美容・健康 広告・マーケティング

運動不足を解消!筋トレに励むTwitterユーザーのトレンドを調査

株式会社CINC
「隙間」「縦線」をつくる「筋トレ女子」が増加!

株式会社CINC(シンク、以下CINC)は、自社で開発・提供するSNSの調査・分析・プラニングツール「Keywordmap for SNS」を活用し、「筋トレ」に関係の深いTwitterユーザーの最新トレンドを調査しました。



新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大を受け、長期にわたる自粛生活が続いた昨今、多くの人々の間で運動不足による体力の低下が問題視されています。3月~8月の半年間で「運動不足」が含まれたツイート数は200万以上に上り、多数のTwitterユーザーが体力の低下を気にかけていることがわかります。

そんな中、「宅トレ」「オンライン筋トレ」といった新語が生まれるなど、運動不足の解消を目的に広く実践されたのが、自宅での筋力トレーニング(筋トレ)です。また、近年では心身のコンディションを整えるために筋トレを日課とするビジネスパーソンも多く、豊かなライフスタイルを保つ手法の一つとして、筋トレは幅広い層に浸透し始めています。コロナ禍を契機に、今後も「健康的な生活習慣を維持したい」「理想の体型になって自信を得たい」という方々を中心として、ますます筋トレのニーズが高まることが予想されます。


2020年3月~8月にTwitterで投稿された「筋トレ」が含まれるツイート数の推移。2020年3月時点では約120万ツイートだったが、緊急事態宣言が発令された4月には186万、ピーク期の5月には215万以上に上り、6月以降のツイート数も150万を超える。
※keywordmap for SNS「Twitter投稿一覧」機能を使用

CINCはこうした状況をふまえ、自社ツール「Keywordmap for SNS」を用いて今年3月~8月の半年間のTwitter投稿を分析し、筋トレに関するトレンドの動向を調査しました。調査期間内に、Twitterユーザーの間で特に話題に上ったトレンドワードをご報告します。

◆「下半身」を気にする「筋トレ女子」多数
まずは大きなトレンドをつかむべく、ツイート数が急上昇した5月の期間に「筋トレ」を含む投稿内のキーフレーズを調査しました。以下の図は、「筋トレ」を含む全ツイートの中で、よくつぶやかれているキーフレーズをまとめたチャートです。縦軸がエンゲージメント数(※1)、横軸がツイート数を表し、上・右に進むほど数値が高くなります。
(※1):いいね、リツイート 、返信、フォロー、プロフィールや画像のクリック数 などの総数を表し、投稿に対するユーザーの関心の高さを示す数値


2020年5月の「筋トレ」が含まれるツイートを調査し、キーフレーズを選定
※keywordmap for SNS「全量ツイート調査」機能を使用


特にエンゲージメント数の高い語句として、「女子」「下半身」を確認できました。このことから、「筋トレ」と「女子」「下半身」に関係するツイートが話題になったことが伺えます。
加えて、分析対象を女性のアカウントに絞り、3月~8月の期間の「筋トレ」が含まれるツイート数を調査しました。その結果、女性のアカウントによる「筋トレ」を含む投稿は、3月時点の28万5000ツイートに対し、5月には62万6000ツイートまで上昇。6月以降も50万件を超えるツイートが投稿されています。


2020年3月~8月に女性のTwitterアカウントから投稿された「筋トレ」が含まれるツイート数の推移
※keywordmap for SNS「Twitter投稿一覧」機能を使用

また、「筋トレ」を含んだ女性アカウントによる投稿は、3月時点では全体のツイート数の23.6%でしたが、8月には32.9%まで伸長。女性アカウントによる投稿の構成比も高まっていることがわかりました。

左)2020年3月の「筋トレ」を含む男性・女性・その他の構成比
右)2020年8月の「筋トレ」を含む男性・女性・その他の構成比
※keywordmap for SNS「デモグラフィック」機能を使用

以上のことから、自粛生活においてトレーニングに励む「筋トレ女子」が増加傾向にあることが伺えます。

「筋トレ女子」という語句は緊急事態宣言下の5月に2万5000件を超えるツイートがあり、8月には約4万3000件まで急上昇しています。筋トレに励む女性の投稿で使われたほか、インフルエンサーの投稿を中心に拡散されたことがツイート数を大きく伸ばした背景として考えられます。


