ビジネス・コンサルティング 美容・健康

株式会社ハピネスプラネットと提携開始 「ハピネスキャピタル産業」のエコシステム構築を加速

SUNDRED 株式会社
ハピネスキャピタル共創会を設立、10月7日にワークショップ開催

100個の新産業の共創を目指す「新産業アクセラレーター」SUNDRED株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:留目 真伸、以下:SUNDRED)は、推進中の「ハピネスキャピタル産業」のエコシステム構築を加速させる目的で、株式会社ハピネスプラネット(東京都国分寺市・代表取締役CEO 矢野 和男、以下:ハピネスプラネット)と提携を開始します。ハピネスプラネットはハピネスキャピタル産業の「トリガー事業」として、エコシステム構築の中心的な役割を担います。また、SUNDREDはこれに合わせて「ハピネスキャピタル共創会」を設立。10月7日には一般参加者も参加可能な「ハピネスキャピタル産業」ワークショップを開催します。




■ハピネスキャピタル産業とは
ハピネスキャピタル産業とは、全ての人が自分らしく前を向いて幸せに生きていくために、人の幸福度の測定方法を一般化し、人の幸せを最大化するための考え方と仕組みをあらゆる産業・事業に取り入れ、新たな発展の方向性を明らかにしていくプロジェクトです。最先端の「幸せ」の科学に基づき、その本質、測定方法、指標、最大化の方法について検討します。これにより、全ての産業・事業がどのように「幸せ」を優先するモデルにトランスフォーメーションしていくべきか、アイデアを拡張・共有し、実現のための仕組み(エコシステム)創りを行っていきます。

ハピネスキャピタル産業:
https://www.industry-up.com/03-happiness-capital/

■トリガー事業・ハピネスプラネットのご紹介
ハピネスプラネットは2020年7月に設立された新会社です。日立製作所で長年独自開発してきた幸福度計測技術を事業化してwith/afterコロナ時代の企業のマネジメント支援などに活用するとともに、計測した幸福度を多様な場面で活用して、新たなハピネス&ウエルビーイング産業を創生することを目的に創業されました。SUNDREDは2019年より「ハピネスキャピタル産業」の構想を打ち出しており、ハピネスプラネットの矢野CEOと「新しい時代の幸せの尺度」とその社会実装ついて議論を重ねてきました。その結果、「ハピネスキャピタル産業」のエコシステム構築を進めるためのトリガー事業としてハピネスプラネットを位置づけ、相互に協力し合うことが決定しました。

■ハピネスキャピタル共創会について
ハピネスキャピタル共創会では、全ての産業・事業において幸福度を優先したモデルにトランスフォーメーションしていくためのエコシステムの構築と、幸福度を向上させるためのサービスの共創を行います。「共創会」は新産業を共創するためのステークホルダーが参加し、オープンかつフラットな対話を通じてエコシステム作りや事業開発を行う実践コミュニティです。イベント、ワークショップ、ダイアローグなど様々なアクティビティを通して、産業創りの目的とエコシステム仮説を構築し、実証を行いながら新産業共創を実現します。
共創会では昨年7月の新産業共創スタジオのローンチ以降、約10個のプロジェクトの実践を通じて開発・実証を行ってきた「新産業共創プロセス」をベースにエコシステム構築を進めます。Phase1では目的共創、チーム組成、エコシステム仮説の共創を行い、Phase2において参加する各社の事業機会の特定、事業開発、エコシステム構築の加速を進めます。共創会の特徴としては、目的志向で行動する社会人「インタープレナー」同士のオープンかつフラットな対話によるアイディエーションと仲間づくり、プラットフォーム型事業とアプリケーション型事業がバランス良く発展していくエコシステムのデザイン、それを駆動させていくための事業創出などがあります。

■ワークショップのご案内
「幸せ」の科学について理解し、新しいパラダイムに向けて全ての産業・事業を「ハピネス優先モデル」に変えるためのアイデアを参加者間で拡張・共有するワークショップを開催します。

日時 :2020年10月7日(水)16:00 - 19:00
場所 :オンライン( Zoomを使用します )
定員 :60名
参加費 :無料
申込期限 :イベント当日開催30分前まで申し込みを受け付けます。
申込先 :Peatix
申込先URL:https://sundred-workshop-01.peatix.com/
※Zoomの接続リンクは当日メールにて共有致します。

■ハピネスプラネット・矢野CEOのコメント
GDPやP/Lなどの財務指標を目的とした社会は、効率性だけを機械的に人に求める社会になります。今必要なのは、生きがいや利他を求める存在として人を捉え、変化に前向きに立ち向かう人の力を引き出す社会です。データとテクノロジーの力で、今「幸せの計測」という新たな道が開きました。既存のサービスやプロダクトは、幸せの計測と掛け合わせることで全く新しいものに生まれ変わります。

■SUNDREDの新産業共創プロジェクト
SUNDREDでは昨年7月新産業共創スタジオのローンチ以来、「ユビキタスヘルスケア産業」「フィッシュファーム産業」「ハピネスキャピタル産業」等の約10個の新産業プロジェクトを推進中です。社会起点の目的を多様な社会人との対話の中から共創し、駆動目標となるエコシステム仮説に落とし込み、エコシステム構築の中核となる事業(トリガー事業)を創出し成長を加速していくことで、エコシステム構築を進めていきます。アカデミアの知見とプロジェクトの実践を融合させた「新産業共創プロセス」「新産業テーマ創出フレームワーク(HASEモデル)」、目的志向で行動する社会人「インタープレナー」のネットワークを通じて、新しいパラダイムに求められる新産業の創出・開発を加速しています。

■会社紹介
企業名:SUNDRED株式会社
設立 :2017年3月設立 ※「新産業共創スタジオ」は2019年7月1日より正式稼働
代表者:留目 真伸
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー
概要 :100個の新産業の共創を目指す「新産業アクセラレーター」。「新産業共創スタジオ」を運営し、エコシステムのデザインを起点に成長領域にリソースを集約し、新産業を共創していく 。
URL :https://sundred.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)