パソコン 広告・マーケティング

グローバルIoTにおける5G市場ーサイズ調査、無線技術別、範囲別、垂直別(製造、エネルギーおよびユーティリティ、ヘルスケア、政府 、運輸、鉱業)と地域別予測2020-2027年

Kenneth Research



Kenneth Researchは調査レポート「グローバルIoTにおける5G市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」を2020年9月 29日に発刊しました。市場価値の分析と予測期間中のCAGRの計算に基づいて、市場の最新の動向とビジネスチャンスがレポートで説明されています。さらに2020-2027年の予測期間中に大幅なCAGRを登録すると予測されます。グローバルIoTにおける5G市場はサイズ調査、無線技術別(5GNRスタンドアロンおよび5GNR非スタンドアロンアーキテクチャ)、範囲別(短距離および広距離IoTデバイス)、垂直別(製造、エネルギーおよびユーティリティ、ヘルスケア、政府) 、運輸、鉱業)と地域別によって分割されます。また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/global-5g-in-iot-market/10328137

5Gインフラストラクチャは、エッジコンピューティング機能を備えたマクロおよびスモールセル基地局で構成されています。5Gネットワークでは、通常ハードウェアで実行されるネットワーク機能が仮想化され、ソフトウェアとして実行されます。それは円滑な通信とネットワーキングのための無線高周波技術帯域の下で動作します。このネットワークは、消費電力の少ない小さな送信機の下で機能します。5Gを使用すると、ネットワーク速度が向上し、ワイヤレスサービスの柔軟性が向上し、遅延が減少します。これらのIoTデバイスは、5Gテクノロジーを通じて提供されるインスタント通信とデータ転送に依存しています。

IoT市場におけるグローバル5Gは、2019年に約7億米ドルと評価され、2020-2027年の予測期間中に52.53%以上の成長率で成長すると予想されています。

オートメーション、工業生産、スマートメーター、その他の接続デバイスなどのさまざまなアプリケーションでのモノのインターネットデバイスの採用の増加は、市場の成長を牽引しています。2019年、カルマル、ノキア、ABBは、スマートグリッド向けの5Gベースの超信頼性低遅延通信(URLLC)の実証に成功しました。一方、エリクソンは、アウディの工場で5Gをワイヤレス生産ロボットに接続することを目的とした試験を開始しました。AI、クラウドコンピューティング、およびその他のテクノロジーを使用するこれらの高度なデバイスは、中断されたネットワーク速度のためにより広い帯域幅を必要とします。

IOTの世界では、5Gテクノロジーの理論上のピーク速度は20Gbpsですが、4Gは1Gbpsです。しかし、オンラインストアでの可用性は、2020-2027年の予測期間中の市場の成長を妨げます。しかし、製品ポートフォリオを増やすための新しい開発のための多くの研究は、市場にとって有利な機会を提供しています。

主要企業
このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来のグローバルIoTにおける5G市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。グローバルIoTにおける5G市場における業界のリーダーはEricsson、Nokia、Huawei、AT&T、Verizon、Sprint、Telefónica、BT Group、Vodafone、Telstraなどです。

北米は、地域内で接続されたIoTデバイスの数が増加しているため、市場シェアの点で世界で最も重要な地域です。北米、米国、カナダであり、5G IoTの開発において主要な地域の一つです。Verizonは、2020年末までに米国の30都市に5Gサービスを展開する予定で、AT&Tはすでに12都市に5Gサービスを導入しています。一方、アジア太平洋地域も2020ー2027年の予測期間にわたって最高の成長率/ CAGRを示すと予想されます。可処分所得の増加、人口の増加、高速インターネット接続の需要の増加などの要因により、アジア太平洋地域のIoT市場における5Gの有利な成長見通しが生まれます。

Eurostatによると、ICT製造とICTサービスを含む、ヨーロッパのICTセクターの合計額は、2017年に4,750億ユーロを超えると推定されています。このセクターでは、ICTサービスがICT製造業が保有するシェアの10倍になると予測されているため、ICTサービスが大きなシェアを占めています。ICTサービスは、コンピュータープログラミング、コンサルティング、および関連する活動で構成され、2017年には、約49.1%のシェアを占め、電気通信活動は、このセグメントで約30.3%のシェアを占めました。これらの要因は、今後数年間で市場の成長にプラスの影響を与えると推定されています。

地理に基づいて、市場は以下の地域に分割されています。


北米(米国およびカナダ);ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ諸国)
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)。


レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10328137

Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)