医療・医薬・福祉

ノボ ノルディスク ファーマ、世界糖尿病デー (11月14日) に、糖尿病患者さん向けwebセミナー「新型コロナウイルス感染症を正しく知る」を日本糖尿病協会と共催

ノボ ノルディスク ファーマ株式会社

ノボ ノルディスク ファーマ株式会社 (代表取締役社長:オーレ ムルスコウ ベック、本社:東京都千代田区) は、公益社団法人 日本糖尿病協会 (理事長:清野 裕、事務局:東京都千代田区) と共催で、世界糖尿病デーである11月14日 (土) に、糖尿病と新型コロナウイルス感染症との関係をテーマにした『世界糖尿病デー 患者さん向けwebセミナー ~新型コロナウイルス感染症を正しく知る~』を開催いたします。

新型コロナウイルス感染症においては、注意をしなければならない人として、高齢の方などとともに糖尿病患者さんが挙げられることがあります。糖尿病患者さんやそのご家族の中には、不安や恐怖を感じる方もいるかもしれませんが、大切なのは正しい情報に基づいて正しく備えることです。『世界糖尿病デー 患者さん向けwebセミナー ~新型コロナウイルス感染症を正しく知る~』では、世界各国からのコロナウイルス感染症の調査結果に基づき、糖尿病と新型コロナウイルス感染症の関係について医学的に正しい情報を提供し、正しく知っていただくとともに、患者さんご自身が新型コロナウイルスから身を守り立ち向かうため、気を付けていただきたい点をご紹介します。

世界糖尿病デーは、世界に拡がる糖尿病の脅威に対応するために1991年にIDF (国際糖尿病連合) とWHO (世界保健機関) が制定し、2006年に国連により公式に認定されました。インスリンを発見したカナダのバンティング博士に敬意を表し、博士の誕生日である11月14日を糖尿病デーとして顕彰しています。世界糖尿病デーには、世界160カ国から10億人以上が参加し、糖尿病の予防や治療継続の重要性について周知する糖尿病啓発キャンペーンが全世界で繰り広げられます。日本では、日本糖尿病学会と日本糖尿病協会が中心となって、各地で著明な建造物をブルーにライトアップして、街頭での啓発活動を実施しています。

ノボ ノルディスク ファーマは、「変革を推進し、糖尿病やその他の深刻な慢性疾患を克服する」というパーパスを達成するため、常に患者さんを中心に据えたビジネスを展開しています。新型コロナウイルス感染症が蔓延する環境下においても、患者さんを中心とした取り組みの一環として、この度、日本糖尿病協会と共催して世界糖尿病デーに本webセミナーを開催いたします。



世界糖尿病デー 糖尿病患者さん向けwebセミナー概要
■日  時: 2020年11月14日 (土) 第一回:13:00~14:00 / 第二回:18:00~19:00
■対  象: 糖尿病患者さんやご家族の方、どなたでもご参加いただけます。
■プログラム: 「今、糖尿病とともに生きる私たち ~新型コロナウイルス感染症に負けない毎日を過ごすために~」演者:日本糖尿病協会 理事/神奈川県糖尿病協会 会長 津村 和大 先生
■視聴方式: 動画共有サービス「YouTube Live」を用いたオンラインセミナー
■視聴方法: PCかスマートフォンで以下のURLまたはQRコードを読み込んでご参加ください。( https://youtu.be/gGq0gLu2zG8) ※事前の申し込みは不要です。

■質問受付: 事前にご質問を受け付けています。ご質問は11月8日 (日) までに以下URLまたはQRコードにあるアンケートフォームよりお送りください。(https://jp.surveymonkey.com/r/1114WDD)
 ※すべての回答にお答えできない可能性がありますこと、ご容赦ください。
 ※webセミナー当日の質問受付はできかねます。

■諸注意事項: 講演内容の録音、録画はご遠慮願います。

*本セミナーは、特定の製品ならびに特定の患者や糖尿病関連の治療法を紹介するものではありません。
Webセミナーの詳細はウェブサイトをご確認ください。(https://www.club-dm.jp/event/other-patients-event.html)

世界糖尿病デーについて
11月14日の世界糖尿病デーは、世界に拡がる糖尿病の脅威に対応するために1991年にIDF (国際糖尿病連合) とWHO (世界保健機関) が制定し、2006年12月20日に国連総会において「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議 (UN Resolution 61/225)」が加盟192カ国の全会一致で採択されると同時に、国連により公式に認定されました。11月14日は、インスリンを発見したカナダのバンティング博士の誕生日であり、糖尿病治療に画期的な発見に敬意を表し、この日を糖尿病デーとして顕彰しています。
世界糖尿病デーは、現在、世界160カ国から10億人以上が参加する世界でも有数な疾患啓発の日となっており、この日を中心に全世界で繰り広げられる糖尿病啓発キャンペーンは、糖尿病の予防や治療継続の重要性について市民に周知する重要な機会となっています。
世界糖尿病デーのキャンペーンには、青い丸をモチーフにした「ブルーサークル」が用いられますが、これは、糖尿病に関する国連決議が採択された翌年2007年から使われるシンボルマークです。国連やどこまでも続く空を表す「ブルー」と、団結を表す「輪」をデザインし、”Unite for Diabetes” (糖尿病との闘いのため団結せよ) というキャッチフレーズとともに、世界中で糖尿病抑制に向けたキャンペーンを推進しています。詳細は世界糖尿病デー実行委員会のウェブサイトをご覧ください。 (https://www.wddj.jp/index.html)

公益社団法人 日本糖尿病協会について
日本糖尿病協会 (英文表記:Japan Association for Diabetes Education and Care) は、糖尿病を克服し国民の健康の増進に寄与することを目的に、「糖尿病の予防と療養についての正しい知識の普及啓発」、「患者・家族と広く予備群の方々への療養支援」、「国民の糖尿病の予防と健康増進のための調査研究」、「国際糖尿病連合の一員として糖尿病の撲滅を目的とした国際交流」などの事業を行う公益社団法人です。患者さん、医師・歯科医師、コメディカルスタッフ、市民・企業などで組織されています。1961年に創立され、1987年に社団法人となり、2013年より公益社団法人となりました。 全国に会員の患者と医療スタッフで作られた約1,600の糖尿病「友の会」と、47の都道府県糖尿病協会があり、連携して上記の事業を行っています。詳細はウェブサイトをご覧ください。 (https://www.nittokyo.or.jp/)

ノボ ノルディスクについて
ノボ ノルディスクは、1923年創立のデンマークを本拠とする世界有数のヘルスケア企業です。私たちのパーパスは、変革を推進し、糖尿病および肥満症、血液系希少疾患、内分泌系希少疾患などのその他の深刻な慢性疾患を克服することです。その目的達成に向け、科学的革新を見出し、医薬品へのアクセスを拡大するとともに、病気の予防ならびに最終的には根治を目指して取り組んでいます。ノボ ノルディスクは現在80カ国に約4万3,500人の社員を擁し、製品は約170カ国で販売されています。日本法人のノボ ノルディスク ファーマ株式会社は1980年に設立されました。詳細はウェブサイトをご覧ください。(www.novonordisk.co.jp)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)