暮らし 医療・医薬・福祉

~日本初上陸、通院不要の高精度男女産み分け~精液検査「MicroSort(R) (マイクロソート)」事業開始

株式会社ChromoS
ご夫婦が待ち望む赤ちゃんとの出会いに貢献

株式会社ChromoS及びCMS衛生検査所(所在地:東京都中央区、代表者:林竜司)は、2020年7月27日より男女の産み分けのための精液検査MicroSort(R)「マイクロソート」の申込み受付を開始しました。


弊社は、2013年に海外渡航が不要な着床前診断を日本で初めて提供して以来、4000個を超える受精卵の検査を実施するとともに男女産み分けについて実績を積んできました。しかしながら、着床前診断の費用は非常に高額なため、男女産み分けを望むご夫婦の中で一部の方にしかご利用をいただくことができず、多くのご夫婦が着床前診断をあきらめ、精度の低い他の方法に頼らざるを得ない状況でした。

そのような状況の中、精子の染色体を選別分類することで男女の産み分けをすることができる検査法であるMicroSort(R)「マイクロソート」の存在を知り、日本で提供するべく交渉を開始。全世界で数千件を超える実績があり、高精度かつ費用も抑えられるMicroSort(R)「マイクロソート」を提供する株式会社ChromoSを設立しました。ご夫婦が待ち望む赤ちゃんとの出会いに少しでも貢献することを目指しております。

※ChromoSは米国の不妊治療研究機関Genetics & IVF Instituteで開発されたMicroSort(R)「マイクロソート」の日本での提供に関し独占契約を締結しております。


◆検査概要及び費用
MicroSort(R)「マイクロソート」は、精子の段階でX精子(女性)かY精子(男性)かを判定し選別する検査です。X精子には、Y精子に比べ、DNAの総量が2.8%程度多く存在しています。その精子のDNAの量の差を検出することで、X精子かY精子かを識別し精子を分類します。

検査名:MicroSort(R)「マイクロソート」
検査開発機関:Genetics & IVF Institute(Virginia, USA)
検査実施機関:LIV Fertility Center(Nuevo Vallarta, Mexico)
産み分け精度:女児 93% 男児 82%(※検査機関の追跡調査による結果)
精子分類精度:女児 90% 男児 78%
費用:1回分キット:447,000円(税別)3回分キット:642,000円(税別)

●利用の流れ

1. 申込み
申し込みフォーム内で表示される検査概要及び同意事項をご確認の上、申し込みをお願いします。
お申込み完了後、検査費用のお支払いに関するご案内をメールにてお送りしますので現金またはクレジットカードでお支払いください。

2.事前検査
感染症検査の実施をいたします。感染症検査キットに関しては外部の検査機関(GME 医学検査研究所様)となり、直接お客様のご自宅に送付されます。届いた検査キットに同封された手順書の内容に従い必要事項をご記入の上、検体の送付をお願いします。

3.必要書類のご提出
・ 【事前検査】感染症検査の検査結果コピー
・ MicroSort(R)「マイクロソート」申込書兼同意書
・ 海外検査機関向け同意書2種類(スペイン語のみ)

4.精液のお持ち込み
MicroSort(R)「マイクロソート」用精液採取容器に採精し、2時間以内に弊社東京オフィスもしくは大阪に直接お持ち込みください。(お持ち込みは完全予約制です)

5.凍結
お持ち込みいただいた精液は凍結処理を行い、検査機関(LIV Fertility Center / Nuevo Vallarta, Mexico)に輸送します。

6.検査
検査機関のラボ内でMicroSort(R)「マイクロソート」を行い、ご希望の性別の精子を分類した後、再度凍結保存して弊社に送り届けられます。

7.解凍とセルフシリンジ法
ご希望の性別に分類された精液が弊社に到着後、お客様のご希望の日時に精液を配送します。
配送後は、検査キットに同封したセルフシリンジキットを使用してご自身で膣内に解凍した精液を注
入していただきます。

左図:精液運搬保温器 及び 滅菌精液採取容器
右図:セルフシリンジキット

●男女産み分けについて
欧米では、男女産み分けについては「ファミリー・バランシング(家族内の性別の偏りを小さくすること)」という考えが浸透しており、国や州によっても異なりますが、多くの国々で男女産み分けが実施され容認されています。日本では男女産み分けという考え方は、ごく一部の方の考えのようにとらえられる傾向もありますが、実際には日本国内においても男女産み分けについては大変強いニーズがあります。
しかし、日本国内では高額な方法や、精度の低い方法しか存在しておらず、男女産み分けを希望するご夫婦にとっては選択肢が少ない状況でした。弊社が提供するMicroSort(R)「マイクロソート」は、従来の男女産み分け方法とは異なり多くのメリットがあります。

●男女産み分けのための手法と比較
精子には、男の子となるY染色体をもつ精子と女の子となるX染色体をもつ精子が存在しています。
卵子はX染色体のみのため、男女を決定する要因は精子側に存在していることになります。
男女産み分けの方法については、この精子の段階でX精子(女性)かY精子(男性)を選別する方法や、精子と卵子が結び付き受精卵となった後にその受精卵が男女どちらかを確認する方法などがあります。
代表的な手法と弊社の提供するMicroSort(R)「マイクロソート」との違いをご紹介します。


■会社概要
会社名 :株式会社ChromoS(クロモス)
所在地 :〒104-0031 東京都中央区京橋2-12-2 NEWS X 2F
代表者 :代表取締役 林 竜司
事業内容 :精液検査事業
衛生検査所名称 :CMS衛生検査所(東京都中央区保健所登録)
衛生検査所登録番号 :2中中生医第336号
営業時間 :月・火・金 9時~17時 / 土日 9時~18時
休業日 :水曜日及び木曜日、祝日、年末年始
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)