医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

Vティーチャーを遠隔医療や薬局の助言サービスに活用、サービス開始/MaaS

鈴木ソフトラボラトリー合同会社
スマホ対応により、移動診療車によるオンライン診療への導入が容易になります。

・次世代交通サービスMaaSに、オンライン放送配信プラットフォームVTeacherの情報通信技術を活用 ・オンライン診療、薬局における助言、健康管理に関する指導及び助言等ができる遠隔医療システムを容易に導入 ・医師がアバターの姿のまま診療を進められるという、オンライン診療ならではの機能も


 鈴木ソフトラボラトリー合同会社(東京都品川区、本店:静岡県浜松市、代表:鈴木正樹)は、オンライン放送配信プラットフォームのVTeacher(ブイティーチャー)を活用した次世代交通サービス「MaaS(Mobility as a Service : マース)」の提供を開始いたします。

 コロナ禍で早急に対応を求められているオンライン診療について、Vティーチャーの情報通信技術を利用し、簡単に遠隔医療サービスを開始できます。とくに移動診療車によるオンライン診療への導入に適しています。このサービスを利用して、遠隔医療、健康管理に関する指導及び助言、薬局における助言等が容易にできるようになります。その他、処方箋のアップロードや治療費のクレジットカード決済等の機能があります。できるだけ多くの患者さまがご利用できるように、Mac、Windows、iPhone、Androidに対応しました。

 アバター(VRM)にも対応していますので、医師がアバターの姿で診療を進められるという、オンライン診療ならではの機能もあります。お医者さん嫌いの小さなお子さまであっても楽しく受診できます。


 弊社が本店を置く浜松市(政令指定都市、人口約80万人)は、「デジタルファースト宣言」によりデジタルの力を最大限に活かした持続可能な都市づくりの推進を掲げ、デジタル・スマートシティによる都市の最適化を目指しています。

 弊社はMONETコンソーシアムに加盟後(2019年12月加盟)、MONET Technologiesがアドバイザリーとなっている浜松市モビリティサービス推進コンソーシアムの一般会員となり、コロナ禍以前より取り組んでいる遠隔技術の資産を活かし、様々な活動をしております。


MONETコンソーシアムとは
ソフトバンクやトヨタ自動車などの共同出資会社「MONET Technologies株式会社」が設立したコンソーシアム。次世代モビリティサービスの推進と、移動における社会課題の解決や新たな価値創造を目的としています。
【MONETコンソーシアムURL】
https://consortium.monet-technologies.com/consortium/


Vティーチャーの特徴です。
・導入のしやすさ
・直感的に操作できる
・高いセキュリティ
※弊社はNTTコミュニケーションズのSkyWayを採用しております。

用途に合わせたカスタマイズ対応も行っております。
商品の機能一覧、サービス導入のご相談、お見積もりについて(無料お試しプランもございます)、お気軽にお問い合わせください。

※弊社の関連事業は、静岡県の中小企業等危機克服チャレンジ支援事業費補助金に採択されています。

【会社名】
鈴木ソフトラボラトリー合同会社
【URL】
https://softlab.mszk.biz
【事業内容】
スマートフォンを利用した各種サービスの開発、プログラミング教育事業
【サテライトオフィス】
・東京都品川区西五反田2-14-13ニックハイム五反田2階
・はままつトライアルオフィス(本店:静岡県浜松市)

[App Store]
https://apps.apple.com/jp/app/vteacher/id1435002381

あの人に会うために移動する必要はありません。

本リリースに関するお問い合わせ先
鈴木ソフトラボラトリー合同会社、鈴木正樹・鈴木聡美
E-mail: softlab@mszk.biz

※ VTeacherは鈴木ソフトラボラトリー合同会社の商標です(商標登録番号:第6134790号、2018年5月出願)。
※ 仕様および外観は予告無く変更されることがあります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)