美容・健康 食品・飲料

捨てられていた野菜から、スマホ時代の栄養素がたっぷり♪

山一商事株式会社
【機能性表示食品】ルテイン(ハート)ルンルン♪ほうれん草ー新発売のお知らせ

10月1日に消費者庁に【機能性表示食品】として認可された「ルテイン(ハート)ルンルン♪ほうれん草」(カット済み冷凍バラ凍結品)を新発売します(ミチナル株式会社、本社:岐阜県高山市)。既存商品の1.7~2倍ほど多いルテインの含有量で、スマホやWeb会議など光の刺激の多い現代人の目の網膜を守る。


ルテイン(ハート)ルンルン♪ほうれん草

岐阜県高山市は、ほうれん草の出荷量が10年以上市町村別で日本一の産地であり、生産される量が多い分、規格外品や端材も多くありました。「味は変わらない、見た目だけ」で排除され、農場廃棄される運命だったほうれん草に新たな価値を与えるべく、2015年にミチナル株式会社を設立し、生産者から直接買い取り、現在まで主に冷凍のほうれん草へ加工して販売しています。

国内の一般的なほうれん草の旬は「冬」。暑さに弱く、水気を嫌います。しかし、岐阜県高山市を含む岐阜県飛騨地域(北部)では、高冷地ならではの寒暖差のある気候と雨よけハウス利用して、春から秋にかけて栽培され、日照を長く浴びて育ち、高品質なほうれん草として認知され、主に京阪神市場や中部市場に出荷されています。

「日光をよく浴びたほうれん草は、他の地域のほうれん草と比べて栄養価が高いのでは?」

そう考えた弊社代表の山下が、岐阜県食品科学研究所に相談して調査した結果、自然界に広く分布するカロテノイドのひとつ「ルテイン」という栄養成分が豊富に含まれていることがわかりました。


米粒大(0.06g)から抽出したルテイン
ルテインは、体内では目の網膜中央にある黄斑部に多く存在し、パソコンやスマートフォンから発せられるブルーライト(青色光)から網膜を保護する働きがあることがわかっています。

コロナ禍でリモートワーク、ZoomなどでのWeb会議、また、日常的にスマートフォンを利用することにより、ブルーライトの強い刺激を目に受けることが多くなりました。そんな光の刺激の強い現代に、機能的な栄養素「ルテイン」が今、注目されています。
スマホ時代に必要不可欠な栄養素

新型コロナ感染症の影響で県外への営業活動が難しくなり、まずは地元スーパーなどから順次販売。店頭価格は160~200円程度を想定しています。



【ミチナル株式会社について】
山一商事株式会社(本社・岐阜県高山市)のグループであり、その規格外品や端材に新たな価値を与える事業を行っております。ミチナル株式会社の所在地は、国内だけでなく外国からも観光客が多く訪れる「飛騨高山」の高山市で…実は!! 10年以上もほうれん草生産量が市町村別日本一の一大産地なのです。厳しい出荷基準のもと、高品質なほうれん草が主に中部や京阪神市場に届けられています。私たちは1件1件直接生産者とお話をさせていただいた上でこの事業にご理解をいただき、規格外品や端材を直接集荷して、端材の「材」を財産の「財」として、また新たな価値を与えています。https://www.michinaru.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)