その他 医療・医薬・福祉

全国のヘルスケアスタートアップ必見!「ヘルステック」の新規事業のヒントが満載の『浜松ウエルネス・ヘルスケア現場ニーズ情報交換会』を開催します。

浜松市
10月8日(木)15時~17時、実地かオンライン(Zoom)のいずれかでご参加いただけます。

人生100年時代を迎え、私たちが健康で幸せに暮らすための新しい技術やサービスである「ヘルステック」には高い注目が集まっています。 人生 100 年時代を見据えた新たな都市像である「予防・健幸都市」の実現に向け、地域内外の企業や関連団体と共に「浜松ウエルネスプロジェクト」を推進している浜松市では、こうした「ヘルステック」をはじめとしたウエルネス・ヘルスケア関連の新規事業創出につなげる取組の第1弾として、「浜松ウエルネス・ヘルスケア現場ニーズ情報交換会」を開催します。 当日は、地域企業や全国のスタートアップ企業などに向けて、2人のキーノートスピーカーから予防医療や保健事業の現場ニーズを紹介いただき、意見交換を行います。現場の生声から、ウエルネス・ヘルスケア分野の新規事業開発のヒントをつかむことができる貴重な機会ですので、ご興味をお持ちの方は、是非ご参加ください!


プロジェクト全体図
(1)日時
 令和2年10月8日(木)15:00~17:00

(2)会場
 浜松医科大学医工連携拠点棟 3階 大会議室
 ※または、オンライン会議システム「Zoom」による参加

(3)開催体制
 主催:浜松市、浜松ウエルネス推進協議会、はままつ次世代光・健康医療産業創出拠点
 後援:関東経済産業局(予定)

(4)当日プログラム
◆ニーズ紹介・意見交換1:15:05~16:00
  テーマ:With コロナ社会で健康寿命を延ばす7つのポイント
  説明者:浜松医科大学医学部医学科健康社会医学講座教授 尾島俊之氏
◆ニーズ紹介・意見交換2:16:05~17:00
  テーマ:年間2万7千人が受診する人間ドックの最前線と舞台裏
  説明者:社会福祉法人聖隷福祉事業団聖隷健康診断センター事務長 岡野 淳氏

(5)参加定員
 医工連携拠点棟 40人
 オンライン会議システム「Zoom」による視聴 100人

(6)参加費
 無料

(7)参加申込方法
 必要事項をご記載の上、下記の事務局あてにE-mailでお申込みください。E-mailの件名は「現場ニーズ情報交換会参加希望」としていただき、本文に以下の1~5をご記載ください。
 1「参加方法(「医工連携拠点棟」、「オンライン」から選択)」
 2「企業・団体名」
 3「所属・役職」
 4「氏名」
 5「連絡先(電話・E-mail)」

 ※オンラインの参加申込をいただいた方には、後日、E-mailで視聴に必要なID、パスワードをご連絡します。

 【申込先】
 浜松ウエルネス推進協議会事務局(浜松市健康増進課)
 E-mail:kenko@city.hamamatsu.shizuoka.jp

(8)参加申込期限
 令和2年10月6日(火)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)