医療・医薬・福祉 ビジネス・コンサルティング

エムステージが、全国の医療機関に『今後の医療経営に関するアンケート』を実施

株式会社エムステージホールディングス
地域医療の再編がますます加速。地域の医療ニーズにこたえられる医療機関になるための戦略が重要に

医師・医療人材総合サービスを提供する株式会社エムステージ(東京都品川区、代表取締役:杉田雄二)は、2020年9月15日~9月22日の間に、全国の医療機関188院に『今後の医療経営に関するアンケート』調査を実施しました。結果について、医療経営士の田中宏典が解説します。


※リリース内容を省略しています。全文はこちらhttps://prtimes.jp/a/?f=d19504-20200929-6468.pdf




1半期収益状況を比較したところ、前半期と比較して新型コロナ後は黒字医療機関の割合が51%から31%まで減少しました。
Q.収益状況の変化について教えてください




<2>今後の患者の受診見通しについては、66%がある程度の受診控えが続くと予想しました。多くの医療機関が、今後も新型コロナウィルスによる患者数の減少を見込んでいます。
Q.今後の患者様の受診見通しを教えてください。




<3>今後の医療経営の打ち手として、検討が多い項目は「経費・固定費の見直し」、「病診連携・診診連携・地域連携の強化」となりました。地域の要請に応えることに合わせて、費用の見直しを6割近くの医療機関が検討しています。人件費が費用の半分以上を占める医療経営においては、費用の削減を業務効率化と合わせて推進し、人材の効率的な活用体制もつくっていく必要があります。
Q.今後の医療経営で検討している打ち手を教えてください(複数回答可)



<4>打ち手の中で、最も重視している項目としては、3割近くの医療機関が「病診連携・診診連携・地域連携の強化」と回答しました。コロナを経て、今後、医療再編は急速に進むでしょう。地域ニーズに合わせたサービス体制、人材の採用、効率的な運営構築を行い、地域に求められる病院になっていくには、マクロな施策ではなく、自院のポジショニングと病院の形態に合わせたひとつひとつの課題に向き合うことが重要であるといえます。
Q.上記で選択した中で、最も重視している打ち手をひとつ教えてください。



■医療機関概要(188)



■調査概要
今後の医療経営に関するアンケート
アンケート実施期間:2020/9/15~2020/9/22
有効回答数:188
対象者:「Dr.なび」会員医療機関の経営者、医事課担当者
回答方法:インターネット調査(会員医療機関へメールにて回答フォームを送信)

■エムステージグループについて
https://www.mstage-corp.jp/
「すべては持続可能な医療の未来をつくるために」をミッションに、産業保健・医療人材・医療経営の3つの領域から医療課題の解決を図っています。ベストベンチャー連続選出。HRチャレンジ大賞 イノベーション賞受賞。
2003年、医師の求職を支援する「Dr.転職なび」「Dr.アルなび」を提供開始。医師の柔軟な働き方を切り開き、医療機関の採用課題を解決しています。2016年からは産業医・産業保健師を軸とした企業向け健康支援サービス「産業保健サポート」を開始。利用事業所数1200件を突破(2020年6月現在)。働く人の健康に寄与し、予防医療の観点から医療費の削減に貢献しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)