美容・健康

マレーシア発スパ&スキンケアブランドTANAMERA(タナメラ)日本上陸

株式会社ビヨンクール
大自然の恵みを受けたトロピカルハーブと100%天然素材成分


株式会社ビヨンクール(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:荒井正敏)は、国内総輸入代理店として、マレーシア発スパ&スキンケアブランド【TANAMERA(タナメラ)】の取扱いをスタートする。

タナメラは、創始者ファティマ氏が開発したスパ製品・製法・思いとこだわりを受け継いだ、彼女の子供達により2000年に創設されたブランドだ。アレルギーの原因となりやすい、人口着色料、香料、保存料、石油系成分、有害化学物質、化学防腐剤を一切使用せず、マレーシアの熱帯雨林がもたらす「赤い土壌」によって育まれた豊かなトロピカルハーブを主原料に、100%天然素材を成分としている。大自然の恵みを受けたハーブ等を丹念に配合した製品は人の体に優しく、製品の容器や梱包にはリサイクル可能素材を採用するなど、エコフレンドリーブランドとして環境への配慮も徹底されている。


現在、本国マレーシアにてハラル認証取得、イギリスのベジタリアン認証取得、そしてパッケージにおいては日本にてグッドデザイン賞を受賞し、薬草・ハーブ・フルーツを使った伝統的な美容法や治療法を本格的に確立したスパ&スキンケアブランドとして知られ、ドイツやアメリカ、オーストラリアなど世界18カ国で取り扱われているグローバルブランドへと成長し、2020年10月1日(金)より日本上陸。同日より、ボディケア、フェイスケア、ヘアケア、キッズ、その他雑貨などの商品ラインナップで、タナメラ公式オンラインストア( https://tanamera.jp/ )及びいまラボオンラインストア( https://ima-lab.jp/ )での発売を開始する。


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)