医療・医薬・福祉 その他

【2021年 熱中症 救急搬送】患者の重症化を抑える「深部体温、ながら冷却」10/5発表!

まつうら工業
世界から集まるアスリートが安心できる応急処置の体制強化!

松浦工業株式会社(大阪市 取締役 井戸英二)は、高熱患者の搬送中の深部体温上昇を抑えるAVA血管(手のひら、頬、足の裏)3か所を同時に冷やせるグッズを救急隊・販売店に限定して10/5(月)より公開します。


新商品「アイスバッテリー(R)fresh ながら冷却アクセサリー」のイメージデザイン

最大の特長は、救急隊員が高熱搬送患者に対して「手のひら・ほっぺた・足の裏にアイスバッテリーを手軽に取り付けられる」工夫をした点です。上記3点を使う事で救急隊員は両手が自由になり、高熱搬送患者が深部体温の上昇で重症化しないよう応急処置をしながら、他の手当が可能となります。

救急搬送車に凍結状態のアイスバッテリー(R)最低6個と専用保冷バッグ「アイスバッテリー(R)クールバッグ」を常備するだけで、両手に2個、両頬に2個、両足に2個あてる形で搬送現場から病院まで運ぶ間の深部体温の上昇を抑え、重症事例を減らす局所冷却が可能となります。専用保冷バッグには約10~20個のアイスバッテリーが入り、バッグ内は平均10℃の保冷環境が約10時間作れるため、朝から晩までいつでも、どこでも、何度でも、体感15℃のAVA血管冷却が搬送患者のみならず、隊員メンバーも行える環境が整います。

消防署救急隊員によるアイスバッテリー活用のイメージはこちらのビデオでご確認いだだけます。
・2021年 全国の救急隊員へ「アイスバッテリー、ながら冷却」の紹介 約13分



2019.07.17 NHK 健康チャネル 「金のベンリ堂」超お手軽な熱中症予防法を大公開!
「首・脇の下・そけい部」を冷やしたときよりも、AVAの多い「手のひら・足の裏・頬」の3点を冷やしたときの方が1/3のスピードで深部体温を低下させる、という結果が得られました。NHK公式Web参照
https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_1018.html

救急隊員向けに紹介するアイシングとながら冷却用アクセサリーは、「AVA血管冷却に最適な体感15℃が約2時間持つ世界初の技術です。


まつうら工業は、1946年創業、一貫して「暮らし応援」商品の開発をしてきました。当社にはエリートはおりませんが、「日本の力はこんなもんじゃないんだ」という問題意識を持つ志の高い人材はおります。「手のひらを冷やすだけで、世界中の救急医療現場に希望の光を!」というテーマに可能性を感じ、弊社と一緒に汗をかき、「ながら冷却グッズ」で世界市場の開拓に挑戦してくださる企業や研究機関も募集しております。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)