医療・医薬・福祉 出版・アート・カルチャー

【妊婦&新生児のコロナ対策】身近な疑問にマンガで答える 「Smart119」がシリーズ最新作を公開

株式会社Smart119
最新の対策をまとめたイラストを、だれでも無償で利用可能

国立大学法人 千葉大学医学部発のベンチャー企業で、救急医療支援システム「Smart119」の開発・運用を手がける株式会社Smart119(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長/CEO:中田孝明)は、新型コロナウイルス流行の長期化を受けて懸念される「妊婦」と「新生児」に対する影響とその対策について、専門医による最新の見解をわかりやすい一枚のマンガにまとめ、一般公開しました。学校や企業、公共機関等で自由に配布・利用していただくことが可能です。





妊娠中や新生児の育児期間は、幼い子どもを危険から守るだけでなく、妊婦や母親自身の身体を健康に保つことがとても重要です。そんな時期に新型コロナウイルスの流行が重なり、心細い思いをしている女性や家族も多いことでしょう。しかしながら、絶対的には数の多くない妊婦や出産直後の女性に向けて、十分な情報が届けられているとはいえません。

千葉市消防局に救急情報共有システムを供給する株式会社Smart119(スマート イチ イチ キュウ)は、新型コロナウイルス感染症が本格的に拡大した今年4月以来、救急医療の現場で得られた正しい知識を分かりやすく紹介するマンガ風のイラストレーション・シリーズを一般公開しています。同社の代表取締役CEOで千葉大学 救急集中治療医学 教授の中田孝明医師を中心としたチームによる監修で、最新知識がわかりやすくまとめられているのが特徴です。


通算8作目となる今回は、妊婦や新生児がとりうる対策について産婦人科医の意見も踏まえてまとめたほか、新型コロナウイルスがどの程度リスクの高い感染症であるかを客観的に解説。ポスターやパンフレットなど公共の場で広く活用してもらうため、遠くから見ても妊婦をターゲットとした記事であることが伝わるようなデザインや配色を採用しています。

株式会社Smart119は、急性期医療の現場に新たなテクノロジーを導入し、柔軟かつ独創的な発想で多くの救急患者さんを救いたい、という思いを元に設立され、医師や救命救急士、看護師などの専門家が集っています。医療従事者や一般の方に向けて、今後も救急医療の現場で得られた正しい知識を分かりやすく解説し、幅広く日本の医療に貢献していきたいと考えています。

◆印刷用資料ダウンロードリンク
https://smart119.biz/news/000165.html

◆テーマ
コロナ禍の妊娠 ~知っておきたい9のこと~

◆解説者
中田孝明 千葉大学 救急集中治療医学 教授

◆妊婦・新生児はここに注意!
・高熱、息苦しさ、全身倦怠感のある時は要相談
・妊婦は入院、ICU入室、人工呼吸器使用のリスクが高い
・2歳未満はマスクやフェイスシールドは非推奨
・母乳から感染の可能性は低い
・新生児も主に飛沫から感染の可能性はある
・心配なとき相談できる施設や電話番号を確認しておく

◆新型コロナの明らかになっていない点
・抗ウイルス薬の妊婦への効果は不明
・妊婦の死亡リスクは不明
・理由は不明だが子どもは重症化しにくい

◆困ったときの対処法
・大人のマスクや手指消毒の徹底
・母子の物理的距離の確保については医療スタッフと相談
・苦しい時は屋外で他者との距離を確保してマスクを外す
・妊婦のインフルエンザワクチン接種は今年も推奨

◆情報リソース
CDC(Centers for Disease Control and Prevention)
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov
環境省・厚生労働省・公益社団法人日本産婦人科医会

※画像など当コンテンツを報道にて引用頂く場合は、「(株)Smart119 提供」と記載ください。
また、その際はpress@smart119.bizまでご一報いただけますと幸いです。

<株式会社Smart119について>
株式会社Smart119は「現役救急医が設立した、千葉大学医学部発ベンチャー」です。
『今の「119」を変える』ため、音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」を開発・運用。
千葉市消防局において、日本医療研究開発機構 (AMED) の研究開発事業である救急情報共有システムを導入したほか、緊急時医師集合要請システム「ACES」、災害時の病院初期対応を「Smart DR」の開発・運用を行なっています。Smart119は「安心できる未来医療を創造する」ことを目指します。


【株式会社Smart119 会社概要】
会社名: 株式会社Smart119
住所: 千葉県千葉市中央区中央2丁目5-1千葉中央ツインビル2号館 7階
設立: 2018年5月
代表者: 中田 孝明
事業内容:
音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」の開発・運用
緊急時医師集合要請システム「ACES」の開発・運用
災害時の病院初期対応を「Smart DR」の開発・運用
URL: https://smart119.biz
Twitter: https://twitter.com/Smart119_jp
メールアドレス: press@smart119.biz (担当:中村)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)