その他 医療・医薬・福祉

今までにないものを形に・・・介護保険も使える移動スーパーを開始!

一般社団法人水郷介護支援パートナー
今まで介護保険の生活支援により頼んで買っていた物が選んで帰る新しい時代へ!!一人での多くのお客様に負担の少ないサービスを少しでも早く届けたい。

買い物の選ぶ楽しみ、手に取る楽しみを・・・地方では電車、バスなどの交通機関の本数がなく高齢者世帯などが500円の生活必需品の購入に3000円の交通費がかかる現実


千葉県香取市、茨城県稲敷市で民間患者搬送、在宅介護支援を行っている水郷エスコート(運営法人(一社)水郷介護支援パートナー千葉県香取市北2-14-2笹本ビル201)では新たに千葉県香取市を中心に移動スーパー事業を令和2年10月16日より令和3年4月からの本格運行をめざし試験運行を開始する。
この地域の郊外ではバスや電車などの交通機関は非常に本数が少ない為、車をもたない高齢者や障害のある方は、生活必需品の買い物もタクシーや介護タクシーを利用しなくてはならないのが現実でおきている。ある高齢者一人住まいの女性は週一度、500円ほどの日用品を買いに行くのに往復3000円の交通費をは払っているかたもいる、そのような現状のなかでの新事業の開始を決定した。



移動困難な高齢者、障害者、妊婦さんはもちろん利用できるが、
その中で水郷エスコートSIESTA最大の特徴は、在宅介護専門事業者として新しい移動スーパーの形として、訪問介護の生活支援を使ったサービスを開始する。
今まで訪問介護の生活援助による買い物では生活必需品をヘルパーがスーパーへ買い物に行っていたが、水郷エスコートでは考え方はまったく違う。

ヘルパーが移動スーパーを運行し、利用者宅に直接伺い訪問介護に入る別のヘルパーと一緒に利用者が選んでもらう方法となる。
水郷エスコートグループでは多数の法人運営をしている為、訪問介護の法人、移動スーパー法人をわけてこのサービスを実践する。

見て選ぶことにより認知症予防などにも繋がればよいと考えている。
ただ、問題もある。県庁担当に確認をとりサービスを開始決定だが、前例もない取り組みのため難色を示す市町村もあるのが現実だ。

通常訪問介護での買い物は生活援助3での対応がメインだが、このサービスではスーパーが直接利用者宅に来るため生活援助2でのサービスを提供でき、公費の軽減、利用者費用負担の軽減が期待される。
運営法人側では、今後も理解と周知に力を入れていく考えだ。


利用方法は移動の困難な方や介護施設などに登録をしてもらい毎週決まった時間に訪問しその際アンケートとしてないものは翌週から商品に導入する。

[選ぶ買い物の楽しみを・・] 選ぶ買い物の楽しみを・・・


登録方法はシンプルで、電話にて登録し訪問日を決定する。
移動スーパーSIESTAの特徴は在宅介護現場で働くスタッフが販売員であることである。
移動販売以外にも100円・500円のワンコイン生活サービスが充実している。
家族の着替えの手伝いやゴミだし、重いものの移動などを生活や介護のお困りごとも移動スーパーがきた時に頼める仕組みである。


商品は仕入れ価格据え置きを目指しコンビニ程度の値段での販売となる。
しかしながら地域ボランティアの一環の参入のため運営は厳しい状態
SIESTAでは今後、本格運行までに移動スーパー車両への民間企業の広告や商品仕入先などの確保に力を入れて
地域の交通弱者の方の買い物手段の確保に力を入れている。

水郷エスコートでは平均年齢39歳と若いながら新しい在宅福祉のサービスを日々提案実現している。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)