美容・健康 アパレル・ファッション

今夏の暑さの影響で快眠できていなかった方は約半数!中途覚醒は体のだるさの要因に?!

ピップ株式会社
~秋の夜長に就寝時“ながら美脚ケア”アイテムのご紹介~

着圧レッグウェア「スリムウォーク」を販売しているピップ株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:松浦由治)は、今夏の暑さに伴う女性の睡眠実態について調査しました。


【調査結果トピックス】
▶今夏の暑さの影響で体の疲れを感じている方は8割以上
▶就寝時に冷房や扇風機を朝まで使用していても、そのうちの約半数は、途中で目を覚ましており、快眠には至っていなかったことが判明。



今夏の暑さの影響で快眠できていなかった方は約半数!

最近はようやく涼しくなり、一気に秋めいてきましたが、今夏は35℃を超える猛暑日が9月に入っても続き、過酷な暑さにより体の疲れを感じている方が例年以上に多いのではないでしょうか。ピップの調査によると、この暑さの影響で、体に疲れを感じている女性は8割以上と実に高い結果が出ています<図1>。


猛暑の影響は、昼間だけに限らず、夜になっても気温が下がらず、寝苦しい日も多くあったかと思います。
そこで、20~40代女性に、今夏の睡眠実態について調査を行うと、就寝中は朝まで冷房や扇風機を継続使用している方が約6割という結果<図2>

その方々の就寝後の様子を確認すると、約半数の方が暑さや寒さが原因で、途中で目を覚ましてしまっており<図3>、夏の間は、朝まで快眠できていない方が多数いることがわかる結果となりました。


睡眠の質が低下すると、自律神経の乱れにも影響し、血流が滞り、脚の重ダルさの原因にもつながります。
また、これからの季節は、秋から冬にかけて段々と寒くなりますが、冷えなども脚の重ダルさの原因となります。
暑さが落ち着いた秋の夜長、しっかり睡眠をとりながら、就寝中に寝ながら美脚ケアできるアイテムをご紹介します。

過酷な暑さを乗り越えた、お疲れ脚をスッキリひきしめながら、快適な睡眠を目指すとともに、ながら美脚ケアを
行っていきましょう。



スリムウォーク おやすみ時にはくだけ “ながら美脚ケア”



◎美脚ロング
疲れた足裏もキュッとひきしめ翌朝スッキリ。

王道の人気アイテム!

・足裏アーチサポート設計
・ズレにくく跡のこりしにくい幅広くちゴム
・ひざ裏メッシュ編みでムレにくい
・はきごこちのよいふんわりパイル編み
・消臭繊維使用



◎美脚スーパーロング
太ももの付け根まで、翌朝スッキリ美脚。


付け根までケアしたい方にオススメ!

・ひざ上リフトケア設計
・ズレにくく跡のこりしにくい幅広くちゴム
・ひざ裏メッシュ編みでムレにくい
・はきごこちのよいふんわりパイル編み
・消臭繊維使用



◎美脚美尻スパッツ
骨盤まで包み込み下半身キュッと持ち上げ。

ヒップも気になる方にオススメ!

・ナイトヒップブラ設計でお尻のかたちをキープ
・太もも&ひざ上もスッキリ
・ひざ裏メッシュ編みでムレにくい
・消臭繊維使用



◎美脚スーパーロング Rich Care
朝までしっかりひきしめ&うるおいキープ。

脚のうるおいケアにもオススメ!

・コラーゲン配合繊維使用。肌のうるおい約30%UP ※1
・ひざ上リフトケア設計
・ズレにくく跡のこりしにくい幅広くちゴム
・ひざ裏メッシュ編みでムレにくい
・肌触りのよいリッチソフト加工
・はきごこちのよいふんわりパイル編み
・消臭繊維使用
※1 本品及び当社「美脚スーパーロング」のレッグ部生地における皮膚水分率測定による比較。被験者5名での最小値は37%。


◎スキニールームウェア
着圧×ルームウェアがこれ1枚でOK


リラックスウェアにもパジャマにもオススメ!

・リラックスウェア&パジャマの代わりとしてはける
・ストレッチ素材で動きやすい
・ほどよい引きしめ感とお腹まわりゆったり設計
・コットン混素材で肌ざわり快適
・抗菌防臭加工


【製品概要】







「SLIMWALK(R)」および「スリムウォーク(R)」はピップ株式会社の登録商標です


【一般のお客様からのお問い合わせ先】
ピップ株式会社 お客様相談室
TEL:06-6945-4427 受付時間 10:00~16:00(土日祝日を除く)※通常受付時間 10:00~17:00
ピップ製品情報ホームページ https://www.pipjapan.co.jp/products/
スリムウォークブランドサイト https://www.slimwalk.com/
公式twitterアカウント https://twitter.com/slimwalk_pip
公式Instagramアカウント https://www.instagram.com/slimwalk_pip/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)