医療・医薬・福祉 美容・健康

乾電池IoT のMaBeee 「みまもり電池」の販売を開始

ノバルス株式会社
~MaBeeeのみまもり、ついに始まる~

乾電池型IoTデバイス"MaBeee"(マビー)の企画・開発・販売を行うノバルス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:岡部 顕宏、以下ノバルス)は、2019年4月24日、『MaBeeeみまもり電池』の販売を、国内最初の販売先として大手家電専門店である株式会社ビックカメラ(本社:東京都豊島区、代表取締役:宮嶋 宏幸、以下ビックカメラ)にて、販売開始いたします。本製品は、IoTプラットフォームを提供するIoTBASE株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役:澤和 寛昌、以下IoTBASE)と協業し、デバイス~クラウドまでトータルに提供できるパッケージとなるように販売いたします。ノバルスは、従来MaBeeeコントロールモデルを店頭やオンラインなどで製品を販売してまいりましたが、クラウドとは接続ができる機能はございませんでした。今回の新たに追加されるラインナップは、『MaBeee みまもり電池』としてクラウドと接続できる新バージョンでの販売となります。


みまもり電池利用イメージ

本製品は、みまもられる方(ご高齢者等)に利用する『MaBeeeみまもり電池』と、みまもる方(ご家族等)にはIoTBASEが提供するクラウドと連動したアプリ『スマート電池』をセットすることにより、みまもりサービスとして実現いたします。『MaBeeeみまもり電池』が持つ電流・電圧検出機能を用い、クラウド上で利用状況の可視化が可能となります。



ノバルスは、ビックカメラにより2018年秋に開催された、ビックカメラアクセラレーターに採択され、ビックカメラと戦略的にみまもり市場を開拓することになりました。これにより、他社に先駆けて、ビックカメラと販売・プロモーションを行い、元気なご高齢者のみまもり市場を開拓してまいります。

『MaBeeeみまもり電池』は、みまもられる方の自宅に設置する単3電池を使用した製品(テレビリモコンなど)に装着し、この『MaBeeeみまもり電池』を利用することで電流・電圧の利用状況をクラウドに通知し、IoTBASEが提供するみまもる方のアプリ『スマート電池』を提供するという協業体制により本みまもりサービスを実現します。

本製品は、従来の多くのみまもり製品で採用されている監視している印象が強かった監視カメラや赤外線センサーとは異なり、生活スタイルを変えず、工事も不要で導入できます。特に、ご自身は元気であるというご高齢者へ導入する際において、監視している印象を受けにくいことから導入の抵抗も少なく、さらに導入のしやすさとコストに配慮した製品・サービス設計となります。

『MaBeeeみまもり電池』のサービスを用いるには、『MaBeeeみまもり電池』を、ビックカメラ店頭にて購入し、身の回りの電池を用いた製品と組み合わせてスマートフォンなどのBluetoothが利用できるデバイスからクラウドに接続することができます。なお、提供価格は2,980円(税別)/個での販売を予定しています。
MaBeeeみまもり電池




クラウドサービスについては、『MaBeeeみまもり電池』に適用できるように開発されたIoTBASEの『スマート電池』アプリを用いることにより簡単にみまもりをすることができます。

提供金額はワンコイン(500円(税別))~の月額サービスで、離れた環境からスマートフォン上で簡単に離れて住む方の利用状況を確認することができます。提供開始時点における機能は下記の通りです。

■IoTBASEサービス 『スマート電池』
<主な機能>※2019年4月23日時点
・利用状況のグラフ表示
・利用状態アラートの通知(順次機能追加予定)

同時に、ノバルスはMaBeee本体から得られる電池特有のデータをクラウド上で管理・運用するサービス『MaBeeeプラットフォーム』を、MaBeeeを用いたクラウドサービスを提供する事業者向けに提供します。MaBeeeの独自のファンクションである、電池の出力コントロール、モニタリング、ビーコン発信など、電池から得られる情報をクラウド上で提供することにより、IoTBASEなどの各社と本サービスを用いたサービスを実現してまいります。今後、多数のモバイルアプリ事業者との協業を進め、MaBeeeのプラットフォーム上で用いるMaBeeeデバイスの運用、データの分析、データの連携のためのAPI、MaBeeeプラットフォム上で開発するためのSDKなどもご利用いただき、さらなるサービスの拡大を目指します。
MaBeeeプラットフォームについて
ノバルス株式会社について

ノバルス株式会社は、2015年に創業し、クラウドファンディング「Makuake」において目標金額をわずか1時間で達成し、事業化を実現するところからビジネスが始まりました。ノバルスはすべての製造業にIoTでのビジネスチャンスを提供することをミッションとし、IoT製品において共通して求められる省電力電源制御技術とワイヤレステクノロジーをキーテクノロジーにビジネスを進めています。
ノバルス株式会社HP:http://novars.jp
MaBeee HP:https://mabeee.mobi/mabeeem/

■会社概要
社名  :ノバルス株式会社
本店住所:東京都千代田区一番町6番
代表者 :代表取締役 岡部 顕宏
事業内容:IoT製品企画開発・販売/コミュニティ企画運営

■受賞歴:
・グッドデザイン賞 金賞(経済産業大臣賞) 2016年
・Samurai/東京電力エスカレーター(アクセラレーションプログラム)最優秀賞 2018年2月
・SOMPOホールディングス/インフォコム ヘルスケアビジネスコンテスト 最優秀賞 & Audience賞のダブル受賞 2018年7月
・Plug and Play EXPO AWARD & Winnerのダブル受賞 2018年9月
・Tech in Asia Tokyo 優秀賞 2018年9月
・世界コンペティション技術特別賞 2018年11月
・JXTGグループアクセラレーター優秀賞 2018年12月
・経済産業省 IoT推進ラボ 準グランプリ 2019年2月
・Challenge IoT AWARD ビジネスモデル発見&発表会2018全国大会 ビジネス大賞、テレコムサービス協会会長賞 2019年3月

■顧問
出井 伸之
クオンタムリープ株式会社 代表取締役 ファウンダー&CEO 元SONY会長兼最高経営責任者
武藤 佳恭
慶応大学 湘南藤沢キャンパス 環境情報学部 教授 工学博士

■本プレスリリースに関するお問い合わせ
ノバルス株式会社 PR担当
E-mail:info@novars.jp
Tel:03-4405-8866
Fax:03-5210-3240

IoTBASE株式会社について
■会社概要
社名  :IoTBASE株式会社
本社住所:東京都豊島区南池袋2-35-10 レインボービル5F
代表者 :代表取締役 澤和 寛昌
事業内容:IT・IoTシステムの企画・開発・提供及びコンサルティング
HP :https://iotbase.co.jp
サービスページ:https://smart-denchi.jp

株式会社ビックカメラについて
■会社概要
社名:株式会社ビックカメラ
本社住所:東京都豊島区高田3-23-23
代表者:宮嶋 宏幸
HP:https://www.biccamera.co.jp/bicgroup/index.html
事業内容:カメラ、ビジュアル製品、オーディオ製品、パソコン、OA 機器、携帯電話、 家電製品、時計、ゲーム、メガネ・コンタクト、医薬品、玩具、スポーツ用品、 寝具、酒類等の販売
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会