医療・医薬・福祉 広告・マーケティング

世界のインフルエンザ治療市場―「2020-2030年の予測期間中に毎年3.8%のCAGRで成長すると予測」製品タイプ、インフルエンザタイプ、投与経路、流通経路、地域別:トレンド予測と成長機会

Kenneth Research
Kenneth Researchは調査レポート「世界のインフルエンザ治療市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030」2020年10月 01日に発刊しました。これは、2020-2030年の予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。 [調査レポートの詳細内容について] https://www.kennethresearch.com/report-details/global-influenza-treatment-market/10334448


レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。


インフルエンザは呼吸器系のウイルス感染症であり、感染した人は発熱、筋肉痛、鼻水、咳、うっ血、頭痛、および疲労を患います。インフルエンザウイルスには、A、B、C、Dの四種類があります。A型およびB型インフルエンザウイルスは、毎年季節性インフルエンザの大流行の主な原因となっています。タイプAウイルスはさらに二つのサブタイプに分けられ、これらはヘマグルチニン(H)とノイラミニダーゼ(N)と呼ばれる二つのウイルス表面タンパク質の違いに基づいて命名されます。C型インフルエンザの感染は軽度の呼吸器疾患を引き起こしますが、D型インフルエンザウイルスは主に牛に影響を与え、人々に疾患を引き起こしません。


世界のインフルエンザ治療市場は、2030年までに1兆3,710億米ドルに達し、インフルエンザの発生率の上昇、世界中での新薬と治療の認識と必要性の高まりにより、2020-2030年の予測期間中に毎年3.8%のCAGRで成長すると予測されます。

北米市場を活性化するための研究開発活動への強力なサポート
北米は、2020年に627.9 百万米ドルの収益を生み出し、予測期間中にインフルエンザ治療市場シェアを支配すると予想されています。学術機関への財政的および規制的支援、およびインフルエンザウイルスの突然変異を研究するための研究開発は、この地域の市場の主要な成長因子となると予測されます。これ以外にも、インフルエンザに対する意識の高まりとともに、さまざまな種類のインフルエンザの発生率が高いことも、地域市場を拡大すると予測されます。政府のイニシアチブ、可処分所得の増加、および感染の危険性についての認識の高まりは、アジア太平洋地域のインフルエンザ医薬品市場の収益を加速させると予測されます。

競争を活性化するための新しい治療法への規制支援
この市場の主要なプレーヤーはインフルエンザの新しい治療法の開発に従事しており、規制当局はその取り組みに必要なサポートを提供しています。インフルエンザ治療薬市場の分析によると、これは消費者の選択肢を広げるだけでなく、市場の可能性を高めています。

インフルエンザは急速に伝染する感染症で、感染した人の咳やくしゃみを介して広がります。Centers for Disease Control and Prevention(CDC)によると、米国では毎年、人口の平均5~20%が季節性インフルエンザウイルスに感染しており、その合併症により約36,000人が死亡しています。したがって、ワクチン接種はインフルエンザの予防のための理想的な方法として役立ちます。

様々な認可された季節性インフルエンザワクチンが市場で入手可能です。その中のいくつかは、国連の介入による購入のためにWHOによって事前認定されています。さらに、動物インフルエンザAウイルスに対する多くのワクチンが開発段階にあります。Center for Diseases Control and Prevention(CDC)によると、季節性インフルエンザウイルスは絶えず変化することが観察されており、季節性ウイルス株と戦うためのインフルエンザワクチンの改変につながります。したがって、これらの要因はインフルエンザワクチン市場のプレーヤーに毎年新しいワクチンを開発するさまざまな機会を提供すると予測されます。

世界のインフルエンザ治療市場は、製品タイプ、インフルエンザタイプ、投与経路、流通経路、地域別などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

世界のインフルエンザ治療市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

主要企業
世界のインフルエンザ治療市場における業界のリーダーはAstraZeneca Plc、BioCryst Pharmaceuticals Inc.、Biondvax、Daiichi Sankyo Company、F. Hoffmann-La Roche Ltd. (Genentech USA, Inc.)、GlaxoSmithKline Plc、Mylan N.V、Natco Pharma Limited、Novartis AG、Sanofi、Seqirus、Teva Pharmaceutical Industries Limitedなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。さらに、レポートは、主要なプレーヤーの収益、企業が提供する製品、およびいくつかの主要な財務指標に関する計算分析を提供します。また、企業の本社、設立年、従業員の総数、企業の概要、企業が取った事業戦略など、その他のいくつかの支援情報も市場のレポートに含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10326699

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)