美容・健康

10月10日は「銭湯の日」!高円寺の銭湯・小杉湯で天然素材の「お風呂のもと」を限定販売 自宅でもお風呂時間を楽しめる「おうちで小杉湯」開催

株式会社銭湯ぐらし
米ぬかや漢方、カカオなどおうちで小杉湯を楽しめるバラエティ豊かな種類をラインナップ!週末はハンドバス体験も

株式会社銭湯ぐらしは、株式会社小杉湯と協同し、10月10日の「銭湯の日」に向けて10月6日(火)から10月11日(日)まで、高円寺の銭湯・小杉湯の番台前にて、家の湯船でお楽しみいただける「お風呂のもと」を期間限定販売します。


今年は在宅時間が急激に増えた異例の年。銭湯に入って得られるような、身も心もほぐれる温かな時間をご自宅でも楽しんでいただくために、小杉湯でも実際に使われている天然素材を使用してつくった「お風呂のもと」を、これまで販売していたECに加えて、店頭でも特別に販売します。また週末には、実際にお試しいただくために、「お風呂のもと」を使った「ハンドバス」体験をご用意します。




今回販売するのは、米ぬかを使用した「米ぬか風呂」やカカオの殻を使用した「カカオ風呂」、オーガニックハーブティーの「ピーチティー風呂」、「ハーブソルト風呂」の4種類です。
銭湯ぐらし・小杉湯スタッフ、そして高円寺に住む方々の協力でひとつひとつ心を込めて手作業で袋詰めしています。小杉湯では2017年より、形が悪いなど、品質としては問題なくとも破棄せざるを得ない「もったいない」ものを全国の生産者さんから取り寄せ、お風呂のもととして活用しています。今回販売する「お風呂のもと」は、「もったいない風呂」の取り組みのひとつとして、生産者さんから仕入れた天然素材を使った、人にも環境にもやさしい商品です。

さらに期間中、毎月1回、その季節にぴったりなお風呂のもとをお届けするサービス「お風呂のもと 定期便」に契約していただいたお客さまには、IKEUCHI ORGANICのタオルを特典としてプレゼントします。

季節の変わり目で、体調を崩しやすいこの季節。「お風呂のもと」を通じて、いつもの毎日がちょっと特別になる「ケの日のハレ」をお届けします。

<「おうちで小杉湯」概要>

販売期間:10月6日(火)から10月11日(日) 15:30~25:45 ※土曜日・日曜日は8:00~25:45

販売場所:小杉湯番台(東京都杉並区高円寺北3-32-2)

販売商品:
「お風呂のもと」単品(税抜350円)
4種類の「お風呂のもと」が1セットになった「小杉湯よくばりセット」(税抜2,000円)
「お風呂のもと定期便」ご契約の方にはIKEUCHI ORGANICのタオルをプレゼント

<お風呂のもとについて>

●米ぬか風呂
お米の生産・加工販売をしている「山燕庵」の生の米ぬかを使用しています。米ぬかは、美白・美肌・保湿効果があるということで、古くからスキンケアに使われてきました。お風呂に入れるとゆっくりと乳白色が広がります。

●オーガニックハーブティー風呂
オーガニックハーブティーは、日本で初めてオーガニックハーブティーペットボトルを商品化した「nash」のハーブティーを使用。ピーチの甘い香りに癒される、ナチュラル素材のハーブティ風呂です。

●カカオ風呂
輸入から製造までをこだわりを持って一貫して手掛けるbean to bar製法のチョコレート屋さん「トライバルカカオ」からお届けします。お豆(カカオ豆)からチョコレートを作るときに出るカカオの豆の皮をお風呂としてお届けします。お風呂に入れると上品なカカオの香りが広がり、呼吸をするたびに感じるチョコレートの香りに体がほぐれます。

●ハーブソルト風呂
「nash」の優しい香りのレモンバームに、ヒマラヤのピンクソルトと合わせました。

<定期便とは>
「お風呂のもと定期便」とは、毎月1回、その季節にぴったりなお風呂のもとをお届けするサービスです。


春・夏・秋・冬、それぞれの季節にぴったりのお風呂を考え、私たちが実際に試してみて本当に気持ちがいい、と感じたお風呂のもとだけをお届けします。今後は入浴時間をより心地よくしてくれるような、音楽のプレイリストや冊子なども同封予定。ぜひ毎月、心も体もほぐれる時間を体験していただけると嬉しいです。
 


■ ECショップ概要

サイト名: 銭湯のあるくらし便
URL: https://shop.sentogurashi.com/
Instagram: https://www.instagram.com/shop_sentogurashi/

■小杉湯もったいない風呂について

https://note.com/kosugiyu/n/n67f5fbebc087
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)