美容・健康

『ヨガアーサナの王様』ヘッドスタンドを習得してテレワークの気分転換に!ピラティス・ヨガ専門のzen placeアカデミーが米国最大級資格・ヨガワークスのアーサナを紐解く特別ワークショップを開催

株式会社ZEN PLACE
豊かなライフスタイルとウェルビーイングの創造を目指し、全国に約100店舗ヨガ・ピラティスの専門スタジオ「zen place」を運営するZEN PLACE(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:尾崎成彦)は、学びの場を提供する「zen place academy」にて、2020年10月2日より全3回に渡り、YogaWorks認定講師兼zen place yogaトップインストラクターのKen(根本健一)による特別ワークショップ「ヨガワークスのアーサナを紐解いてみよう!」を開催いたします。




全米ヨガアライアンス認定・米国最大級「YogaWorks」認定講師Kenによる特別イベント!

本ワークショップでは、ヨガインストラクターの資格取得を検討している方に向け、米国最大級のヨガ資格団体「YogaWorks(ヨガワークス)」の200時間養成コーストレーナーを務めるKenが、ヨガの伝統を尊重するYogaWorksメソッドを紐解きながら、ヨガのアーサナ(ポーズ)を深めるためのポイントをご紹介します。

苦手とする方の多い立位のバランスポーズや、『アーサナの王様』とも呼ばれるヘッドスタンドに特化したクラスもご用意。「ヨガの哲学をもっと深めたい」「苦手なアーサナ(ポーズ)がある」「ヨガインストラクターになりたい!」等、ヨガを愛する方は勿論、ヨガ初心者の方も大歓迎の講座です。

逆転のポーズはテレワークの頭の切り替えにオススメ!今だからこそマスターしたい『ヨガアーサナの王様』

新型コロナ禍における自宅でのテレワークにおいて、通勤時間がないことで「お家モード」から「仕事モード」への切り替えに苦労している方も、多いのではないでしょうか。
そんな時におすすめなのが、『逆転のポーズ』。頭と足の位置が普段と逆になる「逆転」のポーズでは、脳への血流が促進されて脳機能にプラスの効果を発揮する他、通常時と重力ストレスが逆になるため、蠕動運動が促進され、消化器系の働きを助けたり、ホルモンの分泌を促す効果も期待できます。見える世界が逆になることで、エネルギーの移行や気分転換に最適!

本コースの最終回にあたる第三回では、「初めてのヘッドスタンド」と題し、逆転のポーズの代表格ともいえる「Sirsasana(シルシャーサナ)」の習得を目指し、プラクティスを行います。高い集中力とバランス感覚を要するため苦手とする方が多いヘッドスタンドですが、身体だけでなく脳や神経系に素晴らしい効果があるので、コロナ禍の続く今だからこそ是非、一緒にチャレンジしましょう!

アンチエイジング効果も!ヘッドスタンド「Sirsasana(シルシャーサナ)」とは



サンスクリット語で「Sirsa」は「頭」のこと。頭頂を刺激することでたくさんの神経系を刺激するため、逆転のポーズは全身の活性化をする効果があります。頭と足の位置が普段と逆になる「逆転」のポーズでは、通常時重力ストレスが逆になることで、様々な効果が期待できます。

頭が一番下になることで脳への血流還流を増やす逆転のポーズは、脳機能にも良い影響があるとされており、仕事や家事の合間のリフレッシュにもおすすめです。


◇ヘッドスタンド「Sirsasana(シルシャーサナ)」の効果◇


神経系を刺激し、疲労回復、リフレッシュ!
リンパ液の流れを良くし、血行を促進、むくみを防ぐ
重力ストレスが逆になり蠕動運動が促され、消化器系、呼吸器系、排泄器系の働きが良くなる
内分泌系(ホルモンバランス)を正常に機能させる
体幹、二の腕・肩の強化、肩こりの解消
バランス感覚、集中力アップ
マインドフルネス効果
頭皮の血流を促進し、眼精疲労を改善、肌質・髪質を良くする


<ワークショップ詳細>

日程:
1.2020年10月2日(金) 10:00~11:30 「ヨガワークスのクラスを分解する」
2.2020年10月9日(金) 10:00~11:30 「押さえておきたい立位の基本」
3.2020年10月6日(金) 10:00~11:30 「初めてのヘッドスタンド」

