美容・健康

新習慣”お風呂蒸し美容”で、輝きに満ちたハリ肌へ。温感美容オイル「リサージ オイルインパクト」 誕生

株式会社カネボウ化粧品
ハリが欲しいと感じる時や、ちょっとご褒美ケアをしたい日に。いつものバスタイムが特別なスキンケア時間に変わる、リサージの新・アドバンスケアアイテム 2020年10月16日(金)発売




高湿潤環境のバスタイムを、スペシャルなお手入れの時間に変え、輝きに満ちたハリ肌へと導く、温感美容オイル「リサージ オイルインパクト」が2020年10月16日(金)に発売いたします。



独自開発の「コラーゲンケア成分」(保湿)や、「モイストパックオイル」(保湿)などを配合。うるおいを抱え込み、肌をやわらかくするリッチなオイル層と、角層深く美容成分(保湿)を届けるエッセンス層が混ざり合い、使うたびに、輝きに満ちたハリ肌へと導きます。手に取った瞬間ふわっと広がる、天然精油配合のシトラスジンジャーの香りに包まれて、湯船につかりながら「お風呂蒸し美容」というスキンケアの新習慣。ハリが欲しいと感じる時や、ちょっとご褒美ケアをしたい日に、キレイをさらに高める、リサージのアドバンスケアのアイテムの登場です。

【商品詳細】


■リサージ オイルインパクト
<オイル状美容液・パック>
30mL 5,000円(税抜)

「お風呂の“高質潤環境”に着目した、こだわりの製剤」



リサージの温感美容オイルが“お風呂蒸美容”という新しいスキンケア習慣をご提案します。



[商品特長]
● 入浴時の肌は角層に成分が入り込みやすい

入浴時は肌がやわらかくなり、角層に成分が浸透しやすくなります。
バスタイムは絶好のスキンケア時間と捉えた新アイテムです。
● リサージ独自開発の2層状オイル。
コクがあり、うるおいを抱え込んで肌をやわらかくするリッチ感なオイル層と、角層深く美容成分(保湿)を届けるエッセンス層が混ざり合い、ツヤのあるハリ肌に導きます。

● スチームで満たされながら“お風呂蒸し美容”
美容成分(保湿)を含んだコクのある美容オイルで温感オイルパック。なじませた瞬間から、輝きに満ちたハリ肌へ導きます。


● 気分まで高まる天然精油の香り ~シトラス×ジンジャーの香り ~
レモン、オレンジ、カシスといったシトラス・グリーンのスプラッシュ感と、ジンジャー、ペッパー、レモングラスといったハーバル・スパイス要素で、心までリフレッシュされるようなみずみずしい香りです。手に取った瞬間から、お風呂全体に心地よい香りがふわっと広がります。




[成分]
◇ コラーゲンケア成分(保湿:水溶性コラーゲン、グリセリン、グリシン、プロリン、アラニン、加水分解シルク)
◇ モイストパックオイル(保湿:マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、マカデミア種子油、スクワラン)
◇ 天然精油配合のシトラスジンジャーの香り。

【週2回を目安に。バスタイムの新スキンケア習慣】
オイルインパクトの使い方

●洗顔後、手や顔の水気を軽くきってからお使いください。湯船につかりながらのお手入れがおすすめです。
※目に入らないように、目のきわを避けてお使いください。水分が多いとたれてくる場合があるので、目に入らないようにご注意ください。
●ボトルをよく振ってから、適量を手のひらにとり、軽くマッサージするようにやさしくなじませます。
目安の使用量:顔全体で直径約3cm(約1mL)

<基本の使い方>


●なじませた後、洗い流しは不要です。肌に水分が残って気になる場合は、タオルやティッシュ等でそっと押さえてください。
化粧液などで肌を整えいつものスキンケアをしましょう。
※乾燥が気になる時は毎日でもお使いいただけます。また、洗顔後の乾いた肌のスキンケアにもお使いいただけます。

リサージのメソッド … 基本的な使い方のほかに「季節」や「なりたいキレイ」に合わせたお手入れ
<頬のハリが気になる方にプラスのメソッド>





オイルインパクトと一緒に、いつものお風呂をまるでサロンのような特別な空間へ。浴槽で出来る“バスヨガ”なども掲載中!
リサージが提案する“MY HOME BATH SALON”スペシャルサイトはコチラ
https://www.lissage.jp/myhomebathsalon/





「美しさの核(コア)へ。美幹プログラムが始動。」
根幹から美しくなりたい女性に向けて、長年の肌研究とカウンセリングから導き出された一人ひとりの肌に寄り添う美容プログラムがスタート。

詳しくはコチラ https://www.lissage.jp/about/


「リサージ オイルインパクトの開発秘話STORYはこちらから」
https://prtimes.jp/story/detail/px1kwlIooPb
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)