アパレル・ファッション その他

ワコールはミツフジとブラジャー型ウェアラブル『iBRA(アイブラ)』を共同開発~働く女性の健康をサポート~

株式会社ワコール
株式会社ワコール(本社:京都府京都市、代表取締役社長:伊東 知康)は、ミツフジ株式会社(本社:京都府精華町、代表取締役社長:三寺 歩)と共同で、働く女性の健康管理をサポートすることを目的としたブラジャー型ウェアラブル『iBRA(アイブラ)』を開発しました。


iBRA(アイブラ)
ワコールは、「世の女性に美しくなって貰う事によって広く社会に寄与する」という目標のもと、女性のからだとこころに寄り添い、「美」「快適」「健康」の3つの価値を提供しています。昨今は、様々な分野で女性就労者は増加傾向にあり、女性の下着に求めるものも多様化しています。日常や運動などのシーンに適した商品に加え、女性の健康をサポートする領域へ拡大することで新たな下着の可能性を探り、あらゆるシーンでのお客様満足の向上と新たなマーケットの開発をめざしています。
今回の共同開発では、ワコールの女性下着の商品開発力とミツフジのウェアラブルIoT製品の総合ブランド「hamon(ハモン)」を組み合わせることで、働く女性の健康管理をサポートするブラジャー型ウェアラブル『iBRA』を開発。ワコールの既存のノンワイヤーブラをベースに、女性が職場で違和感なく着用でき、また、正確なデータを取るために必要な女性の身体に密着できる構造を新たに設計・開発しました。
開発にあたっては、Peach Aviation株式会社(本社:大阪府、代表取締役CEO:井上 慎一)にも協力をいただき、客室乗務員の業務中に着用検証を実施。ワコール、ミツフジ、Peach Aviationの3社による「働く女性のためのウェアラブルプロジェクト」を通して、働く女性のリアルな声を反映させました。
なお、共同開発商品は2019年7月よりミツフジ株式会社が販売します。
ワコールでは、今回のブラジャー型ウェアラブルの共同開発をきっかけに、さまざまな分野で就労されている女性のニーズを掘り起し、各分野での女性の健康をサポートする商品開発に取り組みます。

<商品概要>
品番 CGG239

〇商品名:iBRA(アイブラ)
〇品番:CGG239
〇サイズ:M・L
〇カラー:OC(サンドオークル)
〇特長:快適かつ美胸をかなえるウェアラブルインナー
・ノンワイヤーでつけごこちがラクなのに、左右一体型のパッド内蔵で立体感のあるバストシルエットを実現
・上下辺はフラット仕上げで脇・背中に段差がつきにくい
・スキンカラーでアウターに透けにくい
・着脱式のトランスミッター(取得した生体情報をアプリに転送する送信器)は、動きを妨げない前中心に配置し、表からは見えない設計
品番 CGG239
※データ取得時は、ミツフジ株式会社のトランスミッターを装着
○発売予定日:2019年7月よりミツフジ株式会社が法人向けに販売
〇初回納入枚数:3,000枚

※「iBRA(アイブラ)」は株式会社ワコールの登録商標です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会