料金:
1回参加:3000円(税込み)
3回セット:8000円(税込み) \1000円お得/

お申込み方法:
下記URLにアクセスし、お申込みください。(サイトのご利用が初めての方は、会員登録が必要です)
https://www.bodymindspiritresearchlab.com/workshops/388

<講座内容のご紹介>

1.10月02日(金)【ヨガワークスのクラスを分解する】

ヨガワークスのクラスを分解しメソッドを理解することで、今後レッスン受講がより楽しく、効果の高いものになります!普段インストラクターがどんなことを思ってレッスンをしているのか知ることができるチャンスです。

2.10月09日(金)【押さえておきたい立位の基本】

立位(立って行うポーズ)の基本をレクチャー致します。
20日間あるティーチャートレーニングの前半では立位のポーズを重点的に学びます。立位の基本を学ぶことで安定感のある体を作り、チャレンジポーズにも挑戦しやすくなります。

3.10月16日(金)10:00~11:30 初めてのヘッドスタンド

苦手とする方の多い、ヘッドスタンド(頭立ちのポーズ)にチャレンジです♪
コツさえつかめば簡単に「足がふわっと浮く感覚」が体感できます!一緒にプラクティスして探求しましょう。

<講師プロフィール>



Ken(根本健一)
1979年8月24日、二人兄妹の長男として栃木県足利市に生まれる。
日本大学大学院を卒業後、日本大学付属明誠高校音楽講師、劇団四季ミュージカル俳優を経てヨガインストラクターに転身。在団中は『オペラ座の怪人』『エビータ』『ウィキッド』『人間になりたがった猫』などに出演。そこでマイケルジャクソンのバックダンサーを務めていたユーコ・スミダ・ジャクソン氏に生まれて初めてヨガを習う。ヨガをすると呼吸が深くなって発声しやすくなるだけでなく、心も軽やかになり自分のパフォーマンス能力が上がっていることに驚く。その経験がきっかけで、ヨガの持つ心身の効果に興味が湧き、本格的にヨガを勉強しはじめる。アイアンガーヨガ、アシュタンガヨガ、クリシュナマチャリアのヨガ、クンダリーニヨガ、シュリダイヴァヨガ、陰ヨガ、沖ヨガ、アウェイクニング、フランクリンメソッド、アレクサンダーテクニーク、養生気功、ピラティス、ヤムナボディローリング、ヴィパッサナー瞑想、マインドフルネス瞑想、超越瞑想など様々なボディーワークや瞑想を学ぶ。
現在はChad Hamrinに師事し、これまでにRomy Phillips、Caitlin Casella、Jennie Cohen、David Kim、Greville Henwood、John Gaydos、Jeanne Heileman、Joan Hyman、Carolona Goldberg(YogaWorks)の諸氏からヨガ指導法を学んできた。その他、Lisa Wolford(アイアンガーヨガ)、Chak Miller(アシュタンガヨガ)、Vivi Letsou(アバーヤヨガ)、Basil Kritzer(アレクサンダーテク二ーク)、龍村修(沖ヨガ)、シュミッツ千栄子(シュミッツ式完全呼吸法)、竹田佳子(笑いヨガ)、田邉和子(養生気功)、地橋秀雄(ヴィパッサナー瞑想)、矢野善一郎(内観法)、木村慧心(ヨガセラピー)、山下良道(マインドフルネス瞑想)など、第一線で活躍している諸氏の勉強会に参加し研鑽を積んでいる。

【資格】
・YogaWorks認定講師(200時間養成コーストレーナー)
・YBR(R)ヤムナボディーローリング(R)プラクティショナー
・YogaWorks TeacherTraining200時間修了 指導者 Romy Phillips(全米ヨガアライアンス RYT200)
・YogaWorks TeacherTraining300時間修了 指導者 Caitlin Casella、Jennie Cohen、David Kim(全米ヨガアライアンス RYT500)
・GroovyKidsYoga TeacherTraining修了 指導者 Greville Henwood
・YBR(R)資格トレーニング修了 指導者 鈴木智

<YogaWorks(ヨガワークス)とは?>

ヨガワークスは、ヨガの世界基準となっている全米アライアンス認定を発行しているヨガ団体です。ヨガワークスヨガは、アシュタンガヨガ界の巨頭とアイアンガーヨガのシニア講師たちにより、それぞれのヨガの伝統に則って作り上げられていると同時に、講師たちの長年の経験を取り入れて今も進化し続けています。インドの伝統を西洋的な解釈に基づき、私たち現代人にとってクリアに理解が深まる様に出来ているのが特徴です。