2020年3月~8月にTwitterで投稿された「筋トレ女子」が含まれるツイートの推移
※keywordmap for SNS「Twitter投稿一覧」機能を使用

◆「隙間」「縦線」づくりに励む筋トレ実践者。次のトレンドは「デッドバグ」!?
続いて、「筋トレ」と関連の深い語句、新語を調査しました。中でも多く確認できたのは、ボディメイクに関する言葉です。

2020年3月~8月にTwitterで投稿された「筋トレ」が含まれるツイートに関連の深いキーフレーズ
※keywordmap for SNS「新語抽出」機能を使用

「隙間作り」
筋トレに関連するキーフレーズとして、「隙間作り」が多く出現しています。「隙間作り」とは、太ももの間に隙間をつくるトレーニングを指す語句です。ほっそりとスリムな太ももを目指す女性のアカウントを中心につぶやかれています。「脚やせ」や「細もも」などの語句も多くつぶやかれ、下半身のシェイプアップに励む女性が多くいることが伺えます。

「縦線」
縦線とは、腹筋のトレーニングによって腹部に生まれる縦のラインを指し、いわゆる「腹筋が割れた」状態を表します。「筋トレ」に関連する語句として、ツイート内で多数確認できました。また、「筋トレ 縦線」が含まれるツイート数は3月~8月で3万を超えます。女性のアカウントからも多く投稿されており、ツイートでは、筋トレによって腹部に生まれた美しい縦線や、縦線をつくるためのトレーニングの様子などがシェアされています。

「デッドバグ」
デッドバグとは、体幹を鍛えるトレーニングの一つです。仰向けに寝転んだ体制で、腹筋やお尻、太ももに負荷をかけられる筋トレで、3月~8月の半年間で2万4000件以上のツイートが確認されました。体幹トレーニングとしてよく知られる「プランク」に次ぐ注目のトレーニングとして、筋トレ実践者の間で一層取り入れられていくことが予想されます。

本調査により、長期間の自粛生活を経て、幅広い層の人々が筋トレを実践していることがわかりました。アフターコロナの新しい生活様式を考慮すると、今後も健康増進や美しいボディメイクづくりを目的に、筋トレ支持者は増加していくと考えられます。

現在Twitterユーザーの数は4500万人以上に上り、ツイートが拡散されることで新しいトレンドが次々と生まれています。ビジネスにおいては、Twitterを起点に発生するトレンドを素早く捉え、顧客のニーズを正確に分析し、事業に反映することが重要と言えます。
マーケティングソリューションを提供するCINCはこうしたTwitterの特徴をふまえ、「Keywordmap for SNS」の開発・提供を通じて新しいトレンドを予測し、クライアントに核心をついた施策を提供しています。
CINCはこれからも、自社ツールが有するビッグデータの解析を通じて時代の変化を読み取り、革新的なサービスを提供してまいります。


【調査概要】
調査期間:2020年3月1日~8月31日
総分析ツイート数:1948万6220ツイート
調査に使用したツール:Keywordmap for SNS

〈ご参考〉
【Keywordmap for SNSについて】
Twitter上のデータを収集し、特定のキーワードやハッシュタグ(#)に関連するデータを、短時間で多種多様な形式で集計、分析することができます。
URL:https://keywordmap.jp/sns/

【Keywordmapについて】
集客戦略やサービス改善を実現するための調査分析ツールです。2016年のリリース後、戦略系コンサルティングファーム、デジタルマーケティングエージェンシー、サービス提供企業、メディア運営者まで、幅広くご活用いただいています。
URL:https://keywordmap.jp/

<ツールに関するお問い合わせ先>
株式会社CINC
担当:玉井
TEL:03-6822-3602
MAIL:km_cs@cinc-j.co.jp

<会社概要>
会社名:株式会社CINC(シンク)
代表者:代表取締役社長 石松友典
設立:2014年4月
本社:東京都港区赤坂1-9-13三会堂ビル7階
事業内容:
(1)ソリューション事業
(2)アナリティクス事業
(3)コンテンツ事業
(4)キャリア支援事業
会社ホームページ: https://www.cinc-j.co.jp
Facebookページ: https://www.facebook.com/cinc.jp/
採用情報: https://www.cinc-j.co.jp/recruit/
運営メディア「Marketing Native」: https://marketingnative.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)