医療・医薬・福祉 その他

日本財団災害危機サポートセンターの開所が決定

公益財団法人 日本財団
ペット同伴で入所が可能な新型コロナ療養施設として10月9日より運用開始

日本財団(東京都港区、会長 笹川陽平)が2020年4月より建設を進め、同年7月に完成した「日本財団災害危機サポートセンター」は、2020年10月9日から東京都により新型コロナウイルス感染症の療養施設として開設されることとなりました。受け入れるのは、陽性者のうち入院治療等を必要としない軽症・無症状者で、室内飼育が可能なペット(犬・猫・ウサギ・ハムスター)を同伴して宿泊療養することが可能です。


日本財団災害危機サポートセンター
日本財団は2020年4月より「日本財団災害危機サポートセンター」の建設をはじめ、同年7月に施設が完成しました。
この度新型コロナウイルス感染症対策として、東京都に当該施設を無償で貸し出しすることとなりました。2020年10月9日より東京都が運用する当施設には、新型コロナウイルス感染症陽性者のうち、これまでホテルにおいて宿泊療養できなかった室内飼育が可能なペット(犬・猫・ウサギ・ハムスターの4種)同伴の方が入所される予定です。

■施設概要
名称:日本財団災害危機サポートセンター
場所:東京都品川区東八潮3-1
設備:



■開所日
2020年10月9日(金)

■その他
療養施設の運用に関することについては、東京都へお問い合わせください。

■参考:これまで日本財団が行ってきた主な新型コロナウイルス対策支援

タクシーを利用した医療従事者等の移動支援
第2弾の新型コロナウイルス感染症対策として、タクシーを利用して、医療現場で奮闘する医療従事者の移動(6月30日受付終了)や後部座席を隔離した改造タクシーによる感染患者(軽症者)の移送支援を実施。

救急医療施設・医療従事者への総額50億円規模の緊急支援の実施
第3弾の新型コロナウイルス感染症対策として、医療施設の設備等の拡充を支援。医療従事者の防護やケア及び院内のゾーニング、感染防止体制の強化のための資機材購入や、複合災害に対応するための検査機器を積載した車両の購入を支援を実施。
7月29日に支援先が決定し、全国の病院128施設の体制強化が行われています。

これらの新型コロナウイルス対策支援は以下の動画にまとめておりますので、ご覧ください。




また、活動の詳細は日本財団公式サイトでご覧いただけます。
https://www.nippon-foundation.or.jp/what/projects/2020corona
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)