美容・健康 広告・マーケティング

植物ベースのタンパク質市場-ソース別(大豆、小麦、エンドウ豆)、種類(分離物、濃縮物、テクスチャー)、形態別、用途別、および地域別、南アメリカ、その他)-世界予測ー2025年

Kenneth Research
Kenneth Researchは調査レポート「植物ベースのタンパク質市場:世界的な需要の分析及び機会展望2025年」2020年9月 28日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。 [調査レポートの詳細内容について] https://www.kennethresearch.com/report-details/plant-sourced-protein-market/10335165


調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。



タンパク質は筋肉の重要な構成要素です。植物ベースのタンパク質のタンパク質濃度は50%-85% の範囲であり、ビーガンやベジタリアンの食事計画に最適です。健康な食品の需要は、肥満と闘い、ライフスタイルの変化に起因する病気の有病率の増加に対処するために成長し続けます。健康とウェルネス部門の成長は、植物ベースのタンパク質を含む食事計画、ヘルスクラブ、フィットネスクラブの使用の増加、および肥満に関する教育と意識の高まりにも牽引されています。

世界の植物ベースのタンパク質市場規模は、2020年の107億米ドルから2025年までに152億米ドルに成長すると予測され、予測期間中に8.1%のCAGRを記録すると予測されます。

他のタンパク質源と比較すると、植物性タンパク質は環境にやさしいため、際立っています。消費者は植物ベースのタンパク質のこれらの特性に気づき始めています。さらに、これらは自然で環境にやさしい、アレルゲンフリーの製品を求める消費者の間で注目と重要性を増しています。動物ベースの製品と環境に関する懸念が高まり、植物ベースのタンパク質をコア栄養成分として含むフレキシタリアンダイエットを実践する消費者の割合が高まっています。

植物ベースのタンパク質市場に新しい基準を設定する食品感度の向上

消費者の購買パターンは植物ベースの製品のために変化しています。植物ベースのタンパク質の有効性と環境に優しい特性は、世界中の植物ベースのタンパク質の需要の増加に最も影響を与える要因です。食物アレルギーは消費者の好みに影響を与える食品の感受性で、世界の確立された市場で上昇しています。

北米とヨーロッパ-植物性タンパク質のトップマーケット

植物ベースのタンパク質は、北米やヨーロッパなどの確立された市場で菜食主義の人気が高まっているため、需要が高まっています。この研究は、北米とヨーロッパを合わせて、植物ベースのタンパク質市場における市場シェアの65%以上を占めることを示しています。これらの地域には、世界中で最も多くの植物ベースのタンパク質メーカーがあります。植物ベースのタンパク質市場の主要メーカーは、北米とヨーロッパを拠点とするメーカーでもあり、植物ベースのタンパク質市場で市場シェアの35%以上を占めています。

植物ベースのタンパク質市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域によって分割されています。
レポートのサンプルURL:https://www.kennethresearch.com/sample-request-10335165

植物ベースのタンパク質市場は、地域に基づいてさらに区分されます。


北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

市場セグメンテーション洞察
植物ベースのタンパク質市場は、ス別(大豆、小麦、エンドウ豆)、種類(分離物、濃縮物、テクスチャー)、形態別(乾燥物と液体)、用途(食品と飼料)、および地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、APAC) )、南アメリカ、その他)などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「植物ベースのタンパク質市場」というタイトルのレポートは、植物ベースのタンパク質市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

植物ベースのタンパク質市場における主要企業
さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の植物ベースのタンパク質市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。植物ベースのタンパク質市場における業界のリーダーはカーギル(米国)、アーチャーダニエルズミッドランドカンパニー(ADM)(米国)、E. I. du Pont de Nemours and Company(米国)、Kerry Group plc(アイルランド)、オメガプロテインコーポレーション(米国)、Fonterra Co-operative Group Ltd.(ニュージーランド)、Arla Foods(デンマーク)、キューピー株式会社(日本)、AMCO Proteins(アメリカ)、GELITA AG(ドイツ)、Hilmar Ingredients(アメリカ)などです。

このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)