医療・医薬・福祉

Digital Denture Start Up in Japan 2020__義歯補綴(入れ歯治療)のデジタル化新時代、特別記念オンラインセミナー開催

株式会社バイテック・グローバル・ジャパン
ついに日本におけるデジタルデンチャー(義歯・入れ歯)の臨床実用開始!<開催日:2020年11月26日(木)/ 12月13日(日)/ 12月19日(土)>

株式会社バイテック・グローバル・ジャパン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:鷲巣祐介)は、歯科医師/歯科技工士/学生/歯科関連企業の方を対象に、日本における入れ歯製作デジタル化の臨床活用のスタートを記念した、国内最大級のデジタルデンチャー(義歯・入れ歯)イベント Digital Denture Start Up in Japan 2020(以下DDSJ2020)を、2020年11月26日(木)/12月13日(日)/12月19日(土)の3日間開催いたします。



DDSJ2020では、デジタルデンチャー(入れ歯のデジタル化)の最前線でご活躍の教授陣の講演や、今回日本で初導入される3Dプリントデンチャー(義歯・入れ歯)の開発者で、アメリカ、カルフォルニア州トーランスに本社を置くDENTCA社創業者のDr.Kimによる特別講演を開催いたします。
また、3Dプリントデンチャーの実態や、お試しで臨床で使えるサービスについてもご紹介いたします。(参加特典付)
従来のデジタルデンティストリー(歯科技術のデジタル化)、例えばクラウン(かぶせもの)・ブリッジ分野におけるデジタル(CAD/CAMなど)は、どちらかと言えば技工サイドのものでした。
一方、今回の義歯のデジタル化の流れは、術者と患者側の負担軽減に繋がる要素が強いデジタルシフトだと見られています。コロナ禍、超高齢社会における義歯のデジタルシフトは、今後の義歯市場に大きな変化をもたらすのか?臨床・技工のデモンストレーション通じて、最新の技術動向や臨床活用のヒントをいち早く体感いただくことができます。

■「DDSJ2020」概要 



■セミナープログラム
デジタルデンチャーの最前線でご活躍の豪華な講師陣が登壇します。


■スピーカー陣紹介



水口 俊介 先生
東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 医歯学系専攻
老化制御学講座 高齢者歯科学分野 教授
|経歴
1983年 東京医科歯科大学歯学部歯学科 卒業
1987年 東京医科歯科大学大学院歯学研究科 修了
1989年 東京医科歯科大学歯学部高齢者歯科学講座助手
2001年 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科口腔老化制御学分野講師
2001年 ロマリンダ大学歯学部Visiting Research Professor
2005年 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科高齢者歯科学分野助教授
2008年 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科全部床義歯補綴学分野教授
2013年 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科高齢者歯科学分野教授
2020年 東京医科歯科大学歯学部附属病院長



上田 貴之 先生
東京歯科大学 老年歯科補綴学講座 主任教授
|経歴
1999年 東京歯科大学卒業
2003年 東京歯科大学大学院歯学研究科修了
2003年 東京歯科大学・助手
2007年 東京歯科大学・講師
2007年 長期海外出張(スイス連邦・ベルン大学歯学部補綴科客員教授)
2009年 東京歯科大学復職
2010年 東京歯科大学・准教授
2019年 東京歯科大学老年歯科補綴学講座・主任教授



金澤 学 先生
東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 医歯学系専攻 老化制御学講座
高齢者歯科学分野 講師
|経歴
1996年 私立浅野高等学校卒業
2002年 東京医科歯科大学歯学部卒業
2006年 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 全部床義歯補綴学分野 修了. 博士(歯学)
東京医科歯科大学 歯学部附属病院 義歯外来 医員
2008年 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 高齢者歯科学分野 助教
2013年-2014年 マギル大学 客員教授
Visiting professor Oral Health and Society, Faculty of Dentistry, McGill University
2019年 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 高齢者歯科学分野 講師



竜 正大 先生
東京歯科大学 老年歯科補綴学講座 講師
|経歴
2005年 東京歯科大学卒業
2009年 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科補綴学)修了
2009年 東京歯科大学有床義歯補綴学講座 助教
2014年 スイス連邦・バーゼル大学歯学部補綴科 客員教授
2015年 東京歯科大学老年歯科補綴学講座 助教(改組による)
2016年 東京歯科大学老年歯科補綴学講座 講師(現職)


■スペシャルゲスト



Dr. Tae Hyung Kim
|経歴
Dr. Tae Kim is Chair of Removable Prosthodontics Section in the Division of Restorative Science, Herman Ostrow School of Dentistry, University of Southern California, Los Angeles, California.
Dr. Kim is a recipient of multiple grants, patents and awards in digital removable prostheses, implant research, and biomaterials, and lectures internationally on CAD CAM dentures. Dr. Kim focuses on digital removable prostheses and education using the latest technologies.
He has authored lecture series in Removable prosthodontics and Prosthodontics Review Book at Herman Ostrow School of Dentistry of USC and is also the author of numerous clinical and research articles in CAD CAM Denture and implant dentistry.
He completed postgraduate training in Prosthodontics at Herman Ostrow School of Dentistry at USC and obtained his Doctor of Dental Science from the Seoul National University, South Korea.

■モデレーター



松田 謙一 先生
大阪大学大学院 歯学研究科 顎口腔機能再建学講座 臨床准教授
|経歴
2003年 大阪大学歯学部卒業
2007年 大阪大学大学院歯学研究科 修了 学位取得(歯学博士)
2007年 大阪大学大学院歯学部附属病院 第二補綴科 医員
2008年 公益社団法人日本補綴歯科学会 専門医取得
2009年 大阪大学大学院歯学研究科 顎口腔機能再建学講座 助教
2016年 公益社団法人日本口腔インプラント学会 専修医取得
2017年 一般社団法人日本老年歯科医学会 認定医取得
2019年 公益社団法人日本補綴歯科学会 指導医取得
2019年 大阪大学大学院歯学研究科 顎口腔機能再建学講座 臨床講師
2019年 医療法人社団ハイライフ 大阪梅田歯科医院 院長就任
2020年 大阪大学大学院歯学研究科 顎口腔機能再建学講座 臨床准教授


【企業情報】
■株式会社バイテック・グローバル・ジャパンについて
1.歯が抜けたときの新しい選択肢「コンフォートシリーズ」/2.入れ歯ケア用品の製造・企画・販売/3.高品質な入れ歯治療を提供する専門歯科医院「ハイライフグループ」を国内外で展開しています。
「入れ歯をアタリマエに」を企業理念とし、世界中の入れ歯で悩む人々へ噛める入れ歯を提供することをミッションとしています。
会社名  :株式会社バイテック・グローバル・ジャパン
所在地  :〒104-0052 東京都中央区月島二丁目14番12号 月島セントラルビル3F
代表者  :代表取締役 鷲巣 祐介
設立   :2004年2月
URL   :https://bitecglobal.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)