美容・健康

10月10日は美容脱毛の日(毛がある(1)なし(0)ある(1)なし(0))

パールプラス
コロナ禍における脱毛サロンの利用調査結果衛生面に対する意識が急激に高まる 93.3%

―コロナ禍における脱毛サロンに対する意識調査を実施(回答数720名)―


脱毛サロン『パールプラス』(本社:大分県津久見市、代表取締役:軸丸真衣)は、脱毛サロンに1度でも通ったことのある女性を対象に「コロナ禍における脱毛サロンに対する意識調査」として、インターネットによるアンケート調査を実施しました。美容業界はコロナ以前から、店舗密集などの理由から市場が頭打ちとなっており倒産件数は増加傾向にありました。また、店舗接客が主な美容業界にとって、コロナ禍の中、今後どのような変革を求められているのかを知るためにもアンケートを実施することといたしました。ぜひ報道の一資料としてご活用いただけますと幸いです。




<調査概要>
調査期間:2020年9月18日~24日
調査方法:インターネット調査
調査目的:コロナ禍における脱毛サロンについての調査
有効回答:登録モニターのうち、全国15歳~60歳以上の方の女性を対象に実施。回答数:720名

Q:コロナ禍で脱毛サロンへ一度でもいきましたか?・・・3人に1人以上が脱毛サロンへ
はい  34.0%  いいえ 66.0%
Q:脱毛サロンで不衛生と感じたことはありますか?・・・4人に1人が不衛生と感じた事がある。
はい  25.6%  いいえ 72.6%  答えたくない 1.8%
Q:脱毛サロンの衛生管理は気になりますか?=衛生管理が気になる93.3%
すごく気になる 38.1%
気になる 39.9%
どちらかというと気になる 15.3%
あまり気にならない 4.9%
全然気にならない1.9%
Q:今、脱毛サロンに求めるもの・・・半数以上の人が 衛生面の安心を求めている。
1位  料金を安く 65.1%
2位  早く脱毛が完了する 53.5%
3位  衛生面が安心 51.9%
Q:脱毛サロンでどんな衛生管理があれば良いと思いますか?(自由回答・一部抜粋)
 =消毒を徹底して欲しいという意見が多く集まりました。

・全ての機器を毎回消毒し、顧客にも分かるようにする
・使う器具などを紫外線で殺菌する
・完全消毒、毎回殺菌
・使いまわししない
・清掃と消毒が徹底されていること
・脱毛器具や部屋などのクリーニングの徹底。スタッフの清潔な服装。
・一人使うたびに全ての調度品や器具の消毒。
施術前や術後の人への滅菌ミストの噴射など細かいところへのケアができるような施設
・自分の施術の前に機器を消毒するなどの作業を目にできればより安心できると思う
・入口や目のとどく所に、当店はお客様ごとに全ての器具、触れるものは消毒済であることを明記  
照射ヘッドには敢えて、消毒済みのビニールなどを掛けておくなど

<調査結果まとめ>
脱毛サロンの多くは駅前好立地に集中しているため、人が集まりやすいところほどたくさんの脱毛サロンがあります。そのような状況の中、“コロナ禍で脱毛サロンへ一度でも行きましたか?”という問いに対して、34%の方が脱毛サロンへ行っていたことが分かりました。このような状況から女性の毛に対する悩みが大きいことが窺えます。また、衛生面に関する意識が高まっており、特に肌に触れる器具やタオル等の衛生面を気にされる方が多くいらっしゃることが分かりました
このことからも、今後は肌に触れる器具やタオルなどの衛生管理を徹底し、安心して通っていただける環境づくりとともに高品質・低価格の技術が求められていることがわかりました。

コロナ禍 衛生面への意識の高まり追い風に 店舗数急拡大の「パールプラス」
弊社はパールプラスという大分県津久見市に誕生した小規模型脱毛サロンで、コロナ禍でその衛生面での安心ニーズがマッチし急成長。コロナ禍の3月から9月までに80店舗以上増加、業界2位の店舗数を誇ります。
2020年9月25日現在、全国に146店舗を展開しております。






<パールプラスの特徴>
1.脱毛器は衛生面にこだわり照射部分が外せる
(業界初)
・・・照射部分を取り外して滅菌・抗菌処理ができる機械。
(従来は、アルコール塗布のみ)

2.病院レベルの徹底した衛生管理
・・・パールプラスの就職面接の時には
「病院に就職したと思ってください。」とお伝えし、
衛生研修も行っております。
コロナ禍の現在では、加えて従業員へのマスク配布・
お客様へのタオル持参協力要請・空間除菌などを
行っております。

3.郊外にのみ出店&女性の雇用創出(営業時間17時まで、日祝休み)
・・・創業者の軸丸は大分県津久見市出身の鍼灸師で、元々自宅で女性専門の鍼灸院を営んでおりました。
脱毛サロンを始めるときに『田舎のママたちがやりがいを持って働いてもらえる場所にしたい』と思い、郊外にのみ出店していくことに決めました。郊外に出店を絞ることで、出店費用や維持費を抑えることができます。そして、ママたちが働きやすいように営業時間は10:00~17:00とし、日曜・祝日は休業としています。

4.最大スタッフ3名、ベッド1~2台の小規模店舗
パールプラスでは一番予約数の多くなる土曜日でも、3名のスタッフで営業できるほど1店舗ごとの規模は大きくありません。そのため、密になりにくい環境です。ベッド数も1~2台の店舗がほとんどのため、お客様同士の接触もほぼありません。


【会社概要】
[パールプラス概要]
運営会社:株式会社MEコーポレーション(代表取締役:軸丸真衣/最高顧問:高井洋子)
所在地:大分県津久見市大字千怒7029
設立:2014年8月



 10月10日は一般社団法人エステティックサロン「レザンジュ」を運営する株式会社ミラックスが制定した美容脱毛の日。日付は「10」を「1」と「0」に分け、毛が有るを「1」、毛が無しを「0」として、10月10日で「有る無し・有る無し」と読む語呂合わせから。「美しい肌になりたい」と願う女性に、美容脱毛という方法を通じてその願いを叶えることが目的。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録されております。

※脱毛サロンにこられているお客様や、弊社代表、スタッフなどへの取材もしていただけます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)