医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

薬局をもっと立ち寄りやすい場に。無料給水スポットmymizuに愛知県のパナプラス薬局が登録

株式会社パナドーム
薬局は地域のインフラとして、気軽に入れる場所へ

愛知県岡崎市を中心にパナプラス薬局を運営する株式会社パナドーム(本社:愛知県岡崎市牧御堂町字溝畔14-1、代表取締役:藤井 伸昌)が、2020年10月より、薬局全店舗と飲食事業の膳カフェを無料給水スポットとしてmymizuアプリに登録致しました。




私たちPanadome,Inc.は、 『 なんでもない "ふだん" に、幸せを届ける。 』をミッションに日々業務を行っており、 地域のかかりつけ薬局として患者様の様々なお悩みに対応して参りました。


今年の1月には、通常の薬局機能はもちろんのこと、処方箋がなくても利用していただきたいという想いから、国内初のヘルスケアに特化した薬局として愛知県岡崎市羽根小豆坂店に、"Health Care LAB" をオープン致しました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000044658.html



患者様と接していく中で、「薬局のひと」と「患者様」という関係性ではなく、「同じ地域で暮らすひと」としての関係性を築きたいという想いがありました。
以前、散歩ついでに薬局を覗いてくださった患者様から「薬をもらいにきたわけじゃないし、忙しそうにしとったから様子だけ見て帰ったよ」というお言葉をいただいたことがあり、何気ない会話だけを目的に薬局に立ち寄ることへの難しさを感じました。
そこで、何かひとつでも薬局に立ち寄る “言い訳” があれば、もっと立ち寄りやすい場になるのではないかと考え、薬局各店舗と飲食事業の膳カフェを無料給水スポットとしてmymizuアプリに登録することと致しました。



ーーー
mymizuとは、日本をはじめ世界各国にある「ボトルを持参すれば無料で給水できるスポット」とユーザーを結びつけるアプリで、ペットボトルの消費量を削減し、環境の持続可能性を実現することを目標として掲げるプラットフォームです。
現在は公的水飲み場及びパートナー店舗であるカフェ、レストラン、コワーキングスペース、ホテル、ショップなど日本国内で7,000箇所以上、世界各地で約20万箇所の給水スポットが公開されています。
mymizuアプリ(iOSおよびAndroid)は、www.mymizu.coよりダウンロードが無料で可能です。

ーーー
私たちも7月にレジ袋有料化を始めたことをきっかけに、環境問題に対して出来ることからひとつずつ取り組んでいきたいという想いもあり、無料給水スポットとして利用していただきたいと考えています。
そして、これからも地域との関係性を大切にし、同時に医療に関するサステナビリティも追求して参ります。

※なお、今回のプロジェクトは、社内新規事業プレゼンで2020新入社員の薬剤師:入谷友佳子のアイデアにより実現&具現化したものです。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)