流通 美容・健康

口コミ件数No.1(※1)「mitete 葉酸サプリ」がリニューアル発売

株式会社エーエフシー
最新の「日本人の食事摂取基準」に対応

株式会社エーエフシーは2020年9月1日より、「mitete 女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」を最新の食事摂取基準に対応させリニューアル発売いたしました。妊娠中、妊娠を計画している方に人気のサプリメントです。






mitete 葉酸サプリとは


miteteは結婚・出産・子育てなど“変化の世代”を見守り続ける存在でありたいという思いから誕生しました。その最初の商品として9年前に発売されたのが葉酸サプリです。100人の声から始まり、お客様の声をもとにこれまでに数多くの改良を重ねて参りました。おかげさまで沢山のご家族の誕生に立ち会いながら24,121件以上の口コミを頂いております。(※1)




葉酸摂取が大切な理由


葉酸はビタミンBの一種で、受胎前後の葉酸摂取により胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクが低減することが報告されています。(※2)しかし、葉酸は日本人の食生活や葉酸そのものの性質により必要量の摂取が難しい栄養素です。そのため厚生労働省は普段の食事から摂取できる葉酸に加えて、サプリメントなどから1日400㎍の葉酸を摂取することを推奨しています。



商品の栄養バランスとリニューアルのポイント


mitete 葉酸サプリは妊活・妊娠中の方に向けたこだわりのサプリメントです。モノグルタミン酸型葉酸400㎍、カルシウム200mg、鉄15mg、8種のビタミン、4種のミネラルを「日本人の食事摂取基準」の推奨量や目安量を参考に栄養摂取状況なども踏まえ、不足や過剰摂取などに配慮して配合しています。この度、「日本人の食事摂取基準」の2020年版への改定にあたり配合量を再検討し、商品のリニューアルをいたしました。特に鉄は、お客様のご要望にお応えし増量しました。




これからも守り続けていく”やさしさ”の商品づくり

mitete 葉酸サプリはお客様と共に進化を続けて参りました。なかでも、特にご好評頂いているmitete 葉酸サプリの特徴が飲みやすさです。

・ニオイが少なく飲みやすい
妊娠中はニオイに敏感になってしまうものです。サプリメントの味やニオイがしないよう原材料に加え、更に一粒一粒をコーティングし、気になるニオイを抑えています。



・小粒の直径8mmサイズ
粒が大きいからサプリメントを飲み込むのが苦手、という人も少なくありません。そんな声にお応えし、1粒の直径が約8mmと小さい粒を採用。錠剤が苦手な人でも飲みやすく、続けやすいと評判です。


・国内グループ会社での開発、製造
mitete 葉酸サプリは国産です。健康補助食品GMPの認定を受けた国内の工場で厳重な品質管理、衛生管理のもと、開発、製造から販売まですべて国内の自社グループで行っております。
※健康補助食品GMPとは、原材料の受け入れから製造、出荷まで全ての過程において、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれるようにするための管理基準のことです。また、AFCのサプリメントにはGMP製品マークが付けられていませんが、GMP認定設定工場(本社工場・第二工場:認定番号11105、国吉田工場:認定番号20212)で製造されています。



・放射線セシウムスクリーニング検査を実施
製造した最終錠剤の放射性セシウムのスクリーニング検査を実施しております。
※放射性セシウムスクリーニング検査は、国際試験所(株)日本予防医学研究所分析センター(ISO/IEC 17025:2017認定)にて実施。






今までもこれからも。沢山の家族の喜びに寄り添いたい。mitete 葉酸サプリは今日もみなさまとのお約束とともに未来へ歩む努力を続けています。



様々なニーズに合わせて選べるようボトルと袋のパッケージをご用意


■mitete女性100人の声から生まれた葉酸サプリ
<1日4粒目安30日分>
袋タイプ1,700円(税抜)/ボトルタイプ1,800円(税抜)

公式オンラインショップ:https://464981.com/yousan/


【販売会社】
会社名:株式会社エーエフシー
所在地:静岡県静岡市駿河区豊田2丁目4−3

【お問い合わせ先】
公式オンラインショップお問い合わせフォーム
https://464981.com/shop/contact/contact.aspx


※1 2020年8月現在 レビュー合計件数

※2 厚生労働省「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する
   葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について」
   https://www.mhlw.go.jp/www1/houdou/1212/h1228-1_18.html



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)