スポーツ・アウトドア 美容・健康

誰でも、どこからでも参加可能なオンライン・ランニングイベントプラットフォームの提供を開始

ラントリップ
~第一弾は、住友生命の『Vitality Run&Walk Challenge 』、10月24日から毎月開催~

株式会社ラントリップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大森 英一郎)は、誰でも、どこからでも参加が可能なオンライン・ランニングイベントプラットフォームの提供を開始します。本プラットフォームを活用した第一弾のイベントとして、住友生命を特別協賛とした『 Vitality Run&Walk Challenge 』を10月24日(土)より毎月開催していきます。ラントリップは、本プラットフォームの提供を通じて、誰もが楽しく安全に走り続けられる社会の実現を目指していきます。



Vitality Run&Walk Challengeについて
Vitality Run&Walk Challengeは、ソーシャルディスタンスを保ちながら健康増進に取り組むことができるラン&ウォークイベントです。連携しているスマートフォンアプリやウェアラブルデバイス(※1)を利用することで、誰でも“無料”で“好きな場所”から参加することができます。また、自身のレベルに見合った種目・距離を選択することができるため、普段運動しない方にとっても、運動をはじめるきっかけや継続の機会となります。参加後は完走証が発行され、抽選でTシャツやウェアラブルデバイスなど豪華賞品も当り、従来のイベント同様の達成感を得ることができます。また健康増進型保険“住友生命「Vitality」”の会員は、本イベントで発行される完走・完歩証を提出することで「Vitality運動ポイント」を獲得いただけます。
豪華賞品が毎月当たる
開催概要
開催日:2020年10月24日(土)から毎月第4土曜日
開催時間:5時~21時(時間内で任意)
種目:ラン(5km・10km・ハーフマラソン) / ウォーク(5km・10km・15km)
主催:株式会社ラントリップ
特別協賛:住友生命保険相互会社
協賛:ガーミンジャパン株式会社
申し込み:HPより(https://vrwc.runtrip.jp/


ランニング頻度が32%増の一方で、相次ぐマラソン大会の中止
RunRepeatが発表した調査(※2)によると、全世界のランニング人口は08~18年までで49.4%増加しています。さらに、新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛が求められ、気分転換や運動不足解消の方法としてランニングを行う人は増加傾向にあり、Runtrip会員への調査によるとコロナ前と比較し人々のランニング頻度は32.0%増加しています。しかし、その一方で全国各地のマラソン大会の中止が相次いでおり、2020年秋から21年春までに予定される大会のうち約1/3の大会が中止が決まり(※3)、全国の市民ランナーにとっては、ランニングを継続するモチベーションが低下してしまうといった課題がありました。

安全安心な市民マラソンの新しい仕組み
今回ラントリップが提供するオンライン・ランニングイベントプラットフォームでは、従来のランニングイベントで発生するような人の密集を避けて、自身にあったレベルの運動機会を提供することが出来ます。全国どこでも、誰でも、スマートフォンやウェアラブルデバイスがあれば参加することができ、デジタル完走証の発行や、ランナー専用のSNSアプリでお互いの交流も可能にしているため、一人や少人数でも、従来のマラソンイベントのような”つながり”や”達成感”を得ることが出来ます。ラントリップは本プラットフォームを通じて、全国の市民ランナーが楽しく安全に走り続ける社会を実現していきます。


※1:連携しているスマートフォンアプリやウェアラブルデバイスについては、イベントページ(https://vrwc.runtrip.jp/)から詳細をご確認いただけます
※2:19年に世界陸連が主催したグローバルランニングカンファレンスで公開された調査
※3:市民マラソン大会中止の経済的損失 (関西大学)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)