医療・医薬・福祉 美容・健康

新型コロナ拡大後、9月の薄毛・抜け毛相談件数が168%(※7月比)に急増“コロナ抜け毛相談窓口”を開設

Dクリニック ウィメンズ
2020年10月1日(木)よりWEBにて受付開始

女性専門頭髪医療を提供するDクリニック東京ウィメンズ(場所:東京都千代田区 院長:浜中聡子)は、2020年10月1日(木)より、Dクリニック東京ウィメンズHP内に、新サービス“コロナ抜け毛相談窓口”を開設いたします。 コロナ抜け毛相談窓口(URL:https://www.womenshealth-tokyo.com/contact/#anchor_internet)



■“コロナ抜け毛相談窓口”開設の経緯
Dクリニック東京ウィメンズでは、今年8月、9月の相談件数が非常に伸びており、8月は142%、9月は168%(※7月比)に増加いたしました。7月以降問い合わせを頂いた方の中には、普段あまり薄毛や抜け毛に悩むことのない20代の方まで年代問わず含んでいるのが特徴です。主な悩みとして、年齢によるお悩みではなく、「コロナ禍におけるストレス・生活習慣の変化による抜け毛」を挙げる方が多く見られました。
これらのことを背景にいまだ新型コロナ流行の影響で外出をしづらい方、クリニックに通うほどではないが髪の毛の変化に不安を感じている皆様のために、気軽に髪の毛のお悩みを相談できる窓口を開設する運びとなりました。

■コロナ抜け毛とは
コロナ禍の環境変化によるストレスが原因で、抜け毛が進行してしまうことを指します。外出自粛により在宅期間が長くなったことによる、運動不足や生活習慣の乱れも原因として考えられます。
また、コロナ後遺症としての抜け毛も挙げられます。詳しいメカニズムは解明されていませんが、一般的に病気にかかると免疫力低下・炎症反応が起こり、髪の毛に栄養が届きにくくなり、抜け毛に繋がります。その他に、病気になったストレス・ショックでの抜け毛の進行も考えられます。

■コロナ抜け毛の対処法は
生活習慣をコロナ禍の前に戻すことが一番大事で、理想は以前の生活習慣よりも一層心身ともに健康になるよう改善することです。 運動習慣や入浴習慣を取り入れ、メリハリのある生活を心がけるようにしましょう。
また、コロナ後遺症としての抜け毛は、まずは病気の治療に専念し、全身状態をもとに戻すことが大切です。抜け毛が進行し薄毛が気になる場合、クリニックにて通常の薬処方で治療、もしくは体が弱い場合は別途考慮する場合もあります。気になる場合は、クリニックの医師に一度相談することをおすすめします。

■コロナ抜け毛相談窓口 概要
設置クリニック:Dクリニック東京ウィメンズ
相談方法 :専用WEBフォーム(https://www.womenshealth-tokyo.com/contact/#anchor_internet
受付時間 :24時間対応 ※返信には3営業日程度頂くこともございます
費用 :無料

◇Dクリニック東京ウィメンズについて
女性の薄毛治療専門クリニックとして、薄毛・抜け毛など髪に関するお悩みはもちろん、その他女性特有のお悩みに関する治療を行っています。女性頭髪専門外来では、長年の薄毛治療で培った実績を元に、薄毛の根本的な原因を把握し、患者様一人ひとりの症状に合わせた治療を行っています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)