流通

支援額600万円突破!コンパクトに収納できるフィットネスバイク「BIKEBOX」、応援購入サービス「Makuake」にて先行販売開始

サンクチュアリ
組立不要で幅わずか11センチの超コンパクトサイズに収納可能でありながら、マグネット式で静音設計の本格的フィットネスバイクです。

有限会社サンクチュアリ(兵庫県神戸市/以下、「当社」 )は応援購入サービス「Makuake」にて、2020年9月10日より「BIKEBOX」の先行販売を開始、僅か1時間でサクセスし開始1週間で600万円以上の支援を達成しました。先行販売は10月18日まで。 URL: https://www.makuake.com/project/bikebox/





「BIKEBOX」は、8段階に負荷が変えられる本格的なフィットネスバイクでありながら、組立不要で届いたらすぐにエクササイズできて、幅わずか11センチの超コンパクトサイズに収納できるフィットネスバイクです。




「BIKEBOX」の特徴


組み立て不要なので、届いたら箱から出して即ご使用いただけます。
※実際の商品とはロゴが異なります。



摩擦音がしないマグネット式の静音設計なので、24時間いつでもご自宅でエクササイズが可能です。


本体上部のレバーで負荷を8段階に切り替えられるので、お好みのレベルでのエクササイズが可能です。


電源不要でコンセントに挿すプラグ等が無いので、家中どこでもご使用いただけます。


本体底面にはキャスターが付属しており、女性の方でも一人で簡単に運ぶことができます。



カラーバリエーション



カラーはホワイトとブラックの2色をご用意いたしました。




商品スペック



商品名:BIKEBOX
サイズ:(収納時)650(L) × 110(D) × 580(H) mm
    (展開時)670(L) × 570(D) × 885(H) mm
重 量:16.9kg
耐荷重:120kg
原産国:中国


プロジェクト概要

■プロジェクトページ(応援購入サービス「Makuake」):
https://www.makuake.com/project/bikebox/
■プロジェクト期間:
2020年9月10日~10月18日
■一般販売予定価格:
26,800円(税込)
■先行販売価格:
16,080円(税込)~


メーカーについて

JOYBOLD(Zhejiang Jinbang Sports Equipment co., Ltd.)は、ローラースケート、スクーターなどの製品を15年に渡って開発、製造している中国有数のメーカーです。
米国有名ブランドOEM製品の製造や、ヨーロッパのスポーツ用品専門店と戦略パートナーを結ぶなど、その高い技術力は世界中から信頼されています。


プロジェクト実行者について

当社は2003年ウェブ制作会社として設立。2012年からはEC事業、輸入代理店事業を行っており、主に日本では入手が難しい海外の様々な優れた商品を輸入販売しております。今後はオンラインだけではなく、お客様に弊社取扱商品を実際に手にとっていただく機会を増やしていけるよう、実店舗や量販店への展開にも力を入れております。
■会社概要
名称:有限会社サンクチュアリ
代表取締役:山下陽介
所在地:兵庫県神戸市中央区中町通3-1-16サンビル502
設立:2003年10月
資本金:200万円
事業内容:システム開発、輸入代理店、EC事業
URL:http://www.sanct.jp


応援購入サービス「Makuake」について

「Makuake」は、「生まれるべきものが生まれ 広がるべきものが広がり 残るべきものが残る世界の実現」をビジョンに掲げる、アタラシイものや体験の応援購入サービスです。全国100社以上の金融機関との連携により日本各地の事業者が活用しているほか、国内外の流通パートナーとも連携し、プロジェクト終了後も事業が広がるよう支援しています。
URL:https://www.makuake.com/
OSアプリ:https://apps.apple.com/app/apple-store/id1274816320
Androidアプリ:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ca_crowdfunding.makuake_android <株式会社マクアケ 会社概要>
会 社 名:株式会社マクアケ
U R L:https://www.makuake.co.jp/
代 表 者:代表取締役社長 中山亮太郎
本社所在地:〒150-0002東京都渋谷区渋谷2-16-1Daiwa渋谷宮益坂ビル 10F
設 立:2013年5月1日
事業内容:「Makuake」を中心とした各種支援サービスの運営、研究開発技術を活かした製品プロデュース支援事業
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)