアクセスの良い港区の品川に移すことになりましたのでお知らせ致します。


『新宿ストレスクリニック 品川本院』クリニック

新型コロナウイルス感染の恐怖や、外出制限などの変化した日常、将来への不安から、「コロナうつ」と言われるうつ病の兆候を示す人が増えています。
また、テレワークうつや職場うつ、女性うつ、HSPが原因のうつ等、生活でストレスが溜まり続けてうつ病を発症する方が年々増え続けております。

当院では、薬に頼らないうつ病治療を実施、副作用がほとんどない治療を行えることから全国で患者様を増やしております。患者様になるべくストレスをかけずに通院していただくことを目的として、新幹線でのアクセスが良い港区の品川駅に拠点を移すこととなりました。



新宿ストレスクリニック 品川本院 クリニック情報





新名称:新宿ストレスクリニック 品川本院
新住所:東京都港区港南2-6-3 シントミビル5F
電話番号:0120-772-248 (※変更はありません )
診療時間:10時~20時 年中無休
URL:https://www.shinjuku-stress.com/
アクセス:JR品川駅港南口より徒歩約3分・京浜急行品川駅高輪口より徒歩約5分
GoogleMAP:http://ur2.link/EeHW
移転日:2020年9月18日

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中で、在宅勤務や自宅待機によって働き方が変わり、本人も知らず知らずのうちに、心や体の不調があらわれます。眠れない、重い疲労感や倦怠感が抜けない等、症状が出始めてもストレスが溜まってるだけ、と放置をして発症してしまっているケースがあります。

うつ病は、うつ病になる前に治療をすることで、短期間での改善が可能になります。新宿ストレスクリニックの公式サイトではご自身の症状を自己診断(セルフチェック)することが可能です。



うつ病セルフチェックはこちら▼
https://www.shinjuku-stress.com/melancholy_check/

無料初診予約はこちら▼
https://www.shinjuku-stress.com/reservation/

当院は心療内科・精神科のなかでもストレスやうつ病に特化した専門クリニックとして、医師、臨床心理士、専門スタッフがお一人おひとりに合わせてきめ細かい対応をしております。
症例実績も多く経験豊富な医師や専門スタッフが対応致しますので、安心してご相談ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)