広告・マーケティング ビジネス・コンサルティング

世界のマイクロカプセル化市場「2020-2027年の予測期間に11.4%以上の成長率で成長」ーCOVID-19インパクトによるサイズ調査、用途別、技術別、コア材料、地域別-世界予測2027年

Kenneth Research
Kenneth Researchは、世界のマイクロカプセル化市場の予測評価を提供する調査レポートを2020年10月 12日 に発刊しました。これは、世界のマイクロカプセル化市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。 [調査レポートの詳細内容について] https://www.kennethresearch.com/report-details/global-microencapsulation-market/10328122


マイクロカプセル化技術は、1マイクロメートルから1ミリメートルの範囲のサイズを指し、カプセル化された構造の味、臭い、および活動をマスキングするために使用されます。これは、製薬やヘルスケアなどのアプリケーション業界の機能性成分として機能します。これは、薄いポリマーコーティングを施し、マイクロカプセルと呼ばれる小さな粒子を形成する液体、固体、または気体の材料のパッケージング技術です。研究者や科学者がコロナウイルスと戦うためのワクチンの開発に焦点を合わせているため、コロナウイルスのパンデミックにより、世界的なマイクロカプセル化が強く求められています。

世界のマイクロカプセル化技術市場は2019年に約70億米ドルと評価され、2020-2027年の予測期間に11.4%以上の成長率で成長すると予想されています。

健康上の利点を持つ強化食品の需要の増加、食品業界からの需要の増加は、予測期間にわたって市場の成長に期待されるいくつかの要因です。また、機能性製品に対する消費者の需要の増加も、市場の成長を促進すると予想されます。

さらに、市場の主要プレーヤーによる進歩とその他の戦略的提携の高まりは、この市場に大きな需要を生み出すと予測されます。2019年5月7日、ジボダンはSpherulite™R10を発売しました。これは、独自のマイクロカプセル化された安定化レチノールが、スキンケアのためのより安定した効率的な方法です。しかし、マイクロカプセル化されたプロセスに関連する高コストは、予測期間中に世界のマイクロカプセル化市場の成長を抑制する主な要因です。

主要企業

世界のマイクロカプセル化市場における業界のリーダーはBASF SE、Royal Frieslandcampina、Syngenta Crop Protection、Koninklijke DSM、Givaudan、International Flavors & Fragrances、Symrise、Sensient Technologies、Lycored Corp.、Koehler Innovative Solutionsなどです。このレポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。

調査レポートはさらに、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

レポートのサンプルURL:https://www.kennethresearch.com/sample-request-10328122


市場レポートは、地域分析に関する詳細情報も提供します。市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカの五つの主要な地域に分割されています。

米国は、製薬およびヘルスケア業界での技術の高い浸透により、2018年に80%以上のシェアで北米の市場を支配しました。Merck&Co、Johnson&Johnson、Pfizer、Bristol-Myers Squibb Company、Eli Lilly and Companyなどの主要な製薬会社が国内に存在することで、成長が促進されると予想されます。

地域によって成長ハイライト
北米は、栄養、食品、ヘルスケア、パーソナルケアなどのさまざまな分野向けの付加価値製品に対する需要と認識が高まっているため、市場をリードする重要な地域です。

アジア太平洋地域の市場は、地域全体の製薬および食品加工産業の急速な拡大により、予測期間にわたって15.6%のCAGRで拡大すると予想されます。中国とインドの製薬産業でFDIを促進するための好ましい政府の政策は、アジア太平洋地域の医療産業を促進する上で重要な役割を果たしてきました。一方、アジア太平洋地域も2020ー2027年の予測期間に最高の成長率/ CAGRを示すと予想されます。

レポートはさらに、北米で(米国、カナダ)、中南米(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカの残り)、欧州(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン及びハンガリー、スペイン、スウェーデン[ベルギー、オランダ、ルクセンブルク]、NORDIC [ノルウェー、デンマーク、スウェーデン、フィンランド]、ポーランド、ロシア、ヨーロッパの残り)、アジア太平洋地域(中国、インド、日本、韓国、マレーシア、インドネシア、台湾、香港、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋の残り)、中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカ) のY-O-Y成長、需要と供給、新動向と今後の機会などが含まります。

市場セグメンテーション洞察
レポートは、、用途別(医薬品およびヘルスケア製品、食品および飲料、家庭用およびパーソナルケア製品、農薬、建設資材、繊維およびその他)、技術別(スプレー技術、エマルジョン技術、滴下技術)およびその他)、コア材料(医薬品およびヘルスケア医薬品、食品塩、香料、農業投入物、相変化材料およびその他)地域別によってセグメンテーション及び、そのサブセグメントの詳細な分析についてさらに概説しています。レポートには、各セグメントのY-o-Y成長率とともに、市場価値とボリュームによる詳細な予測が含まれています。世界のマイクロカプセル化市場は2020-2027年の予測期間中に世界中で大幅なCAGRを登録することが予測されます。

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)