医療・医薬・福祉

スワニーが伊那食品工業、伊那中央病院と連携し血管縫合剥離トレーニングキットを開発、丸紅情報システムズと提供開始

丸紅情報システムズ株式会社

~デジタルツールの活用と医療監修により血管の質感を忠実に再現~
~導入しやすい価格とアクセシビリティの向上、コロナ禍での研修機会確保にも貢献~

有限会社スワニー(本社:長野県伊那市、以下スワニー)は、伊那食品工業株式会社(本社:長野県伊那市、以下伊那食品工業)、伊那中央病院(長野県伊那市)との医工連携により、血管の縫合や組織の剥離などのトレーニングが可能な「血管縫合剥離トレーニングキット」を開発し、丸紅情報システムズ株式会社 (本社:東京都新宿区、以下MSYS)と販売を開始します。

この血管縫合剥離トレーニングキットは、外科医からの要望と監修を踏まえ、スワニー独自のデジタル設計と最新の工業用3Dプリント技術により開発されました。同トレーニングキットに含まれる血管モデルは実際の血管の質感にきわめて近い形で再現されているため、複雑で繊細な手技が必要とされる血管縫合のトレーニングに活用することができます。また、この血管モデルは自動縫合器にも対応しており、実際の血管切離同様のリアルな切離断端が形成されます。

医工連携により開発された「血管縫合剥離トレーニングキット」。実際の血管に近い質感を実現し、切離や剥離など細やかな術技の研修に活用できる。


更に、キットには伊那食品工業が製造した「可食性フィルム」という天然素材を原料とする薄いフィルムが同梱されています。このフィルムを少量の水で濡らした血管モデルに巻き付けることで、血管の表面の薄い被膜を再現することができ、血管周囲組織の剥離など、更に細やかな手技のトレーニングに活用することが可能になります。
血管モデルは、従来の手縫いだけでなく自動縫合器にも対応する。


また、研修機会をより多くの方々に提供するため、価格についても医療現場で導入しやすい価格を実現するとともに、売り上げの一部は医師確保および人材教育のための支援金としてスワニーから寄付されます。

開発に携わった伊那中央病院の高砂医師は以下のように述べています。
「医療に携わる研修医や医師は従来からとても多忙であり、さらにコロナ禍でトレーニングの機会が減ってしまいました。 このトレーニングキットを多くの研修医や外科専攻医、さらには実際に血管処理を必要とする高難度の手術を行う専門医に活用して頂けることを願っています。」

今後、スワニーはこの血管縫合剥離トレーニングキットと2019年4月に販売を開始した「デジタルモールド・メディカル」による臓器モデルを組み合わせ、より実際の術野に近い環境を再現したトレーニングモデルの作製を目指します。

スワニーとMSYSは、工業用3Dプリンターのユーザーと販売店として長年にわたり関係を深め、近年はデジタルモールドを活用したメディカル分野での医療モデル「デジタルモールド・メディカル」の販売や製造業向けに金型のデジタル保管とデジタルモールドでの部品生産を提供する「デジタルアーカイビングサービス」などでも協業しています。今回の発表となる血管縫合剥離モデルについても更に連携を深め、MSYSを通じて提供を開始します。

【血管縫合剥離トレーニングキットについて】
販売開始: 2020年10月12日
価格: 18,500円(税抜)
パッケージ内容:
1. 血管モデル 直径Φ10タイプ 3本(壁厚0.6mm、0.8mm、1.0mm)、可食性フィルム 3枚
2. 血管モデル 直径Φ8タイプ  3本(壁厚0.6mm、0.8mm、1.0mm)、可食性フィルム 3枚
監修・開発支援: 伊那中央病院、伊那メディカルシミュレーションセンター
開発・製造: 有限会社スワニー、伊那食品工業株式会社
販売窓口: 丸紅情報システムズ株式会社、有限会社スワニー
協力: 伊那市
問合せ先: 3dp@swany-ina.com

【スワニーについて】
長野県伊那市に本社を置く製品設計開発会社。1970年に弱電・電子機器の製造業として設立、2010年に製品設計会社として事業転換。最新の3Dプリンタと3Dモデリング技術を駆使し、製品の設計、試作、量産化を一貫してサポートする企業として数多くの実績を上げ、事業を急速に拡大。その他、行政と連携し完全地産の製造業ご当地お土産プロジェクトや商店街の空きスペースを活用した内職ワークスペースなどの事づくりプロジェクトの発案・主導も行っています。また、3Dプリント樹脂型デジタルモールドなどの新技術も生み出し展開、アイデアを迅速にカタチにできる、日本で一番頼ってもらえる設計会社を目指しています。
スワニーについての詳細は、https://www.swany-ina.com/ またはhttps://www.facebook.com/SWANY3dp/ をご覧ください。

【丸紅情報システムズについて】
丸紅情報システムズは、最先端ITを駆使した付加価値の高いソリューションやサービスを、お客様視点で提供するソリューションプロバイダです。製造・流通・サービス・小売・金融業を中心とする様々な業界の知見と高度な提案力とグローバルな視点からお客様の差別化に貢献する最先端技術やそれを活用した新しいソリューションの開発力が当社の強みです。ソリューションや製品、サービスを通じて、お客様の期待を超える新しい「価値」の創出でお客様のビジネスを支援します。

<お問い合わせ先>
丸紅情報システムズ株式会社
経営企画部 広報課(プレス関係者窓口)
URL: https://www.marubeni-sys.com/
〒169-0072 東京都新宿区大久保3-8-2 新宿ガーデンタワー
TEL:03-4243-4040

<製品に関するお問い合わせ>
丸紅情報システムズ株式会社
デジタルITソリューション事業本部
モバイル・ヘルスケアソリューション部
TEL: 03-4243-4241

*文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。
*ニュースリリース記載の情報は発表日現在の情報であり、予告なく変更される場合があります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)