美容・健康 ネットサービス・アプリ

好きな時に、好きなだけ。個別入会せずに様々なフィットネス施設に通える運動をより身近で自由にするWEBサービス“GYYM(ジーム)”正式ローンチ

GYYM株式会社
大手スポーツクラブメガロスの関東圏全店舗(38施設)との提携開始

 個別の入会金や月会費等の固定費用を支払うことなく、様々なフィットネス施設の予約・利用が可能な「1 TICKET FITNESS(ワン・チケット・フィットネス=都度利用制度)」を展開するGYYM(ジーム)株式会社(代表取締役:加川 洋平/橋本 龍也、三菱地所100%子会社)は、10月5日(月)よりWEBサービス「GYYM」を正式ローンチいたします。


 約8ヵ月間のプレローンチ期間(内、約2ヵ月間は緊急事態宣言の影響で休業)では、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で増加する、運動はしたいが月会員になるには抵抗がある人を始め、5,000人以上の会員を獲得しました。また、大手総合スポーツクラブや暗闇フィットネスを始めとした流行系のフィットネススタジオ、ホットヨガスタジオなどを中心に122施設まで提携を拡大しました。更には、CXプラットフォームのKARTEによるWEBサイト内のユーザー分析を基に、WEBサイトのUI・UXの改善を図ったことで、ユーザー数・提携施設数・予約数が増加基調にあり、今後の持続的成長が見込まれます。With/Afterコロナの環境下だからこそより求められる、「好きな時に、好きなだけ、好きな場所で通える」フィットネスの選択の自由を実現し、新しい時代のフィットネスを提供します。
 また、9月15日(火)より大手総合スポーツクラブ「メガロス」の関東圏全店舗(全38施設)との提携を開始しており、12月末まで「メガロス」の全プログラムを1,000pt(=1,000円相当)で利用できるキャンペーンを実施いたします。※一部の施設・プログラムはキャンペーン対象外です
 サービスの運営にあたっては、提携施設における感染リスクを抑える安全衛生対策、ソーシャルディスタンスを保つための利用人数制限の取り組み等について確認の上、運用を進めております。



                  ▲GYYMの利用フローイメージ図

                  ▲大手総合スポーツクラブ「メガロス」
(左:メガロス日比谷シャンテ施設写真、右上:AntiGravityFitnessプロク゛ラム写真、右下:Surf Exerciseプロク゛ラム写真)





GYYMサービスの特徴

 ジム・スタジオの施設運営者とユーザーとを繋ぐITプラットフォームを構築。「集客・収益性を高めたい」ジム等と、「自分にあったジム等を探したい」「月会費を無駄にすることなくジムを利用したい(=都度利用したい)」ユーザーのニーズをマッチング。

【ユーザー側メリット】
・ユーザーは、GYYMで「ジム等の検索」「予約」「決済」「都度利用」が可能。予約情報は、GYYMが予めジム等に共有するため、施設での入会手続き等は原則、一切不要。
・GYYMが提携するジム・フィットネスの中から、好きな時に自由に選んで利用可能。

【施設運営者側メリット】
・GYYMに施設情報や提供しているフィットネスプログラム情報を掲載し、新たなユーザー層(主にライトユーザー)へリーチすることが可能。
施設利用料金・プログラム参加料金をダイナミック・プライシングで値付けすることで、稼働率向上や収益最大化を実現。
・施設運営者は、ユーザーの利用料金の一部を送客手数料としてGYYMに支払うビジネスモデルで、施設運営者による固定費支払いは一切不要。
・オンラインフィットネスを提供する場合、「予約」「決済」システムを自ら開発することなく、GYYMを用いて手軽に運営開始可能。動画配信はZOOMのWEB会議システムを利用。



【施設運営者からのコメント】
・野村不動産ライフ&スポーツ株式会社(メガロス)ご担当者様のコメント
今回38店舗と多くの店舗の同時開始でしたが店舗担当者へのフォロー体制もしっかりしていることに加え、店舗側のオペレーションも簡単なため、スムーズに導入することができました。また、施設利用規約の同意プロセスの追加など、システム改修依頼にも迅速に対応していただきました。都心店を中心に予約数が増加しております。

・RIZAP株式会社(EXPA)ご担当者様のコメント
関東9店舗と提携させていただいておりますが、GYYMを利用することで単体で広告効率を取りづらいライトユーザーへのリーチが容易に可能で、かつアイドルタイムに絞って集客ができるのでフレキシブルな事業運営ができるようになりました。またお客様からも多くのお声をいただいており、特にキャンペーン期間中には原宿店や六本木店は開講枠が殆ど満席になるほどご好評いただいております。

【2020年10月5日時点のGYYM提携施設】



三菱地所グループの顧客ストックへのアプローチ


・ 丸の内エリアの就業者約28万人をターゲットに、丸の内エリアに設置されている「デジタルサイネージ」等を活用した広告・認知訴求。テナント企業への法人サービスの提供も視野に入れる。
・三菱地所のレジデンスクラブ会員※ 約60万世帯をターゲットに、会報誌等での利用促進、付帯サービスを導入。
・三菱地所グループの商業施設・ホテル・空港来場者数を合わせた年間約2億人の顧客接点を生かした、販促活動、インバウンド顧客に向けたサービス提供も視野に入れる。
※三菱地所のレジデンスクラブ: 三菱地所グループの住宅関連サービス情報を網羅的に提供する、顧客向け会員組織。(https://www.resiclub.com/


GYYM株式会社について




※Instagram「ぶぶことぴよよのダイエット物語」
フィットネスをより身近に感じてもらうため、InstagramのGYYMアカウントにおいて、「ぶぶことぴよよのダイエット物語」を始動しました。フィットネスに関する情報を中心に食事法や美容法等、「明日から使える知識」を、くすっと笑えるぶぶこの成長記録と共に発信していきます。

▲Instagram「ぶぶことぴよよのダイエット物語」のイメージ
※Twitter  
 GYYMの最新情報や、提携施設情報、フィットネスに関する役立ち情報等を発信していきます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)