その他 医療・医薬・福祉

町田市介護サービス事業所人材連携に関する協定を締結

町田市役所
~コロナ禍でも市内介護サービス体制を維持するために~

町田市内の介護サービス事業所で、新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生した場合においても、介護サービス提供体制を維持することを目的として、「町田市介護サービス事業所人材連携に関する協定」を締結します。


本協定は、町田市と町田市介護人材開発センター(※)が、市内の特別養護老人ホームまたは老人保健施設の運営法人(19法人)それぞれと、三者協定を締結するものです。

これに基づき、市内の介護サービス事業所で新型コロナウイルス感染症が発生し、介護にあたる職員が不足した場合に、協定を締結した法人から応援職員を派遣します。その際は、可能な限り近隣の法人から応援職員を派遣します。町田市及び町田市介護人材開発センターは、応援職員を円滑に派遣できるよう調整を行います。

■ 協定名称: 町田市介護サービス事業所人材連携に関する協定

■ 協定期間 : 2020年10月1日~2021年3月31日

■ 締結先
・市内特別養護老人ホーム運営法人 14法人(17施設)
・市内老人保健施設運営法人 5法人(5施設)
・一般社団法人町田市介護サービスネットワーク 町田市介護人材開発センター

■ 協定内容 : 新型コロナウイルス感染症により介護職員が不足した介護サービス事業所に対する応援職員の派遣


協定締結の様子
※ 「一般社団法人町田市介護サービスネットワーク 町田市介護人材開発センター」とは
2011年に設立した法人で、市内の介護を担う人材の確保や、介護施設で働く職員への研修、育成、就労継続支援、介護人材バンク事業を行っています。また、家族の介護をされている方への講座や、介護分野の仕事に関心のある方に向けた就職相談会をしています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)