豊かな「こころ」と人生のウェルビーイングを創るピラティス・ヨガという「マインドフル・ムーブメント」

zen placeのマインドフルムーブメント(ピラティス、ヨガ)は、身体だけでなく、「こころ」を豊かにしていくためのエクササイズです。

「こころ」とは、頭に浮かぶ考えや身体の出る反応のこと。この特性が極端な方向に向かってしまうと、うつ病や不安神経症、動悸などの病気になってしまうこともありますが、脳の中に浮かぶ考えや身体の反応を良い方向にしていくことで、”感謝”という考えが浮かびやすい、穏やかでおおらかな脳の状態、豊かな人生を感じやすい脳の状態でいることができます。
そしてこれは、脳の状態であると同時に身体の状態であり、脳と身体中をつなぐ、神経回路の状態のことを指します。「こころ」の状態をよくしていくためには、脳の状態・脳の反応パターン、そして身体の状態・身体の反応パターンの状態を良くしていくことが必要だと、私達は考えます。

1)脳の状態からみた「こころ」

うつ病、不安症のような病的状態の時、脳は、全面が同時に働いている状態、大脳新皮質が暴走している状態です。この状態になると、感情を司る「大脳辺縁系」や、眠りや食欲など人間の生命維持に必要な「脳幹」が機能不全を起こし、大脳辺縁系の中の感情コントロールに使われる扁桃体や、自律神経のコントロールの指令を出す視床下部が影響を受けて、感情面で多くに場合にネガティブ反応が強くなり、自律神経は変動が減りバランスを崩してしまいます。
大脳の暴走状態を止めるためには、「瞑想」をして脳の再起動をすること、そして、セロトニンという脳内ホルモンを正常に分泌させることで、常に脳に余裕がある状態を作ることが重要だと、私達は考えます。セロトニンは、リズミカルな軽めの動きと呼吸、日光にあたることで生成しやすくなるため、zen placeの「マインド・フルムーブメント」である、ピラティス・ヨガが有効だと言えるでしょう。

2)身体の反応の状態からみた「こころ」

笑顔を作ることで、自然に楽しくなってくる、という経験はありませんか。これは、身体の状態を脳が記憶しているためです。不安や恐怖によって身体がこわばってしまうことも、脳は記憶しています。
意識が脳に集中しすぎてしまう「大脳新皮質の暴走」を引き起こさないためには、瞑想をすることが有効ですが、身体に意識がある状態、身体中に張り巡らされている神経に意識が向いている状態を作ることによっても、脳はクリアになります。身体の神経系の中で最も神経が集中しているのがコア(体幹)や腸の周りで、いわゆる肚、丹田とも言われる部分です。ここに意識を集中させることが、zen placeのマインドフル・ムーブメントであるピラティス・ヨガで行っていることです。
ピラティス・ヨガでは、筋トレのように固く縮こまった筋肉をつけるのではなく、筋肉を伸ばしながら強化し、しなやかでゆるみのある身体を作ることができます。身体にゆるみができることで、脳もまた、リラックス状態に導かれるのです。

これらのことが総合的に機能することで、私たちのマインドフルムーブメント、ピラティス、ヨガが「こころ」に効果があると、私達は考えます。

***

▼zen place公式Instagramで毎日レッスン動画公開中!
まいにちゼンプレイス→https://www.instagram.com/mainichi_zenplace/

商号 :株式会社 ZEN PLACE(カブシキガイシャ ゼンプレイス)
代表者 :尾崎 成彦(オザキ ナルヒコ)
所在地 :東京都渋谷区広尾3丁目12−36ワイマッツ広尾4階
業種 :ヘルスケア
従業員数 :約700名
会社HP :https://www.zenplace.co.jp/
採用情報 :https://www.wholebodyeducator.com/
訪問看護 :https://nurse.zenplace.co.jp/
クリニック:https://clinic.zenplace.co.jp/

-----------------------------------------------------
Be One With Yourself

心と身体は一つです。
この一体となった精巧な身体、優れた身体があなたです。

私たちは、意識的に身体を動かす
マインドフル・ムーブメントの専門知識と技術を通して、
心にダイレクトにアプローチし、
美しいあなたの状態の戻します。

前向きな心、活力にあふれた、美しく健康な身体、
豊かな関係性という本来の状態を作ります。

私たちは、サイエンスとリサーチを活かし、
人々が本当の自分自身と出会える場を想像し、
社会に幸せの連鎖を広げていきます。

***
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)