医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

【100×100キャンペーン】デイサービス向けに、シンプルな送迎ルートシステムを100施設に月額100円で提供

合同会社AUTOCARE
介護の分野に、AIとIoTを、学びとともに普及させることをミッションとする国立大学法人 九州工業大学発スタートアップ、合同会社AUTOCAREは、ソフトウェアのインストール無しで、手軽に、シンプルに利用できる送迎最短ルート検索システムを開発しました。100施設様限定で、月額100円で提供します。


○背景

私たちは、国立大学法人九州工業大学のテクノロジーを社会に役立てる大学発スタートアップです。介護の分野に、AIとIoTを、学びとともに普及させることをミッションとしています。
私たちの研究成果を介護・福祉分野を中心に応用する中で、デイサービスの業界では、お客様の送迎を効率的に行うために苦労されていることを知りました。

デイサービス送迎システムはいくつか販売されていますが、ソフトウェアのインストール無しで、手軽に、シンプルに、しかも安く利用できるシステムはまだ提供されていないようです。

そもそも、送迎ルート探索は、情報科学の分野では「巡回セールス問題」と言う、規模が大きくなるとどのようなスーパーコンピュータでも解くことができない問題として有名です。単純な計算では、20箇所を回る最短ルートを探すことすらできません。

今回、私たちの経験と技術力を生かして、PCとスマホを組み合わせて、ソフトウェアのインストール無しで、手軽に、シンプルに利用できる送迎最短ルート検索システムができあがりました。100施設様限定で、無料提供します。



○送迎最短ルート検索システムの機能
このシステムでは、次のような、シンプルだけど、あると便利な機能を提供します。

☆最短ルート検索機能
・送迎するお客様を複数選び、ボタンを押すだけで、最短のルートが表示されます。
・Microsoft Excelと同様の機能を持つ表計算アプリ、「Googleスプレッドシート」上で動作しますので、使い慣れた表計算ソフトの感覚でデータの整理や編集ができます。




☆スマホへのルート送信・ナビ機能
・ルート情報をスマホに電子メールで送信できます。
(今後、ChatworksやLINE for Businessといったチャットサービスにも対応予定です。)
・ルート情報は、スマホのGoogleマップ上にルート表示されますので、そのままカーナビとして使うことができます。
・ルート情報といっしょにお客様の電話番号もスマホに送信できますので、ドライバーが送迎中にお客様に電話で連絡しやすくなります。




○提供価格

・100施設様に限定して、月額100円で提供します。(3ヶ月単位の更新としますので、300円が最小単位となります。)
・導入された施設様には、モニターとして機能改善に向けたご意見をいただいたり、アンバサダーとしてご感想を他の施設等にご紹介いただけるとありがたいです。
・将来的には、機能を充実・安定させて、月額500円~1,000円程度でご提供する予定です。
※提供数や価格は今後変わることがあります。今後の利用状況に応じて、予告なくサービスを終了することがあります。

○利用申し込み

・以下のリンクからお申し込みください。

https://autocare.stores.jp/items/5f706822fbe5b5037465f20c

・申し込みの際は、Gmailアカウントをご用意いただき、「備考欄」にお書きください。
・お申し込み後、そのGmailにGoogleスプレッドシートへのリンクを送付しますので、そのシート上でお客様情報を登録してご利用ください。

○よくあるご質問

Q: 必要なPC環境は?
A: WebブラウザでGoogleスプレッドシートが動作するパソコンが1台必要です。

Q: 必要なスマホの環境は?
A: AndroidやiOSなど、GmailおよびGoogleマップが使える環境であれば大丈夫です。

Q: 介護ソフトと連携していますか?
A: シンプルな機能に徹するため、介護ソフトとの連携はしていませんが、介護ソフトからお客様情報をCSV等で出力できれば、それを本システム貼り付けることで簡単に利用できます。その他の連携機能については、ご相談に応じます。

Q: セキュリティや個人情報管理は大丈夫ですか?
A: Googleのプラットフォーム上でセキュリティ管理されますので、アクセス管理や個人情報管理もGoogleのプラットフォームを利用できます。

○合同会社AUTOCAREについて




合同会社AUTOCAREは、国立大学法人九州工業大学のテクノロジーを社会に役立てる大学発スタートアップです。介護の分野に、AIとIoTを、学びとともに普及させることをミッションとしています。

九州工業大学井上創造研究室では、これまで介護施設や病院に、多くのスマホを提供して、IoTおよび行動認識AIの実証実験を多数行ってきました。
・スマホが世にでて間もない頃、250人の学生にスマホを配ってセンサ行動認識の実験をしました。
・病院の看護師にスマホを持ってもらい、2年間センサデータを収集して看護行動認識の実験をしました。
・全国の家庭にスマホを配布し、延べ約10,000日の家庭内環境センシングをしました。
・6階建ての介護施設のスタッフ全員にスマホを配布し、4ヶ月間センサ行動認識の実験をしました。
これらの研究は権威ある国際学会に発表され、2019年には文部科学省の玄関で1ヶ月間展示され、注目されました。

このような、スマホとAIを組み合わせた研究を介護・福祉分野を中心に応用する中で、私たちのテクノロジーで介護現場の効率化に簡単に貢献できることがあると思い、今回のようなシステムを今後も提供していきます。

合同会社AUTOCARE ホームページ: https://autocare.ai/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)