医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

(株)クォンタムオペレーション第三者割当増資に関するお知らせ

株式会社クオンタムオペレーション

報道関係各位
2019年02月12日
加藤 和磨

(株)クォンタムオペレーション第三者割当増資に関するお知らせ
アナログデータのデジタル変換およびノイズキャンセリングのノウハウをベースとしたヘルスケア分野におけるIoTセンサーの開発を行っている株式会社クォンタムオペレーション (本社:東京都中央区、代表取締役社長:加藤 和磨)は、4,440万円の第三者割当増資の引受を行いましたので、お知らせ致します。




(株)クォンタムオペレーションではこれまで、弊社が保有するセンサー実装のノウハウとアジアのシリコンバレーと呼ばれる中国深センの最先端のIT 部材を駆使し、人が健康な人生を歩めるための助けとなる製品開発を行ってまいりました。今後、24時間365日複数のバイタルデータが取得可能なヘルスケアセンサーの試作機開発を行ってまいりましたが、製品化の目処が立ったことを踏まえ、量産に伴う資金調達を目的として、第三者割当増資の引受を行いました。今後、本センサーの量産および医療機器認定の取得を行うとともに、独自の光センサーを活用した世界初の非侵襲型血糖値小型センサーの試作機開発にあたり、2月17日より株式会社日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディング『FUNDINNO(ファンディーノ)』にて資金調達を実施いたします。

株式投資型クラウドファンディング『FUNDINNO(ファンディーノ)』ページ
https://fundinno.com/projects/61


株式会社クォンタムオペレーションについて
会社名:株式会社クォンタムオペレーション
所在地:東京都中央区月島1丁目1-10 KTビル5階
代表者:代表取締役 加藤 和磨
設立:2017年10月設立
URL:https://quantum-op.co.jp/
事業内容: IoMT(Internet of Medical Things)センサーの開発を得意とするITベンダー。
世界的にもシリコンバレーをしのぐといわれている、中国の深センをはじめとした多数の海外企業を束ね、センサーや基盤などを製造委託したい企業へOEM供給を行っている。
「深圳サプライチェーン」をコントロールし、生産管理・品質管理を行うことにより、品質は高く、通常より安価での開発を実現。
現在、これらの製造基盤を用いて自社プロダクトとして、24時間365日バイタルデータが取得可能なセンサーを開発。今後は、血糖値なども測定可能な次世代バイタルセンサーの開発を行う

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
株式会社クオンタムオペレーション 加藤
TEL: 03-5859-0748 E-Mail:quantum-op-all@freeml.com
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会