医療・医薬・福祉 その他

【京進グループ】 ミャンマー社会福祉省との共同事業として介護研修センターの寄贈を決定

株式会社京進
日本とミャンマー、両国の介護環境向上に貢献する拠点に!

株式会社京進(京都市)は、グループ関連会社「Kyoshin JETC CO.,LTD.(ミャンマー・ヤンゴン市)」を通じて、高齢者介護の研修センター「Myanmar Kyoshin Elderly Care HRD Center(仮称)」をミャンマーに寄贈することが決定しました(2020年12月より着工予定)。今回の寄贈は、ミャンマーにおける高齢者介護の人材開発とその発展を目的に2017年より進められている、京進とミャンマー社会福祉省の共同事業の更なる拡大のための増設として決定。ミャンマーにおける介護人材の育成、及び日本語教育を行う研修センターとして2021年開設予定です。


 株式会社京進(京都市)は、グループ関連会社「Kyoshin JETC Co.,Ltd.(ミャンマー・ヤンゴン市、以下、京進JETC)」を通じて、高齢者介護の研修センター「Myanmar Kyoshin Elderly Care HRD Center(仮称)」をミャンマーに寄贈することが決定しました(2020年12月より着工予定)。


 

センター完成イメージ図
 今回の寄贈は、ミャンマーにおける高齢者介護の人材開発とその発展を目的に2017年より進められている、京進とミャンマー社会福祉省との共同事業の更なる拡大のための増設として決定されました。開設される介護研修センターは当面、これまでも現地で介護や日本語教育を行ってきた京進JETCが運営し、介護技能実習・特定技能を念頭に置いた研修やプログラムを実施していきます。京進JETCからは、これまでにも100人以上の介護分野の技能実習生や留学生が育っています。

現在は、外国人介護人材の受け入れを検討している日本の機関と現地を結んでのオンライン交流会などを通じ、介護研修センター開設後の更なる発展のための準備をしています。




 京進は1999年より20年以上、ミャンマーのマンダレーの国立ろう学校へ、教材や施設・教育プログラムなど数多くの寄付を続けてきており、福祉分野においてミャンマー政府と強い関係を築いています。日本の技能実習制度に介護職種が加わったことで、高齢者介護という仕事への関心がミャンマーでは高まっています。親日感情が強いミャンマー人には、勤勉で目上やお年寄りを大切にする国民性もあり、日本の文化や考えと共通する点があることからも、将来的により人的交流が活発になることが予想されます。

 京進は、本センターを、日本の人材不足を補うということだけではなく、ミャンマーで優秀な介護人材を育てることを通して、両国の介護環境向上に貢献する拠点にしたいと考えています。

 京進グループは、今後も、人の一生を支援する事業で貢献することを目指してまいります。


【施設概要】
■名称:Myanmar Kyoshin Elderly Care HRD Center(仮称)
■建設予定地:ヤンゴン市マヤンゴン群区ガバエロード64番(市のほぼ中心地、社会福祉省の敷地内)
■時期:2020年12月着工 2021年開設(予定)
■事業内容:ミャンマーにおける介護人材の育成、及び日本語教育
■運営:Kyoshin JETC Co.,Ltd.


〔運営会社〕
Kyoshin JETC co.,Ltd
設立:2014年11月
代表取締役社長:タンシンナイン
主な事業内容:日本語学校の運営 [Kyoshin Language Academy Yangon]
1.)ミャンマー国内の学生対象の日本語教育
2.)日系企業への日本語研修・技能実習生への日本語教育など


京進 国際人材交流事業部の取り組み https://www.kyoshin.co.jp/human/






<参考>
京進とミャンマーのこれまでの歩み https://www.kyoshin.co.jp/group/effort/myanmar/




<支援の歴史>






                                                以上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)