美容・健康 流通

マナラホットクレンジングゲル販売本数15,000,000本突破を記念して、忙しい女性たちの助けとなりたい。10/15から“60秒”でキレイを叶える 『マナ楽(らく)』キャンペーン開催!

株式会社ランクアップ
~マナラ公式インスタグラムにて10月~12月の毎月15日から3ヶ月連続スタート~

オリジナルブランド「マナラ化粧品」の開発および販売を行う、株式会社ランクアップ(本社:東京都中央区銀座 代表:岩崎裕美子)は、人気製品マナラホットクレンジングゲルの販売本数1500万本を達成いたしました。(2020年6月時点)2007年の発売から10年以上もヒット製品として販売本数を伸ばしているのは、一重にご愛用頂いているお客様のおかげです。そこでこの度、仕事や育児に忙しい女性へ向けて、マナラの大人気時短アイテムを10月15日~25日、11月15日~25日、12月15日~25日の3ヶ月連続で、インスタグラムにてプレゼントキャンペーンを実施します。


【キャンペーン開催にあたって:マナラ製品が時短製品である理由】


 マナラ化粧品の社員は、約100名のうち8割が女性社員です。さらに、その半数の約40人がママ社員で、ほとんどの製品がママの悩みから生まれた製品です。ママになって必ずぶつかる壁は、「時間がない」こと。マナラ製品は、開発者が「心から欲しい」と思える製品ができるまで妥協しないため、出来上がった製品はどれも、効果実感ができるかつ、非常に使い続けやすい(=時短でラク)製品が生まれるのです。どんなに効果が高い化粧品でも、使用方法が手間なものは忙しい女性たちにとって使い続けることは難しいものです。


 マナラ化粧品は、「一生活躍し続けたい女性が、諦めなくていい社会」の実現のために、少しでも短時間で最高のキレイを実現できるよう日々開発に邁進しております。忙しい女性たちにご指示いただいている時短アイテムを、より多くの方々にお使い頂くために、インスタグラムでプレゼントキャンペーンをさせて頂きます!


【“60秒”でキレイ『マナ楽(らく)』キャンペーン詳細】



◆応募期間:10月15日~25日、11月15日~25日、12月15日~25日
◆応募資格:
▪マナラ公式インスタグラム(@manara_japan)をフォロー
▪該当の投稿にいいね&時短に関するアンケートに回答
◆プレゼント内容
▪マナラホットクレンジングゲル
▪その他人気時短製品(月ごとに変わります!!)(5000円~7000円相当)
◆プレゼント対象人数:15名
◆公式インスタ:https://www.instagram.com/manara_japan/?hl=ja


【マナラホットクレンジングゲルの特長】

マナラホットクレンジングゲル

■美容液成分90%以上配合で、メイクを落としながらしっかり潤います
■温かくなるゲルが毛穴の黒ずみを絡めとります
■微粒子化されたゲルが毛穴の奥の汚れまでスッキリと落とします。
■ダブル洗顔不要で、洗いすぎによる乾燥から肌を守ります。
※ダブル洗顔とはクレンジングでメイクを落とした後、さらに洗顔をすること
■7つの無添加で、どこまでも肌にやさしい処方です
■ブースター効果があり、化粧水の浸透をよくします
■1本で約2か月分(200g)

<時短ポイント>
・60秒でクレンジング完了!
・ダブル洗顔不要!ブースター不要!

【マナラホットクレンジングゲル 開発者の声:ランクアップ代表 岩崎裕美子】

代表 岩崎裕美子

当時、広告代理店の取締役として激務に追われていた私は、オイルクレンジングで肌が荒れてどうしようもなかったんです。どこを探しても自分が納得できる化粧品に出会えず、本当に自分が欲しいと思えるクレンジングを作ろうと、脱サラをして、毎日全国を駆け回って製造会社を探しました。そして、できたのがマナラホットクレンジングゲルです。やっとの想いで、自分が理想とするクレンジングを作り上げることができました。今では、同じ悩みを抱える多くの女性に愛され、販売本数1500万本の大ヒット製品となっていますが、これからも、多くの女性が少しでも輝かしい人生を送るための、手助けをしていきたいです。

□■株式会社ランクアップ 会社概要■□
代表取締役社長:岩崎 裕美子
設立年:2005年6月10日
資本金:1,000万円
従業員数 :100人(2020年1月)
売上高:114.6億(2019年9月期)
本社所在地:東京都中央区銀座3-10-7 ヒューリック銀座3丁目ビル7F
事業内容:オリジナルブランド「マナラ化粧品」の開発および販売
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)