パソコン デジタル製品・家電

【株式会社CIO】正しい姿勢・視線で体の負担を軽減 テレワークにも最適なコンパクトサイズ PCスタンド『CIO-PCST-01』をリリース

株式会社CIO
持ち運びに便利なコンパクトタイプ

株式会社CIO(所在地:大阪府守口市)は折り畳みができ、コンパクトで持ち運びにも便利なPCスタンド『CIO-PCST-02』をAmazonなど各ECサイトにて新製品発売セールを開催いたします。 Amazonクーポンコード『CIOPCST01』をご利用いただく事で10/1 23:59迄 限定で20%OFFの1,744円にて購入可能です。


テレワークやコワーキングスペースを代表されるように、近年は場所を問わずに仕事ができるスタイルが急増しています。その一方でデスクワークが増加、長時間化する中、腰痛や肩こり、首の痛みなどの悩みも増加しています。PCスタンド『CIO-PCST-01』はPC使用時に正しい視線・姿勢を維持することで、デスクワークでの首や肩の負担を軽減し姿勢改善、集中力UP、タイピンク向上をサポートします。また軽量コンパクトで折り畳みが可能なので持ち運びにも便利、場所を問わずご使用いただけます。
『CIO-PCST-01』はAmazon.co.jpや楽天市場、Yahoo!ショッピングなど各ECサイトにて販売いたします。



商品情報:(CIO-PCST-01)  20%OFF Amazonクーポンコード:『CIOPCST01』
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/B08H1YTS97
楽天市場: https://item.rakuten.co.jp/machinoomise/cio-pcst-01
ヤフー!ショッピング: https://store.shopping.yahoo.co.jp/shops-of-the-town/cio-pcst-01.html
オープン価格:市場想定価格 2,180円(税込)  クーポンご使用時:1,744円(税込)




『CIO-PCST-01』の特徴

◆姿勢・視線の改善に
長時間のデスクワークで起こりがちな、肩こり・腰痛・首の痛みは姿勢に問題があるとも言われています。
ノートPCやスマートフォン、タブレットの利用率が増える中、視点が下を向き続けることで、必然的に姿勢が悪くなってしまいます。
モニターを目線の高さに持ってくることで、背筋が伸び、慢性的な猫背の防止など体の負担を軽減することができます。




◆角度調整・優れた安定感
6段階の調節機能で目線の高さに合わせた設定が可能。キーボードやディスプレイをお好みの角度にすることで作業効率向上します。アーム部分は三点指示することでグラつきが少なく、ノートPC本体・タブレットなどを固定します。耐荷重は21kgまで対応。

◆滑り止めパッド・放熱機構で安心
ノートPCの接地面とスタンドの裏側の両方に、滑り止めパッドが付いているので、ノートPC本体・タブレットなどのズレを防ぎます。また設置時、机とノートPCの間に空間ができるため、ノートPC、タブレットなどから発生した熱が発散されやすく、熱暴走のリスクを減らします。熱伝導率の高いアルミニウム合金製ですので、放熱性に優れます。

◆軽量コンパクト・簡単組み立て
約300g、厚み約2mmの軽量コンパクト。組み立て、折り畳みが可能なので持ち運びにも便利。使用しないときは、畳んで収納することが可能。






『CIO-PCST-01』の特徴



商品情報:CIO-PCST-01
サイズ:265 x 61 mm
重量:326g
耐荷重:21kg
材質:アルミニウム合金

株式会社CIOとは



2017年に株式会社CIOを立ち上げ、『わくわくするような最新ガジェットをお届け♪』というコンセプトのもと、ただメーカ製品を輸入するという事はせず、日本のお客様向けに自社製品として新規製造する事にこだわり、開発しております。

日本ならではの、高品質と海外現地での製造で高コストパフォーマンス、そんな製品を今後もお客様のお手元にお届け出来るよう、日々注力してまいります。

株式会社CIO ホームページ:https://connectinternationalone.co.jp
「町のお店@ガジェット部」公式Twitter:https://twitter.com/machinoomise2
「町のお店」公式LINEアカウント:https://lin.ee/aToNrva
取材仕入れ等のお問い合わせはこちら:https://connectinternationalone.co.jp/contact

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)