デジタル製品・家電

いつでも、どこでも、"ホット"な極上のリラクゼーション空間を!独自開発の「C周波」搭載のネックマッサージャー「COFO Neck Pro」をMakuakeにて発表

FOS株式会社
日本製・業界最軽量クラス・特許技術採用と拘り抜いた最新作!

電子機器に囲まれた現代社会。しかも、"withコロナ"の新生活様式でテレワークも増え、肩こりや首周りの疲れを溜め込んでしまう方も多いはずです。「ちょっと休んでマッサージ行きたいなぁ」「誰かコリをほぐしてくれないかなぁ」という心の声が聞こえて来ます。しかし、テレワーク中はもちろんマッサージなんて出来ません。


豊かで潤いのある生活をテクノロジーによって実現する、FOS株式会社(本社:千葉県)が、首周りの最上ケアを行えるネックリフレッシャー「COFO Neck Pro」を、応援購入サイト「Makuake」にて10月6日(火)14時よりプロジェクトを始動致しました。
Makuakeプロジェクトページ:

https://www.makuake.com/project/neckair/

2020年10月6日(火)12時より公開




COFO Neck Proについて

COFO Neck Proは、首・肩コリに悩まされがちな現代社会の健康課題を解消するべく、生み出されたものです。EMSとTENS技術を組み合わせ(C周波)、首周りの筋肉刺激・神経刺激を制御する革新技術、「ピリピリ感」の無い接着パッド素材(ナノ粘着通電繊維)を含め、複数の特許取得に至っています。2019年企画段階から着実な開発の歩みを進め、2020年3月には米国クラウドファンディング「Kickstarter」に参画。2,111名の支援者から約1,700万円の資金を調達。




ネックマッサージャー「COFO Neck Pro」の製品特徴

(1)独自開発の「C周波」「グラフェン温熱」技術を採用

「COFO Neck Pro」は、特許取得済みの独自「C周波」が巧みに筋肉刺激・神経刺激を制御。「グラフェン温熱」機能を組み合わせ、4種類・10段階調整により、浅筋から深層筋への適切な刺激を導きます。




(2)超軽量・静音・携帯性を追求
Neck Proの軽さはなんと「タマゴ3個分」程度。シリコン素材によって折り畳みも可能で、リモコン付きの専用ポーチにスッポリ収納する事が可能です。本格静音設計によって、駆動音はほぼゼロ。充電端子は汎用性の高いType-Cで、バッテリーは長時間駆動を可能とする大容量1600mAhを搭載しています。


(3)「ナノ粘着通電繊維」の吸着式接着パッド
接着パッドは洗練を極めた三層構造。首回りに直接接着する表層に導入されている特許取得の「ナノ粘着通電繊維」は、過度な「ピリピリ感」「ヒンヤリ感」を見事に回避し、珠玉の装着感を得られます。中間層の磁石はパッド交換をとても簡単に行える思いやりの仕組み。深層のグラフェン温熱は赤外線反応による優しい温かみを実現します。


「COFO Neck Pro」商品仕様




Makuakeプロジェクトページ:
https://www.makuake.com/project/neckair/

2020年10月6日(火)12時より公開


COFOとは
2016年、千葉県を拠点に立ち上げました。チームの中に20年以上の家電製品開発キャリアを持つエンジニアを筆頭に、これまで多様な製品群を世に送り出して参りました。テクノロジーという視点を通じて、皆様により良い生活・より豊かな活動・より潤いある時間をお届けしたい。そのような想いのもと、真心を込めて「モノづくり」の世界を歩み続けています。デザインと技術の融合、そして徹底した品質管理のもと、安全・安心の製品開発を展開しています。




【本件に関するお問い合わせ】
FOS株式会社
公式サイト:https://thefos.co.jp/
製品やサポート、お取扱代理店に関しては、
上記弊社公式サイトの「お問い合せ」リンクからご連絡ください。

■YouTube https:www.youtube.com/channel/UCcgVegwIAaanL6EmaP7Ag6g
■Facebook https://www.facebook.com/COFOJapan/
■Twitter https://twitter.com/cofo_japan/
■Instagram https://www.instagram.com/cofo_japan/
■商品サイト https://cofo.jp/
■企業情報 http://thefos.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)