医療・医薬・福祉 美容・健康

自治体が開催する高齢者向け体力測定会に「脳年齢測定器(脳検)」が導入されました

株式会社脳活性総合研究所
健常時から脳の認知機能を簡単にチェック/継続的な受検で、認知機能の急な低下を把握する取り組み

「脳活性度定期検査」(略称「脳検」)を展開する株式会社脳活性総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役:太田 芳徳、以下「脳活総研」)は、スポーツ・介護予防サービスを展開する株式会社ジェイレック(本社:東京都練馬区、代表取締役:加藤 裕之、以下「ジェイレック」)が自治体より委託を受けている高齢者向けの体力測定会にて「脳年齢測定器」が導入される運びになりましたことを発表いたします。



概要
脳活総研では、2019年より認知症の兆候といわれている「認知機能の低下」を、正常時から定期的にチェックすることで把握し、対策情報の提供を目的とした定期検査「脳検」を展開しています。
この度、介護予防事業を展開するジェイレックが自治体より委託を受けている、地域の高齢者向け体力測定会において、「脳年齢測定器」が導入される運びとなりました。
脳の状態を早期から把握し、個々の状態にあった対処をすることで、認知症を防ぎ、豊かで健康な生活を送ることが可能になるといわれています。
脳活総研は今後も、ひとりでも多くの方の脳を健康な状態に保ち、活性化することで社会全体の活性化に貢献してまいります。

株式会社ジェイレック様コメント
「高齢化がすすむ日本において、当社は地域社会に貢献すべく運動指導やスポーツプログラムの開催等の介護予防事業を展開しています。今回、東京都の特別区が主催する高齢者向けの体力測定会において、認知機能の低下をチェックできる「脳年齢測定器」を導入いたしました。

高齢者の皆様に、「脳検」を受検いただき、脳の健康状態の経過を把握、早期に変化に気づくことで、地域全体を活性化する仕組みづくり、ひいては地域社会へ貢献していけることを期待しています。」


■脳活性度定期検査「脳検」について
URL https://www.nouken.jp/
検査名称 脳活性度定期検査(脳検)
検査方法 パソコン、タブレット、スマートフォンで受検
検査監修 東京都立産業技術大学院大学 認知症・神経心理学講座 特任教授 佐藤 正之 先生

<会社概要>
会社名 株式会社脳活性総合研究所
代表者 代表取締役 太田 芳徳
所在地 東京都千代田区有楽町 2-10-1 東京交通会館 6F
設立 2019 年 2 月 15 日
事業内容 脳の活性度・認知機能を検査するテストの開発・販売
会社HP http://nokatsusoken.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)