企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

福井大学と共同で疑似天窓とプロジェクターによる空間演出効果に関する実証実験を実施

パナソニック

「天窓照明」「スペースプレーヤー」「スピーカー付ダウンライト」で演出された病院の待合室(サメ)


パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社(以下、パナソニック)は、国立大学法人福井大学と共同で、「天窓照明」とスポットライト型プロジェクター「スペースプレーヤー」などを導入した福井大学医学部附属病院(福井県永平寺町)の待合室にて実証実験を実施。閉鎖空間での疑似天窓とプロジェクターによる空間演出によって、空間の印象や来院者の気分を改善する環境が作られることを確認(※1)しました。

大規模なビルの中心部や地下では、外界と繋がる開口部を設けることが難しい課題があります。このような無窓空間の問題点として、開放感がなく親しみにくいといった印象面のほかに、作業効率が悪いことや疲労が回復しづらいことがあげられます。そのため、従来より無窓空間における悪影響への改善策が求められています。

今回の実証実験は、疑似天窓とプロジェクターの両方が設置された外光が入らない空間での実験で、福井大学 工学部 建築・都市環境工学科 明石行生研究室、医学部附属病院、および高エネルギー医学研究センターと共同で実施しました。2019年10月から2020年1月の期間に、福井大学医学部附属病院の外来受付Bの待合室で、通院者や来院者延べ379名を対象に実施しました。

実証実験を行った待合室では、「天窓照明」2台で天井を、スポットライト型プロジェクター「スペースプレーヤー」1台で床面を演出し、「スピーカー付ダウンライト」1台でシーンに応じた音を再現しました。実験では、(1)青空(2)青空と木洩れ日(3)水面(4)サメが泳ぐシーンなど4種類のパターンを準備。木漏れ日に小鳥のさえずりを組み合わせたり、水面に波の音を組み合わせたり、サメが泳ぐのを下から眺める様子と波の音を組み合わせるなどして、自然や癒しを感じられる空間を演出しました。

これらの実験の結果、演出のない従来環境下(装置オフ)に比べて、演出のある環境(装置オン)では、空間の印象や来院者の気分を改善させる環境であることを確認しました。空間印象評価に関しては、「サメと波の音」のシーンでは「気分を紛らわせられる」、「水面と波の音」のシーン、および、「青空木洩れ日と小鳥のさえずり」のシーンでは「自然を感じる」、「屋外とつながっている」などで向上しました。気分評価としては、「水面と波の音のシーン」および「青空木洩れ日と小鳥のさえずり」のシーンにおいて、「活気-活力」、「友好」などの気分が改善される環境であることを確認しました。またアンケート調査時に、多くの方が導入されたものが好印象であるとの回答を得ました。

このことから、病院の閉鎖的な空間で疑似天窓装置などを利用することにより、空間の印象と来院者の気分を改善しうる環境を提供できる可能性があることがわかりました。なお、本内容については、2020年9月15日にオンラインで開催された2020年度(第53回)照明学会全国大会にて共同で発表しました。

パナソニックは、今後、病院の待合室などの待ち時間が多い場所に対して、「天窓照明」や「スペースプレーヤー」および「スピーカー付ダウンライト」による空間演出の提案をさらに強化していきます。

※1:2019年10月から2020年1月に実施した実証実験結果による。詳細は後述

【お問い合わせ先】
パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社
ライティング事業部 R&Dセンター 光イノベーション創生部
電話:06-6908-1131(代表 受付 9:00~17:30)

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] 福井大学と共同で疑似天窓とプロジェクターによる空間演出効果に関する実証実験を実施(2020年9月18日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2020/09/jn200918-3/jn200918-3.html

<関連情報>
・パナソニック スポットライト型プロジェクター「スペースプレーヤー」
https://www2.panasonic.biz/ls/lighting/shop/spaceplayer/
・パナソニック スピーカー付ダウンライト
https://sumai.panasonic.jp/lighting/home/spdownlight/
・空間へ明るさだけでなく開放感・活気・リラックス感を提供する天窓照明(動画)
https://channel.panasonic.com/jp/contents/26578/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)