医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

心理検査の実施・採点をデジタル化で短縮。医師や心理職が、メンタル不調者をより迅速にサポートできるプラットフォームを10/27リリース。

株式会社 金子書房
 株式会社 金子書房(東京都文京区, 代表取締役社長:金子紀子)は、1946年の創業以来、およそ70年間にわたり心理検査を刊行してまいりました。  心理検査とは、「心理的援助を求める人の特性を、観察・測定を通じて把握。今後の治療計画に役立てる」ものです。血液検査やレントゲンのように症状の原因を把握したり、今後の治療の方針を立てるという点では医学的な検査と似た役割を持ちます。  この度、医師・心理職が心理検査をオンラインで実施・採点できるプラットフォームとして「心理検査オンライン」をリリースいたします。( https://www.kanekoshobo.co.jp/news/n33806.html )


 これまでの診療報酬対象となっている心理検査は、9割以上が紙と検査用具などアナログの商品です。手作業も多く、どうしても実施から採点に時間がかかってしまうものがほとんどでした。こうした時間の長さは、医療機関や相談機関の「予約の取りにくさ」に直結し、様々な状況で受診しにくい人のサポートの妨げとなってしまう場合があります。
 これらをオンラインにすることで実施から採点までのリードタイムを短縮することは、医師や心理職が、メンタル不調者に対してより迅速にサポートできることを可能にします。本プラットフォームを通じ、より多くの人の心理支援へのアクセスの改善を目指します。
<画面イメージ・検査者用|https://vimeo.com/463285618/f11b5d215d

<画面イメージ・回答者用|https://vimeo.com/463285640/6d725d6553



【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
株式会社 金子書房 心理検査オンライン運営事務局  メールアドレス:sales@kanekoshobo.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)